【DaVinci Resolve】圧倒的作業効率化!!頻繁に使用する基本ショートカットキー

DaVinci Resolve おすすめ 便利 ショートカットキー

DaVinci Resolve 05

圧倒的作業効率化!!頻繁に使用する基本ショートカットキー

今回は『DaVinci Resolve』で頻繁に使用するショートカットキーを紹介していきたいと思います。

編集作業効率化にショートカットキーは欠かせないものですので、最初は使い慣れず面倒かもしれませんが、使って覚えていきましょう。


*『DaVinci Resolve』の基本ショートカットキー一覧⬇︎⬇︎

DaVinci Resolve ショートカットキー一覧 まとめ 【DaVinci Resolve】基本ショートカットキー一覧



基本ショートカットキー

コピーcommandC
ペーストcommandV
切り取りcommandX
やり直しcommandZ
やり直しを戻すcommandshiftZ
Windowsの場合 command➡︎ CtrlOption➡︎ alt


基本ショートカットキーはパソコンを使う上では必須のショートカットキーなので、『DaVinci Resolve』の使用だけに限らず覚えておきましょう。

commandZでやり直しすぎたアクションを戻す commandshiftZ は意外と使っていない方が多いので、使えるように必ず覚えておきましょう。



各ツールキー

プレビュー再生Space or commandL
停止Space or Kでも可能
逆再生J
倍速再生L を押す毎に加速する
倍速逆再生J を押す毎に加速する
全画面プレビュー、プレビュー解除P
選択アイテム周辺を再生/
Windowsの場合 command➡︎ CtrlOption➡︎ alt




再生、停止、逆再生、倍速再生、全画面プレビュー

DaVinci Resolve プレビュー コントロール

プレビュー再生Space or commandL
停止Space or Kでも可能
逆再生J
倍速再生L を押す毎に加速する
倍速逆再生J を押す毎に加速する
全画面プレビュー、プレビュー解除P
選択アイテム周辺を再生/
Windowsの場合 command➡︎ CtrlOption➡︎ alt


再生、停止を同時に行える Spaceキーは多用します。

長いクリップの編集確認をするときは Space キーでプレビューを開始した後に、Lキーを数回押して倍速再生で確認することがよくあります。

動画を画面全体で再生確認したい時には Pで全画面プレビューにして、Space キーで再生・停止しながら確認することもよくあります。



タイムライン上でタイムインジケーターを移動する

DaVinci Resolve タイムインジケーター

1フレームずつ進む➡︎
1フレームずつ戻る⬅︎
1秒ずつ進む(設定が24fpsなら24フレーム進む)shift➡︎
1秒ずつ戻る(設定が24fpsなら24フレーム戻る)shift⬅︎
開始点へ移動;
次のクリップや編集点へ進む⬆︎
前のクリップや編集点へ戻る⬇︎
次のキーフレームへ進む[
前のキーフレームへ戻る]
Windowsの場合 command➡︎ CtrlOption➡︎ alt


前後1フレームずつ移動する左右矢印キーは多用します。
プレビュー停止の Kを押しながら再生の Lで1フレームずつ進む、プレビュー停止の Kを押しながら逆再生の Jで1フレームずつ戻ることができますが、➡︎ ⬅︎ の方が使いやすいのでほとんど使いません。

 キーフレーム間の移動( [ ])は、キーフレーム設定時に開始点、終了点がわかりにくいので重宝します。









以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です