【Final Cut Pro X】無料で高品質!!火花素材パック(65種類)

無料で高品質、Final Cut Pro X、Adobe Premiere Pro、Adobe After Effectsで使える火花素材セット

Final Cut Pro X 04

無料で高品質!!火花素材パック(65種類)

今回は『Final Cut Pro X』や『Adobe Premiere Pro』『After Effects』などで使える無料で高品質な火花素材パック『65 FREE Bullet Sparks and Ricochet Elements』のダウンロード方法と使用方法を解説していきます。

65種類の火花が散る素材



『65 FREE Bullet Sparks and Ricochet Elements』ダウンロード方法

『65 FREE Bullet Sparks and Ricochet Elements』のダウンロード方法を順を追って解説していきます。


配布サイトへ入り、『DOWNLOAD』ボタンをクリックします。

配布サイトへ入りDownloadボタンをクリック


『Spark-by-RocketStock.zip』がダウンロードされるので展開して、『Spark by RocketStock』フォルダを表示させます。

65 FREE Bullet Sparks and Ricochet Elementsダウンロード完了


『Spark by RocketStock』フォルダ内に『Sparks』フォルダがあるので開きます。

Sparksフォルダを開く


『Sparks』フォルダ内に65種類の火花素材が入っています。これでダウンロード完了です。

65種類の火花素材




火花素材の使用方法

初心者の方向けにダウンロードした火花素材を『Final Cut Pro X』と『Adobe Premiere Pro』で使う方法をそれぞれ解説していきます。使用方法はとても簡単です。

『Final Cut Pro X』で火花素材を使用する方法

『Final Cut Pro X』を起動してプロジェクトを立ち上げ、背景素材を配置します。

背景素材を配置


背景にそのまま火花素材を配置すると背景が消えてしまいます。

背景素材が見えなくなる


インスペクタパネルの『ブレンドモード』から『スクリーン』もしくは『加算』を選択します。

インスペクタパネルのブレンドモードからスクリーンを選択


これで背景が見えるようになりました。
『Final Cut Pro X』で火花素材を使用する場合には、ブレンドモードで『スクリーン』もしくは『加算』へ変更してください。

ブレンドモードをスクリーンは変更



『Adobe Premiere Pro』で火花素材を使用する方法

『Adobe Premiere Pro』を起動してプロジェクトを立ち上げ、背景素材を配置します。

Premiere Proを起動し、背景素材を配置


火花素材を読み込むと背景が見えなくなってしまいます。

火花素材を読み込むと背景が見えなくなる


エフェクトコントロールパネルの不透明度➡︎描画モードを『スクリーン』へ変更します。

描画モードをスクリーンへ変更


これで背景が見えるようになりました。
『Adobe Premiere Pro』で火花素材を使用する場合には、エフェクトコントロールパネルから不透明度➡︎描画モード➡︎『スクリーン』へ変更してください。

描画モードをスクリーンへ変更





以上、最後まで読んでいただきありがとうござました♪( ´θ`)ノ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です