【Final Cut Pro X】絶対に知っておくべき超便利なショートカットキー

Final Cut Pro X ショートカットキー 便利

Final Cut Pro X 08

絶対に知っておくべき超便利なショートカットキー

今回は『Final Cut Pro X』を使う上で知っておくと便利で、かなりの作業効率化に繋がるショートカットキーを紹介していきたいと思います。



クリップの速度調整

『Final Cut Pro X』で速度調整する場合には、速度調整したいクリップを選択した状態で、スクリーン下にある時計アイコンをクリックすることで写真⬇︎⬇︎のようにリタイミングオプションが表示されます。

Final Cut Pro X リタイミングオプションを表示


速度をすぐに直感的に調整したい時に、クリップを選択した状態で ShiftRを押すと、クリップにリタイミングエディタ(標準100%)を表示することができます。

クリップの速度調整


プレビューで確認しながらリタイミングエディタ(標準100%)をドラッグ&ドロップでお好みで速度を調整してください。

リタイミングエディタを調整


1つのクリップ内で区分けして速度変化を付けたい場合には、タイムインジケーター(再生ヘッド)を区分けしたい部分に合わせ、クリップを選択した状態で ShiftBを押します。

タイムインジケーターを合わせる


すると、写真⬇︎⬇︎のようにタイムインジケーター(再生ヘッド)の前後でリタイミングエディタ(標準100%)が表示されるので、ドラッグ&ドロップで各クリップの表示速度をコントロールすることができます。

タイムインジケーター 速度調整




ブレードで素材を分割

ブレードツール(B)を使うとクリップを分割することができますが、commandBを入力することで、毎回ブレードツールを使わなくても、タイムインジケーター(再生ヘッド)のラインでクリップをカットすることができます。

Final Cut Pro X ブレードツール


クリップ以外も含む全ての素材(BGMやタイトルなど)をカットしたい場合には、commandShiftB で全ての素材を一度にカットすることができます。

ブレードツール ショートカット



ズームイン・ズームアウト

タイムラインをズームしたい場合、ズームツール(Z)を使ってタイムライン上で clickすることでズームイン(拡大+)

Final Cut Pro X ズームツール ズームイン


optionを押しながら click することでズームアウト(縮小ー)することができます。

Final Cut Pro X ズームツール ズームアウト


しかし、毎回ズームツールを使わなくても commandでズームイン、commandでズームアウトすることができます。

Final Cut Pro X ズームイン ズームアウト


キーボードにプラスキーやマイナスキーがついていないものを使っている場合には、command=-、 =+で同じようにズームイン、ズームアウトすることができます。

Mac キーボード プラス マイナスキー


ズームインしすぎてわからなくなってしまったり、タイムライン全体を確認したくなったら ShiftZでタイムライン全体を表示することができます。

Final Cut Pro X タイムライン全体を表示



デフォルト設定したエフェクト、トランジション、タイトル、ジェネレータの追加

エフェクト、トランジション、タイトル、ジェネレータは、それぞれよく使う項目をデフォルト設定し、ショートカットキーで適用することができます。

デフォルト登録はそれぞれの項目(エフェクト、トランジション、タイトル、ジェネレータ)で登録したいものを選択し、右クリックメニュー( controlclick)でデフォルト設定する選択肢を選ぶことで設定されます。

Final Cut Pro X タイトルのデフォルト設定


デフォルト設定した項目は、適用したいクリップを選択しタイムインジケーター(再生ヘッド)の位置を調整して状態で、以下のショートカットキーを入力することで

エフェクトoptionE
トランジションcommandT
タイトルcontrolT
ジェネレータcommandoptionZ


デフォルト設定した項目が適用されます。各項目(エフェクト、トランジション、タイトル、ジェネレータ)でそれぞれ1つのみのデフォルト設定できませんが、頻回に使用するものは登録してショートカットキーで呼び出せるようにしておくと、かなりの作業効率化につながりますので、ぜひ登録しておきましょう。

Final Cut Pro X デフォルト設定の適用



インスペクタの各設定を別のクリップにも適用する

エフェクトやBGM、カラーグレーディングなどインスペクタで調整した設定を、そのまま別のクリップにも各項目を選択して適用することができます。

クリップへエフェクト➡︎コミック(セピア)を適用し、右上のインスペクタで値を調整したとします。

素材にエフェクトを追加する


設定調整したクリップを選択した状態で commandCを押してコピーします。
そのコピー情報(インスペクタで調整したエフェクトやその数値など)をそのままコピペしたいクリップを選択した状態で commandShiftVを押します。すると『パラメータをペースト』というパネルが立ち上がるので、ペーストしたい項目を選択して『ペースト』をクリックします。

Final Cut Pro X 設定を引き継ぐ


これでコピーしたインスペクタの設定情報がそのまま別のクリップへコピペされます。

Final Cut Pro X インスペクタ設定をコピペ






以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です