【After Effects】フルクタルノイズ活用術(水面の作り方)

フルクタルノイズ活用術水面の作り方

Adobe After Effects CC 27

フルクタルノイズで水面を作る

After Effectsの超万能エフェクト『フルクタルノイズ』で、リアルな水面を作る方法を紹介していきたいと思います。

水面の作成


新規コンポジション作成➡︎新規平面レイヤーを作成します。

新規レイヤー作成


平面レイヤーにエフェクト➡︎ノイズ&グレイン➡︎フルクタルノイズを適用します。

フルクタルノイズの適用


エフェクトパネル(フルクタルノイズ)のトランスフォーム➡︎『乱気流のオフセット』のキーフレームをWindowsはaltキー、Macはoptionキーを押しながらクリックして、『乱気流のオフセット』のコンプレッション画面を開きます。

After Effectsコンプレッション


そこへ

[0,time*10]

と入力します。すると下方へゆっくりと動くアニメーションができます。

コンプレッション入力


次にエフェクトパネル(フルクタルノイズ)の『展開』のキーフレームをWindowsは altキー、Macは optionキーを押しながらクリックして、『展開』のコンプレッション画面を開きます。

フラクタルノイズの展開にコンプレッション


そこへ

time*200

を入力します。するとフルクタルノイズがゆらゆらと水面のように動くアニメーションができます。

コンプレッション適応


平面レイヤーを3Dレイヤーへ変更します。

3DレイヤーON


次にエフェクト(フルクタルノイズ)を適用した平面レイヤーのトランスフォームを表示させます。(*エフェクトのトランスフォームではありません)。

平面レイヤートランスフォーム


トランスフォームのそれぞれの値を調整⬇︎⬇︎します。

平面レイヤートランスフォーム調整
平面レイヤートランスフォーム調整前
調整前
平面レイヤートランスフォーム調整後
調整後


次にエフェクト➡︎スタイライズ➡︎CC Glassを適用します。

CC glassエフェクト適用


エフェクトパネルでCC Glassの値を調整します。

CC Glass エフェクト調整


水面っぽくなってきました。

フルクタルノイズで水面の表現



水面の反射を作る

水面の反射を作成していきます。


平面レイヤー(水面)を複製します(反射)。

新規レイヤーの作成


エフェクトパネルで複製したレイヤー(反射)の値を調整 (CC Glass)⬇︎⬇︎します。

レイヤーの値を調整
CC Glass調整後


複製したレイヤー(反射)のモードを『加算』にします。


水面に反射する光が追加され、よりリアルになります。

水面に反射を追加する前
水面に反射を追加した後



水面の仕上げ

さらにぼかしや色を調整することでクオリティーをあげていきます。

新規コンポジション(コンポ 2)➡︎新規平面(被写体深度)を作成します。

新規レイヤー作成


平面レイヤー(被写体深度)にエフェクト➡︎グラデーションを適応します。

エフェクトのグラデーションを適用


このグラデーションをかけた平面レイヤー(被写界深度)を最初の作ったコンポジション(コンポ1)へネスト化(入れ子)します。

ネスト化


Windowsなら controlaltY、MacならcommandoptionYで調整レイヤーを作成します。

調整レイヤー


この調整レイヤーにエフェクト➡︎ブラー&シャープ➡︎ブラー(カメラレンズ)を適用します。

ブラー(カメラレンズ)エフェクト


エフェクトパネルでブラー(カメラレンズ)の『ブラーマップ』を平面にグラデーションをかけネスト化した『コンポ2』に変更します。


ブラーマップを反転にチェックを付け、プレビューを見ながら値を調整します。

ここでブラー(カメラレンズ)の『ブラーの反転』をすることで、平面レイヤーに適用したグラデーションの黒い範囲に沿って、ブラーをかけることができます。


プレビューを見ながらブラー(カメラレンズ)のブラーの半径の値を調整します。

ブラー反転前
ブラー反転前
ブラー反転後
ブラー反転後


最後に色を調整します。調整レイヤーに追加でエフェクト➡︎カラー補正➡︎カラーバランスを適応します。

エフェクトのカラーバランス適応


エフェクトパネルでカラーバランスの値を調整していきます。

カラーバランス調整
カラーバランス調整前
カラー補正前
カラーバランス調整後
カラー補正後


これで完成です。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です