【After Effects】フルクタルノイズの基本操作

フルクタルノイズの基本操作

Adobe After Effects CC 29

フルクタルノイズの基本操作

『フルクタルノイズ』はAdobe After Effectsで使用できるエフェクトの1つで、霧や雲などのフラクタル形状を使ったノイズになります。
この『フラクタルノイズ』を使用し、ノイズの形状を変化させることで雲や霧、水、カーテン、光の効果など様々な編集を加えることが可能です。
今回はこの『フルクタルノイズ』エフェクトの基本操作について解説をしていきたいと思います。

エフェクトパネル

フルクタルノイズのエフェクトパネルの解説をしていきます。

フルクタルノイズエフェクトパネル



フルクタルの種類、ノイズの種類

『フラクタルの種類』はノイズの基となるフラクタルの種類を17種類から選択することができます。

フルクタルの種類


『ノイズの種類』は生成するノイズの種類を4つ(ブロック、リニア、ソフトリニア、スプライン)から選択することができます。

ノイズの種類


フラクタル17種類とノイズ4種類を組み合わせ、合計68パターンのフルクタルノイズタイプを作り出すことができます。

*68パターンのフルクタルノイズを比較した記事です⬇︎⬇︎

フルクタルノイズプリセット比較 【After Effects】フラクタルノイズプリセット比較



反転

ノイズの明暗を逆転させます。

フルクタルノイズ明暗の反転OFF



フルクタルノイズ明暗の反転OFF
明暗の反転OFF
フルクタルノイズ明暗の反転ON



フルクタルノイズ明暗の反転ON
明暗の反転ON



コントラスト

ノイズ全体のコントラスト(色・トーン・形などの差違)を調整できます。

デフォルトでは100.0に設定されています。

コントラスト100.0




コントラスト100.0
コントラスト100.0


コントラスト50.0

コントラスト50.0




コントラスト50.0
コントラスト50.0


コントラスト300.0

コントラスト300.0




コントラスト300.0
コントラスト300.0



明るさ

ノイズ全体の明るさ(輝度)を調整することができます。

デフォルトでは0.0に設定されています。

明るさ0.0




明るさ0.0
明るさ0.0


明るさ−30.0

明るさ-30




明るさ-30
明るさ-30


明るさ30.0

明るさ30




明るさ30
明るさ30.0



オーバーフロー

オーバーフローはグレースケールレベルのうち、0〜255から外れる値をリマップ(再配置)する方法を設定します。

フラクタルノイズのオーバーフロー


デフォルトでは『HDR効果を使用』となっています。『HDR効果を使用』とはオーバーフローしたカラー値がそのまま反映される設定となります。

オーバーフローのHDR効果を使用



オーバーフローのHDR効果を使用
HDR効果を使用


『クリップ』では255の値を超える値を不透明度として、0未満を透明にする設定になります。

オーバーフローのクリップ



オーバーフローのクリップ
クリップ


『ソフトクランプ』では全ての値を範囲内に納めます。全体的にコントラストが下がって、グレー部分が多くなります。

オーバーフローのソフトクランプ



オーバーフローのソフトクランプ
ソフトクランプ


『ラップバック』では値を0〜255の範囲で折り返します。

オーバーフローのラップバック



オーバーフローのラップバック
ラップバック



トランスフォーム

ノイズ全体のスケールや回転角度などをエフェクトパネル上で設定できます。

フラクタルノイズのトランスフォーム


回転はアンカーポイントを中心に設定したフラクタルノイズを回転させることができます。

トランスフォームの回転


『縦横比を固定』のチェックが入った状態では、スケールを調整することができます。

トランスフォーム縦横比の固定


『縦横比を固定』のチェックがはずした状態では、スケールの代わりにスケールの幅と高さを個別に調整できるようになります。

スケールの高さや幅の調整


『乱気流のオフセット』は生成したフルクタルのサイズではなく、そのフルクタルをキーフレームを打つことで均一に流動的に、X軸やY軸、ポイントを指定して動かすことが可能です。

乱気流のオフセット設定


遠近オフセットにチェックを入れると、生成したフラクタルに前後の遠近感をつけて、前後それぞれの動きを出すことができます。デフォルトではOFFになっています。

遠近オフセットOFF






遠近オフセットOFF
遠近オフセットOFF
遠近オフセットON





遠近オフセットON
遠近オフセットON

複雑度

生成されるフルクタルの表示レベルを調整することができます。デフォルトでは6.0となっています。

フルクタルノイズの複雑度6.0



フルクタルノイズの複雑度6.0
複雑度 6.0


『複雑度』の値を小さくすると表示がソフトになります。

フルクタルノイズの複雑度1.0



フルクタルノイズの複雑度1.0
複雑度 1.0


『難易度』の値を大きくすると細部まではっきりとしたフルクタルを生成することができます。

フルクタルノイズの複雑度10.0



フルクタルノイズの複雑度10.0
複雑度 10.0



サブ設定

ノイズの形状を生成するための、ノイズファンクションの反復設計を設定できます。

フルクタルノイズのサブ設定


『サブ影響(%)』はファンクションの反復が、最終的なイメージに与える影響度を設定します。100%に設定すると次の反復へ同じ値で繰り返されますが、50%に設定すると値が半分になりながら繰り返されます。

デフォルトは70%になります。

フルクタルノイズのサブ影響70%






フルクタルノイズのサブ影響70%
サブ影響 70%
フルクタルノイズのサブ影響100%





フルクタルノイズのサブ影響100%
サブ影響 100%
zフルクタルノイズのサブ影響25%





フルクタルノイズのサブ影響25%
サブ影響 25%


『サブスケール』は反復計算される座標をスケーリングします。100%より小さい値を設定すると、反復のディティールが細かくなっていきます。
デフォルトでは56.0に設定されています。

フルクタルノイズのサブスケール56.0





フルクタルノイズのサブスケール56.0
サブスケール 56.0
フルクタルノイズのサブスケール25.0
サブスケール 25.0
フルクタルノイズのサブスケール45.0
サブスケール 45.0
フルクタルノイズのサブスケール65.0
サブスケール 65.0


『サブ回転』はトランスフォームで設定した回転角度を反復して回転させていきます。

サブの設定のサブ回転


『サブのオフセット』は設定した座標でオフセット値を反復していきます。

サブ設定のサブのオフセット


『サブスケールを中心』は、このチェックボックスをONにすると、サブのオフセットを設定した座標を中心として固定して反復させます。

サブスケールを中心




展開、展開のオプション


設定した角度で、展開のサイクル(循環)を設定できます。この展開にキーフレームを打つことで、フラクタルノイズを幻想的にいろんなテイストで動かすことが可能です。

フラクタルノイズの展開


展開のオプション内にある『サイクル展開』のチェックボックスをONにすると、設定した時間内でループする展開の循環を作成できます。
『サイクル(周期)』は循環の回数を設定できます。
『ランダムシード』はノイズを生成する際のランダム値を設定することができます。



不透明度

生成したノイズの透明度を設定することができます。通常の不透明度と同じで、0%に設定すると、エフェクトを適用したレイヤーの元の画像が表示されます。

フルクタルノイズの不透明度



描画モード

生成したノイズを元画像に合成するモードを設定します。レイヤーモードとほぼ同じ機能になります。

フルクタルノイズの描画モード




 以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です