【After Effects】PhotoshopのレイヤースタイルをAfter Effectsへ移行する方法

PhotoshopのレイヤースタイルをAfter Effectsに移行する方法のアイキャッチ画像

Adobe After Effects 12

PhotoshopのレイヤースタイルをAfter Effectsへ移行する方法

今回はPhotoshopで加工したレイヤースタイル(レイヤー効果、境界線、ドロップシャドウetc…)のデータを、そのまま After Effectへ移行する方法を解説していきます。


*Illustrator・Photoshop➡︎After Effectsへデータの読み込み方法についての詳し
 い記事はこちら⬇︎⬇︎

Photoshop Illustratorデータの読み込み方法 【After Effects】Illustrator・Photoshopデータの読み込み方法




.psdファイル読み込みとレイヤースタイルデータ表示

After EffectsにPhotoshopで作成した『.psd』ファイルをただ読み込むだけでは、レイヤースタイルの編集データは表示されません。
これから『.psd』ファイルの読み込み方法から、レイヤースタイルを表示する方法までを簡単に解説していきます。

.psdファイルの読み込み方法

例としてテキストレイヤーの『ベベルとエンボス』や『ドロップシャドウ』などPhotoshopのレイヤースタイルを編集したデータを使用していきます。

Photoshopのレイヤースタイルを編集したデータを使用
参考画像①


After Effectsへ移行させたい.psdファイルを書き出します。

After Effectsへ移行させたい.psdファイルを書き出す
参考画像②


After Effectsを起動して上にあるメニューバーのファイル➡︎読み込み➡︎ファイルを選択して、移行させたいpsd.ファイルを選択します。

移行させたいpsd.ファイルを選択
参考画像③


読み込むとプロジェクトパネルに.psdファイルが読み込まれる前に、下の参考画像④のような選択パネルが表示されます。『レイヤーを統合する』を選択すると、全てのレイヤーを統合した形でレイヤーデータが読み込まれてしまうので、ここでは『レイヤーを選択』を選択します。
そして、フッテージサイズの項目でレイヤーサイズを選択しOKをクリックすると

レイヤーを選択を選択
参考画像④


下の参考画像⑤のようにPhotoshopで設定していたレイヤーサイズのままレイヤーがフッテージ(レイヤーデータ)として読み込まれます。

レイヤーサイズのままレイヤーがフッテージ(レイヤーデータ)として読み込まれる
参考画像⑤


そして、フッテージサイズでドキュメントサイズを選択した場合には

移行データ ドキュメントサイズ
参考画像⑥


下の参考画像⑦のようにPhotoshopで設定していたカンパスサイズのままフッテージ(レイヤーデータ)が読み込まれます。
今回はフッテージサイズ➡︎レイヤーサイズを選択します。

カンパスサイズのままフッテージ(レイヤーデータ)が読み込まれる
参考画像⑦


プロジェクトパネルに読み込まれたフッテージ(.psdファイル)をタイムラインパネルに適応するだけでは下の参考画像⑧のように、Photoshopで設定していた『ベベルとエンボス』や『ドロップシャドウ』など、レイヤースタイルの情報は表示されません。

レイヤースタイルの情報は表示されない
参考画像⑧




レイヤースタイルデータの表示方法

そこでレイヤースタイルデータを表示させる方法は簡単です。
上にあるメニューバーからレイヤ➡︎レイヤースタイル➡︎編集可能なスタイルに変換を選択します。

レイヤーメニューからレイヤースタイル→編集可能なスタイルに変換を選択
参考画像⑨


Photoshopで編集していたレイヤースタイルのデータが表示され、After Effects上で編集することが可能となります。

Photoshopで編集していたレイヤースタイルのデータが表示
参考画像⑩






以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です