【After Effects】初心者におすすめのエスクプレッション機能

Adobe After Effects 初心者におすすめのエクスプレッション機能についての記事のアイキャッチ画像

Adobe After Effects CC 09

初心者におすすめのエクスプレッション機能

エクスプレッションは、レイヤーやエフェクト、シェイプなどのプロパティをプログラムで自動制御をかけることができる機能になります。

エクスプレッションを使用することで、以前は1つ1つ手作業でキーフレームを打ち入力に時間がかかっていたことを、一瞬で全て解決することができてしまいます。

今回はエクスプレッションの適応方法(初心者向け)と初心者におすすめのエクスプレッション機能について解説していきたいと思います。
編集の効率化には必須の機能ですので、ぜひ最後まで読んで使っていただければと思います。


エクスプレッションの適応方法

まずはエクスプレッションを各プロパティに適応する定順を解説していきます。

エクスプレッションを適応したいプロパティを選択し、Windows=alt、Mac=optionキーを押しながらキーフレームを選択してください。

エクスプレッションを適応したいプロパティを選択


キーフレームを選択したらタイムラインパネルにエクスプレッションの入力画面が表示されるので、プログラム数値を入力してエクスプレッションを適応します。


メニューの中からエクスプレッションメニュー▶️を選択するとエクスプレッション選択パネルが表示されるので、その中から適応したい項目を選択し、数値を入力することでもエクスプレッションを適応できます。

エクスプレッションメニュー


エクスプレッションを停止したい場合は、=をクリックすることで一時的に停止することができます。

エクスプレッションを停止




よく使用するおすすめのエクスプレッション

ここではとても使用頻度が高く、便利なエクスプレッションを紹介しておきますので、ぜひ使用しながら覚えていきましょう。


time*( , )

『time*』は1秒あたりの数値の増加を自動制御するエクスプレッションです。
回転プロパティに『time*360』のエクスプレッションを適応した場合は、1秒間に360°=1回転を繰り返す動きをつけることができます。

エクスプレッション time


wiggle( , )

wiggleは揺らすという意味ですが、選択したプロパティを指定したエクスプレッションの数値の範囲で、揺らし続ける=『指定した数値の範囲内で、ランダムに数値を変化させる』ことができます。
wiggleの適応方法は『wiggle(1秒間に変動する回数,変動する数値の範囲)』と、回数と影響度を入力することで数値が変動する範囲で指定できます。
つまりトランスフォームの『位置』にエクスプレッション→wiggle(1,100)を適応した場合、1秒回に1回、100の間で数値がランダムに変動することを繰り返すことができます。
トランスフォーム『位置』に適応すると指定した範囲でランダムに動き続けてますし、トランスフォーム『不透明度』に適応するとランダムに点滅し続けます。

エクスプレッション wiggle


エフェクトのウィグラーやウィグリーセレクターも同様の効果をつけることができますが、エクスプレッションで適応した方が私は使い易いかと思います。


ウィグラーウィンドウの使い方

ウィンドウ➡︎ウィグラーからウィグラーパレットを出してウィグルをつけることが可能です。


エクスプレッションwiggleの使い方

上記のパレットからウィグルをかけるのか、又はエクスプレッションからwiggleをかけるのか、両方使用してみてどちらを使うか決めましょう。


ウィグリーセレクターの使い方

ウィグリーセレクターを使用した文字の動かし方を解説した動画です⬇︎⬇︎



random( , )

指定した範囲で数値をランダムに変化させます。
例えばrandom(10,100)と入力した場合には、10〜100の範囲内でランダムに数値を変化させ続けます。


loopOut(Type=”cycle”)

適応したキーフレームの動きを繰り返すときに使用します。
cycleの後にnumKeyframes=0を記入することで、どのフレーム位置からループするのか指定することができます。
例えば0フレームからループする場合は

loopOut(type = “cycle”, numKeyframes = 0)

50フレームからループしたい場合は

loopOut(type = “cycle”, numKeyframes = 50)

と数値を変えることで指定できます。






以上、随時情報記事を追加していきますので、また遊びに来てください٩( ‘ω’ )و





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です