【Premiere Pro/After Effects】大量プラグイン・プリセットパック『AEJuice All Bundle(AEJuice)』『Motion Designer's Bundle(Premiere/Animation Composer)』『Toko Graphics(Motion Bro)』を徹底比較解説!!

【After Effects】Saberの使い方

Adobe After Effects SABER 使い方

Adobe After Effects CC 26

『Video Copilot社』の無料プラグイン『Saber』は『After Effects』を使用するには、もはや知らない人はいない、欠かせない神プラグインとなっています^^

『Saber』はとても優秀な無料プラグインですが、機能がありすぎて初心者の方には難しく感じてしまう方も多いかと思います(ー ー;)

今回はそんな『Saber』の基本的な使い方を、『After Effects』初心者向けにわかりやすく解説をしていきたいと思いますd( ̄  ̄)

*『Saber』のインストールについてはこちらの記事をご参照下さい⬇︎⬇︎

After Effects Saber ダウンロード インストール 【Adobe After Effects】『Saber』のダウンロード・インストール方法


『Saber』の使い方解説

『Saber』の基本的な機能から順を追って簡単に解説をしていきますd( ̄  ̄)

この記事を読み終わる頃にはきっとある程度使いこなせるようになっているはずです\( ̄∀ ̄)/

Saberのエフェクトパネル解説

『Saber』のエフェクトコントロールパネルは複数の項目が英語で並んでいるので、初めて見る方は訳がわからないと思いますので…(ー ー;)

エフェクトパネルに表示されている項目を1つ1つ簡単に解説していきますd( ̄  ̄)


Preset

『Saber』には51種類のエフェクトプリセットが用意されていますd( ̄  ̄)

Saber menu
Saber presetの種類


51種類のエフェクト効果を比較できるようにそれぞれの効果を画像でまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください⬇︎⬇

Saber Preset 比較 【After Effects】『Saber』で使える51種類のエフェクトプリセットを適用した画像を比較用にまとめてみた



Customize Core

先に『Customize Core』の解説をしていきますd( ̄  ̄)

『Customize Core』を調整することで、テキストやマスクに沿って『Saber』のエフェクトを適用することができます^^

テキストやマスクに『Saber』の光り輝くエフェクトをかける方法を『Customize Core』を設定しながら解説していきます。

まず平面レイヤー(背景ブラック)とテキストレイヤーを作成します。

After Effects新規平面レイヤー作成



平面レイヤーにエフェクト ➡︎ Video Copilot ➡︎ Saberを適用します

平面レイヤーにエフェクトSaberを適応



『Saber』を適用するとエフェクトコントロールパネルに『Saber』のメニューが表示され、プレビューの真ん中に青い蛍光灯のようなものが表示されます。

saber適応
Saber適応プレビュー



ここでエフェクトパネルにある『Customize Core』を調整します。『Customize Core』のプルダウン『>』を選択します。

Saberのエフェクトパネル Customize Core



『Core Type』はデフォルトで『Saber』になっています。『Saber』右のプルダウン『⋁』をクリックします。

Saber Core Type



今回はテキストレイヤーに『Saber』のエフェクトをかけていきたいので、『Text Layer』を選択します。

Saberエフェクトパネル Core Type Text Layerを選択



次に『Text Layer』右側のプルダウン『⋁』をクリックして、エフェクトをかけたいテキストのレイヤーを選択します。今回はNEXTistと入力したテキストレイヤーを選択します。

Saberエフェクトパネル Text Layerを選択



すると以下のように表示されます。他の項目を調整することで光った文字を作ることができます。後ほど解説します^ ^

Saber適応



テキストではなくマスクに『Saber』を適用することも可能です。

平面レイヤーに楕円形ツールでマスクを作成し、『Saber』を適用します。すると、先程と同じように真ん中に青い蛍光灯のような棒が出現します。

Saber LayerMask適応



ここでテキストに適用した場合と同じ要領で、『Customize Core』の『Core Type』から『Layer Masks』を選択します。

Customize Core Layer Mask設定



レイヤーマスクに沿って『Saber』エフェクトが適用されます^^




Glow Intensity

『Glow Intensity』でグローの強度を調整することができます。

先ほどテキストに『Saber』を適用しただけの段階では、グローが強すぎて文字が見えないので、デフォルトで50%に設定をされている『Glow Intensity』を20%に落としてみます。

Saber適応
Saber Glow Intensity



するとGlowの強度が抑えられ、文字が見えるようになります。光加減はお好みで調整してください(゚∀゚)

Saber Glow Intensity20%



Glow Spread

『Glow Spread』はグローの広がりを調整することができます。デフォルトでは0.50となっています。

Saber Glow Spread調整



『Glow Spread』の値を小さくすると光の広がり範囲が狭まり(画像左➡︎)、値を大きくすると光が広がります(画像右➡︎)。

Saber Glow Spread調整0.2
Glow Spread 0.2
Saber Glow Spread調整1
Glow Spread 1.0


Enable Glow

『Enable Glow』はグロー効果を有効にするか無効にするか選択できます。

Saber Enable Glow



この『Enable Glow』にキーフレームをセットすることで、グロー効果のONとOFFを、狙ったタイミングで切り替えることが可能です。

Enable Glow ON
Enable Glow ON
Enable Glow OFF
Enable Glow OFF


Glow Color

その名の通りグローのカラーを調整することができます。

Saber Glow Color



『Glow Color』右側のカラーピッカーを選択して、グローのカラーを調整します。

Glow Color Picker Blue
Glow Color Picker Blue
Glow Color Picker red
Glow Color Picker Red
Glow Color Blue
Glow Color Blue
Glow Color Red
Glow Color Red



Glow Bias

『Glow Bias』はグロー効果をかさ増しするという表現が一番近いかもしれませんが、これはあくまで『Glow Intensity(グローの強度)』あってこそのものなので、初心者の方は『Glow Intensity』だけの調整で十分かと思いますd( ̄  ̄)

Saber Glow bias



ただし『Glow Intensity』と『Glow Spread』だけでの光の調整には限界があります。

そこで、合わせて『Glow Bias』の値を調整することでより細かいグローの調整ができます。私はグロー効果をより輝かせながら、周囲に光を拡散したい時に『Glow Intensity』や『Glow Spread』と同時に『Glow Bias』の値も調整をします。





Core Size

『Core Size』を調整することで、光の芯のサイズを変更することができます。

楕円形レイヤーマスクに『Saber』を適用した例で見るとわかりやすいかと思います⬇︎⬇︎

『Core Size』のデフォルト設定は3.00です⬇︎⬇︎

Saber Core Size3.0




Saber Core Size3
Core Size 3.0


『Core Size』10.0です⬇︎⬇︎

Saber Core Size10.0




Saber Core Size10.0
Core Size 10.0



『Core Size』25.0です。『Core Size』の値を大きくすることで、光の芯が太くなっているのがわかるかと思います^^

Saber Core Size25.0




Saber Core Size25.0
Core Size 25.0


Core Start / End

この項目は『Customize Core』の『Core Type』が『Saber』でないと調整できませんd( ̄  ̄)

Saber Core Type Layer Masks
Core Type Layer Masks
Saber Core Type Saber
Core Type Saber


『Core Type』を『Saber』にするとプレビューの中心に蛍光の棒がありますが、その上下にアンカーポイントのようなものが2つ出現します。この上下のポイントがそれぞれ 『Core Start』と『Core End』として、ポイントの位置を調整することができますd( ̄  ̄)



プレビュー上のポイントをドラッグすることで簡単に『Core Start』と『Core End』の位置を動かすことができます。



エフェクトパネル『Core Start』のターゲットボタン(参照⬇︎)をクリックすると



+ガイド付きで『Core Start』のポイントを動かすことが可能です。



+ガイドの中心にポイントが移動します。



『Core End』も同様にターゲットボタン(参照⬇︎)をクリックし



+ガイド付きで『Core End』のポイントを動かすことができます。



+ガイドの中心にポイントが移動します。


その他

『Customize Core』内にある『Offset系』などは記事での説明は中々難しいので、実際に『Customize Core』の『Layer Masks』や『Offset系』を使用した制作動画を紹介しておきますので、ぜひ参考にしていただければと思います⬇︎⬇︎



*『Saber』を使ったおすすめのチュートリアル動画紹介の記事はこちら⬇︎⬇︎

Saberを使ったおすすめチュートリアル動画集 【Adobe After Effects】無料プラグイン『Saber』を使ったおすすめチュートリアル動画集




以上、随時情報追加していきますので、また遊びに来て下さいね٩( ‘ω’ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。