おすすめの防湿庫 『Re:CLEAN』(30L、50L)購入レビュー

防湿庫 Re:CLEAN レビュー 評価

Product review 10

おすすめの防湿庫 『Re:CLEAN』(30L、50L)購入レビュー

今回は防湿庫 『Re:CLEAN』(30L)を約1年使用してみた感想と、新たに50Lサイズも追加購入したので購入レビューをしていきたいと思います。

防湿庫を買おうかと検討している方やどの防湿庫にしようか迷っている方、一眼レフカメラや高級レンズを所有していて防湿庫を所有しておられない方は、品質・使い勝手ともにかなりおすすめの製品になりますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。


防湿庫『Re:CLEAN』とは!?

Re:CLEAN 防湿庫 30L 50L 評価 レビュー

防湿庫といえば東洋リビングやトーリ・ハン、ハクバなどの大手メーカーがシェアの大半を占めていますが、どの防湿庫もそこそこの高価な値段で中々購入するまでに至りませんでした。

そこで防湿庫を調べていくうちにたどり着いたのがリンテクト・ジャパンという会社のインテリア防湿庫『Re:CLEAN』でした。

しっかりした防湿庫を購入するとなると一般の人が趣味で購入する程度の機材が格納できるサイズは20〜50Lほど。そのサイズの防湿庫の相場は大体2〜5万円程度する中で、『Re:CLEAN』の防湿庫は21〜50Lが約7000円〜14000円程と割安となってます。

インテリア防湿庫と言われるだけあって見た目もお洒落でカッコ良かったのですが、価格が安いので最初は性能や品質をかなり疑っていました。

ただし…

・日本製であること

・5年間の保証がついていること

・見た目がお洒落でレビューがいいこと

・他諸々…


が購入のきっかけとなりました。


防湿庫『Re:CLEAN』は日本製

防湿庫 Re:CLEAN 湿度計 Hygrometer

防湿庫『Re:CLEAN』はその全てが国内生産となります。中でも決め手となったのが『湿度計』です。

防湿庫『Re:CLEAN』の湿度計はアナログ仕様で岩手の職人と共同開発し、誤差が±3%以下の高精度湿度計となります。好みにもよりますがデジタルと比べてアナログは渋くてかっこいいです。

防湿庫 Re:CLEAN アナログ 湿度計 Hygrometer


当初は光り輝くデジタル表示に惹かれていましたが、デジタルの湿度計は壊れやすかったり誤差が生じやすいので….今ではアナログの方が気に入ってます^^

防湿庫 Re:CLEAN 湿度計 Hygrometer


ちなみデジタル表示で比較的安価な『HOKUTO(アイポー)の防湿庫』がありますが、中国製でレビューにもちらほらと悪評が多いので注意が必要です。
最近はセドラーがアリババなどで格安で大量に仕入れて、フリマへ出品していることも多いので、デザインがカッコいい、一か八か…という方は購入を検討されてもいいのかもしれませんd( ̄  ̄;)

防湿庫 HOKUTO アイポー 評判




防湿庫『Re:CLEAN』は5年間の保証付

防湿庫『Re:CLEAN』はなんと5年間の保証付です。それだけ品質に自信があるということになります。
初期不良に対してもすぐに返品・交換対応してくれるとのことです。

1つ勘違いされがちなのが、5年間保証は除湿ユニット部で湿度計は1年保証となります。ただ、湿度計は独立していて単品での購入(約2980円)も可能となりますので安心です^^



防湿庫『Re:CLEAN』は見た目がお洒落でレビューがいいこと

防湿庫 Re:CLEAN お洒落 カッコいい レビュー 評価

防湿庫『Re:CLEAN』はインテリア防湿庫というコンセプト通りスタイリッシュでお洒落なデザインになります。

購入して見て分かったのですが、ブラックもただの黒色ではなくて少し艶消ししたようなマットな黒色になっています。ガラスの縁のブラックは艶のあるブラックが塗ってあるので、外観のブラックとマッチして高級感がありとてもかっこいいです。

防湿庫 Re:CLEAN お洒落 カッコいい デザイン レビュー 評価

私は30L以降のサイズに付いているドアノブのデザインがあまり好きではなかったのですが、購入してみると意外とすっきりとした感じで全体とのバランスもいい感じ^^画像で見るよりも全く悪くは感じませんでしたd( ̄  ̄)

防湿庫 Re:CLEAN ドアノブ 評価 レビュー


あえて欠点を探すと鍵の取手?が安っぽい…のですが、表に見えるものでもないですし、元々の本体が安いので全く問題ありません^^

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 鍵 キーkey


あとは購入の最大ポイントになるレビュー。いい評価はサクラの可能性もあるので悪い評価の内容を各サイトで調べてみましたが、品質による苦情がほぼありませんでしたd( ̄  ̄)これは安心ですね。

防湿庫 Re:CLEAN 評価 レビュー



その他

防湿庫 Re:CLEAN お洒落 カッコいい デザイン レビュー 評価


棚を追加したり、専用のクッションスポンジを単品で購入することもできます^^私は30サイズに棚とスポンジ(平)を追加購入しましたd( ̄  ̄)
*防湿庫のサイズで単品サイズが変わるので購入時は注意してください。単品はAmazonにはないみたいです…

防湿庫 Re:CLEAN 単品 マット 棚


防湿庫『Re:CLEAN』は現在6サイズから選択することができますが、その中でも最近販売開始された25Lホワイトバージョンもカメラ女子に人気が出そうなかわいらしいデザインとなっています。

防湿庫 Re:CLEAN サイズ バリエーション 種類
防湿庫 Re:CLEAN お洒落 カッコいい デザイン カラー ホワイト レビュー 評価


足がナチュラルブラウンで、湿度計のカラーもしっかりとホワイトになっているところもデザインのこだわりを感じます^^

防湿庫 Re:CLEAN お洒落 カッコいい デザイン カラー ホワイト 湿度計 レビュー 評価





防湿庫『Re:CLEAN』開封レビュー

実際に防湿庫『Re:CLEAN』の到着から開封、使用感レビューをしていきます。
今回は50Lサイズを追加購入したので50Lの画像を中心に解説しながら、使用感は30Lサイズを1年間しようしてみたレビューも交えて解説していきます。

今回はポイントの関係でAmazonではなくYahooで購入しました。注文して2日ほどで無事到着。

防湿庫 Re:CLEAN 配送 到着


梱包もしっかりされていて、外観に傷はありませんでした^^

防湿庫 Re:CLEAN 開封
防湿庫 Re:CLEAN 開封


あれ?説明書や付属品がない!?と思ってしまう仕掛けが…付属品はそこに張り付けてありますd( ̄  ̄;)画像は防湿庫をひっくり返してます⬇︎⬇︎

防湿庫 Re:CLEAN 付属品
防湿庫 Re:CLEAN 付属品


付属品の中身は棚の底敷き用スポンジ、ACアダプター、湿度計取り付け用パーツ(シリコンリング、ブランケット)、鍵、取扱説明書+保証書が入っています。

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 中身 内容


取扱説明書は日本語記載でとても分かりやすくシンプルに解説されてます。

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 説明書 保証書


取扱説明書の裏は保証書になっているので、捨てないように注意してくださいd( ̄  ̄)

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 取扱説明書 保証書


付属品の袋とは別に小さな白い箱が入ってます。

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 湿度計


箱を開けると黒い袋があって、その中に湿度計が入っています。黒い袋の作りも中々しっかりしているので、私はスペアキーの鍵入れに使ってます^^

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 湿度計


湿度計を防湿庫に取り付けるために付属品の袋に入っていた湿度計取り付け用パーツ(シリコンリング、ブランケット)を使います。

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 湿度計


湿度計の後ろからブランケットをはめ込みます。向きに気をつけてください。

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 湿度計 ブランケット 装着


後ろからシリコンリングを湿度計に装着してブランケットを固定します。

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 湿度計 ブランケット 装着


湿度計を取り付けたブランケットを防湿庫のドアの内側へ引っ掛けます。
画像のようにシリコンリングにはホコリが付きやすいので注意ですd( ̄  ̄;)

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 湿度計 ブランケット 装着


これで湿度計は装着完了です。ちなみに湿度計はボタン電池になってます。

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 湿度計 ブランケット 装着


引き出し棚へスポンジマットを敷いてACアダプタを繋げば完成です^^

防湿庫 Re:CLEAN 付属品 棚 スポンジ


職場に『Re:CLEAN』設置完了^^

防湿庫 Re:CLEAN 50L サイズ 設置





最後に

追加情報として

音は駆動しているのかわからないくらい静音なので、寝室に置いても全く気にならないレベルです。

湿度の調整もダイヤルで簡単に設定することができます。

防湿庫 Re:CLEAN 湿度調整 ダイヤル

電気代は24時間連続で除湿運転しても1日約1.8円ととても経済的です^^

防湿庫『Re:CLEAN』30Lを1年間使用してみて今のところ見た目も機能性も大満足です^^そこで今回50Lサイズを追加購入しました。防湿庫の購入をご検討されている方はかなりおすすめの製品になります。


ちなみに防湿庫『Re:CLEAN』には内部照らすライトがないので、暗い場所に置くのであれば棚の奥に置いた機材が見えづらいことがありますd( ̄  ̄)

そこで小型の人感センサーライト(約2000円)を購入して

防湿庫 Re:CLEAN 人感センサーライト
防湿庫 Re:CLEAN 人感センサーライト


防湿庫へ機材を出し入れする際に、内部を明るく照らしてくれるようにしました^^

防湿庫 Re:CLEAN 人感センサーライト


人感センサーは様々な種類が安価で売られていますので、大切な機材を傷つけたくない方、必要な方はぜひ購入を検討してみてください^^

私が購入した人感センサーはこちらです⬇︎⬇︎







以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です