【Final Cut Pro X】Final Cut Pro Xで『LUT』を適用する方法

Final Cut Pro XでLUTを適用する方法

Final Cut Pro X 07

Final Cut Pro Xで『LUT』を適用する方法

今回はFinal Cut Pro Xで『LUT』を適用する方法を解説していきたいと思います。

*『LUT』について解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

Adobe Premiere Pro LUTとLookの違い 【Premiere Pro】「LUT」と「Look」の違いとは!?




Final Cut Pro Xで『LUT』を適用する手順

Final Cut Pro Xで『LUT』を適用する手順を順を追って解説していきます。

今回解説に使用するのは『7 Cineamtic Luts Pack』という無料配布されている『LUT』になります。

7 Cineamtic Luts Pack


*『7 Cineamtic Luts Pack』のダウンロード方法についてはこちらの記事⬇︎⬇︎を
 ご参照ください。

無料ダウンロード LUT 『 7 Cineamtic Luts Pack』 無料ダウンロードできるLUT『 7 Cineamtic Luts Pack』


まずFinal Cut Pro Xを立ち上げ、『LUT』を適用させたい素材を読み込みます。

Final Cut Pro Xを立ち上げ、素材を読み込む


エフェクト(カラー)から『カスタムLUT』を選択し、適応したい素材へドラッグ&ドロップします。

エフェクトからカスタムLUTを選択し素材へドラッグ&ドロップ


適用した素材のビデオインスペクタパネルへ『カスタムLUT』が追加されました。

適用した素材のビデオインスペクタパネルへ『カスタムLUT』が追加される


LUTメニューを選択し、『カスタムLUTを選択』を選択します。

カスタムLUTを選択をクリック


準備しておいたLUTデータ(.cube)『7 Cineamtic Luts Pack』を選択し、開くをクリックします。

準備していたLUT(.cube)ファイルを選択


『7 Cineamtic Luts Pack』内にあったLUT(W1.2)が適用されました。

lut適用前
Before
lut適用後
After


カスタムLUT左上のチェックを入れたり、外したりすることでLUT適用前と適用後を切り替えて比較することができます。

カスタムLUTの切替え


LUT適用後にカラーを微調整したい場合には、インスペクタパネルの上部アイコンからカラーインスペクタを選択して、『カラー』『サーチュレーション』『露出』をプレビューを見ながら調整してください。

カラーインスペクタでカラー、サーチュレーション、露出を調整






以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です