【After Effects】ドット柄を簡単に作る方法

After Effectsでドッド柄を簡単に作る方法

Adobe After Effects 52

ドット柄を簡単に作る方法

今回はAdobe After Effects でドット柄を簡単に作る方法について解説をしていきます。


ドット柄の作り方

ドット柄を作る手順を簡単に解説していきます。

After Effectsを起動し、新規コンポジションを作成します。サイズやデュレーションなどの設定はお好みで調整してください。

After Effects新規コンポジション作成


Ctrl or commandYで新規平面レイヤーを作成します。

新規平面レイヤーを作成


平面レイヤーを選択した状態で上部メニューからエフェクト➡︎シュミレーション➡︎CC Ball Actionを適用します。

CC Ball Action 適用


平面レイヤーにCC Ball Actionを適用すると下の写真⬇︎⬇︎のようになります。

 CC Ball Action 適用


エフェクトコンロールパネルでCC BAll Actionの『Ball Size』を100.0 ➡︎ 30へ変更します。

Ball Size を100.0から30.0へ変更
Ball Size 30.0
Ball Size 30


エフェクトコンロールパネルでCC BAll Actionの『Grid Spacing』を5 ➡︎ 50へ変更します。

『Ball Size(ボールの大きさ)』と『Grid Spacing(ボールとボールの間隔)』はお好みで調整してください。

Grid Spacingを5から50へ変更
Grid Spacing 50
Grid Spacing 50


平面レイヤーに上部メニューからエフェクト➡︎描画➡︎塗りを適用します。

エフェクト 塗りを適用


塗りを適用するとデフォルトでドットカラーが赤になります。

ドットカラーレッド


エフェクトコントロールパネルの塗りの『カラー』を選択し、お好みの色へ変更してください。

ドットのカラー変更


これでドット柄の完成です。背景は透明なので背景柄として使えます。

ドット柄の完成
背景は透明





以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です