【After Effects】カウントダウン・アップテキストの作り方

カウントダウンテキスト

Adobe After Effects CC 34

カウントダウン・アップテキストの作り方

Adobe After Effectsでカウントダウン・アップテキストの基本的な作り方を解説していきます。
数字が減ったり増えたりを数値やスピードも簡単に調整することができますので、基本的な作り方を覚えてぜひアレンジして作ってみてください。


*エフェクト➡︎エクスプレッション制御➡︎『スライダー制御』を使ったカウント
 ダウン・アップテキストを作り方はこちらの記事をご参照ください⬇︎⬇︎

スライダー制御エフェクトを使ったカウントダウン・アップテキストの作り方 【After Effects】スライダー制御を使ったカウントダウン・アップテキストの作り方


カウントテキストの作成手順

カウントテキストの作り方を順を追って解説していきます。

新規コンポジションを作成します。好みや完成図に合わせてサイズやデュレーションを調整してください。

新規コンポジション作成


テキストレイヤーを作成して、お好みのフォントとサイズを設定します。このテキストレイヤーをガイドとして使います。

テキストレイヤー作成


新規平面レイヤーを作成( Ctrl or commandY)します。

新規平面レイヤー作成
新規平面レイヤー作成


新規作成した平面レイヤーにエフェクト➡︎テキスト➡︎番号を適用します。

エフェクト番号を適用


エフェクト『番号』の設定パネルが表示されるので、フォントをガイドとして最初に作成したテキストのフォントと同じものを選択しましょう。

エフェクト番号設定パネル


エフェクト『番号』が適用され、プレビュー中心に小さな赤い数値が表示されます。

エフェクト番号の適用


エフェクト『番号』の『サイズ』の数値をガイドテキスト(白数字)のサイズに合わせて拡大調整します。

エフェクト番号のサイズ調整


エフェクト『番号』を適用したレイヤー(赤数字)のサイズ調整が終わったら、ガイドのエキストレイヤー(白数字)を削除しましょう。

テキストレイヤー削除


エフェクト『番号』の種類を数値➡︎数値[先頭はゼロ]へ変更します。

エフェクト番号の種類を変更


エフェクト『番号』の値/オフセット/最を0.00、小数点位置を0へ設定します。

値/オフセット/最を0.00、小数点位置を0へ設定


レイヤーのエフェクト➡︎番号➡︎形式を開くと、『値/オフセット/最』があるので、右側のタイムインジケーターをカウントを開始したい場所に調整してから
ストップウォッチ(キーフレーム)マークを押します。

値/オフセット/最のキーフレームを打つ


次は終了点にタイムインジケーターを合わせ、カウントアップで設定したい最後の値まで値/オフセット/最の数値を入力しましょう。入力した時点で終了点のキーフレームが打たれます。
数字が減っていくカウントダウンにしたい場合には、『値/オフセット/最』の数値の開始と終了を入れ替えるだけです。

値/オフセット/最の終了点のキーフレーム
値/オフセット/最の終了点のキーフレーム


そのままでは文字幅がブルブル揺れてしまうため、『プロポーショナル文字』のチェックを外します。すると安定して文字がカウントされるようになります。

プロポーショナル文字OFF


新規平面レイヤーを作成( Ctrl or commandY)します。

新規平面レイヤーの作成


新規作成した平面レイヤーにマスクをかけて、余計な部分を隠していきます。
長方形作成ツールを選択します。

新規平面レイヤーの作成


隠したい部分に長方形ツールを使ってマスクをかけていきます。

長方形ツールでマスクをかける


平面レイヤー(番号)を選択し、エフェクト『番号』の塗りのカラーを好みの色に変更します。

塗りのカラーを白に変更


%など単位をテキストレイヤーで追加して完成です。

テキストレイヤーの%の追加



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です