当ブログに関する簡単にアンケートへご協力ください^^

【After Effects】超便利な無料プラグイン『Motion Tools 2』 の機能と使い方

Adobe After Effects Motion Tools Free Plugin 使い方

Adobe After Effects CC

超便利な無料プラグインMotion Tools 2 ダウンロード・インストール方法

今回は超便利な無料プラグイン『Motion Tools 2 』の使い方について解説していきたいと思います。

『Motion Tools 2』は イージングの追加調整、エクストラクト・バウンス表現(エクスプレッション)の追加、アンカーポイントの位置調整、レイヤーオフセット、イラストレーターデータのシェイプ化など、作業を劇的に効率化してくれる機能満載の優秀なプラグインです。

以前は無料講義を受講することで受け取ることができていましたが、最近は有料講義となってしまいました…

After Effects Motion Tools Free 無料 Motion Design School


しかし、この度配布先である『Motion Design School』より公式に配布の許可を得ましたので、ダウンロードページのリンクを公開しておきます。
なんと、講義を受ける必要はありません⬇︎⬇︎
*メールアドレスの入力は必要ですので予めご了承ください。
*この配布リンクは正式に『Motion Design School』へ許可をもらっているので
 転載は禁止です。


*『Motion Tools』のダウンロード・インストール方法について解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

Adobe After Effects Motion Tools 2のダウンロード、インストール方法について解説 【After Effects】Motion Tools 2 ダウンロード・インストール方法


*『Motion Tools』の機能と使い方を解説した動画はこちら⬇︎⬇︎





Motion Tools 2 の使い方

Motion Tools 2 』の使い方を各機能毎に順を追って解説していきます。


イージングスライダー機能『Easing sliders』

イージングスライダー機能を使えばイージングをスライダーを動かして調整するだけで簡単に適用しコントロールすることができます。

イージーイーズアウトスライダー

シェイプレイヤーを作成し、プロパティの位置へキーフレームを打って左から右側へ移動するアニメーションを作ったとします。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー 使い方
After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー 使い方


視覚的にわかりやすいようにグラフエディターを表示しながら解説をしていきます。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー 使い方 グラフエディター キーフレーム


キーフレームを選択した状態で一番上のスライダーを調整することでイージーイーズアウトを適用することができます。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズアウト 調整
イージーイーズアウトスライダー設定 22


イージーイーズアウトは動き出しが緩やかになればなるほど、アウト点に向かって加速するグラフ形状となります。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズアウト 調整
イージーイーズアウトスライダー設定 68

ですのでスライダーの数値を上げれば上げるほどイン点からのカーブは緩やかになり、アウト点のカーブは急になります。
通常はイージーイーズアウトを適用した後に手動でカーブを調整する必要があるので、スライダーを調整するだけでカーブをコントロールできるのは非常に便利です。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズアウト 調整
イージーイーズアウトスライダー設定 100



イージーイーズインスライダー


2番目のスライダーはイージーイーズインを適用し、調整することができます。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズイン 調整
イージーイーズインスライダー設定 22


イージーイーズインは終了点に向かっての動きが緩やかになればなるほど、開始点の動きが加速するグラフ形状となります。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズイン 調整
イージーイーズインスライダー設定 68


ですのでスライダーの数値を上げれば上げるほど終了点近くのカーブは緩やかになり、開始点のカーブは急になります。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズイン 調整
イージーイーズインスライダー設定 100



イージーイーズスライダー

一番下にある3番目のスライダーはイージーイーズを適用し、調整することができます。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズ 調整


イージーイーズは数値を上げれば上げるほど開始点と終了点の両方のカーブを同時に緩やかにすることができます。

After Effects Motion Tools アニメーション イージングスライダー イージーイーズ 調整



キーフレーム補間法

スライダーとその数値の右側に上から四角◻︎、菱形◇、円形◯の赤いアイコンが縦に3つ並んでいます。

After Effects Motion Tools イージングスライダー 時間補間法


このボタンはそれぞれキーフレームの時間保管法を設定できるアイコンで

四角◻︎は『停止』

菱形◇は『リニア』

円形◯は『自動ベジェ』

へ設定・変更することができます。

After Effects Motion Tools イージングスライダー 時間補間法 アイコン


キーフレームを選択した状態で一番上の四角◻︎をクリックすると、キーフレームに時間補間法『停止』が適用されます。

After Effects Motion Tools イージングスライダー 時間補間法 停止


キーフレームを選択した状態で2番目の菱形◇をクリックすると、キーフレームに時間補間法『リニア』が適用されます。

After Effects Motion Tools イージングスライダー 時間補間法 リニア


キーフレームを選択した状態で3番目の円形◯をクリックすると、キーフレームに時間補間法『自動ベジェ』が適用されます。

After Effects Motion Tools イージングスライダー 時間補間法 自動ベジェ


それぞれのアイコンをWindowsの方は altshift、Macの方はoptionshiftを押しながら選択することで他にも特殊な補間法を適用することができますが、この設定は難易度が高くなってしまうのでここでは割愛させていただきます( ̄▽ ̄;)

After Effects Motion Tools イージングスライダー 時間補間法 alt option shift




アンカーポイントリポジション機能『Anchor point reposition』

アンカーポイントリポジション機能について解説していきます。


この機能は単純にクリックするだけでアンカーポイントの位置を変更することができる機能です。

After Effects Motion Tools Anchor point reposition


アンカーポイントを変更したいレイヤーを選択した状態で、アンカーポイントを移動させたい場所をクリックするれば、9箇所へワンクリックで移動させることができます。これは地味に便利ですd( ̄  ̄)

After Effects Motion Tools Anchor point reposition アンカーポイント リポジション




アプライエラスティック機能『Apply elastic』

アプライエラスティック機能は一旦広がって元の大きさへ縮むような弾性表現を簡単につけることができる機能になります。


アニメーションをつけたレイヤーのプロパティまたはキーフレームを選択した状態で『ELASTIC』ボタンを押すだけで弾性効果をつけるインプレッションが適用されます。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence Elastic


選択した全てのプロパティに同時に適用することもできます。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence Elastic

『ELASTIC』ボタンを適用すると『Elastic Controller』エフェクトも適用されます。このエフェクトは

Amplitude(振幅):広がる・弾むときの振れ幅

Frequency(周波数):広がる・弾むときに振動する回数

Decay(減衰):広がった・弾んだ後の勢いが弱まる度合い

を調整することができます。

After Effects Motion Tools Elastic Controller


ただ、複数のプロパティへ『ELASTIC』を適用する場合には、適用したいプロパティやキーフレームを選択した状態で alt or optionを押しながら『ELASTIC』ボタンを押すと、ヌルレイヤーが作成されるので

After Effects Motion Tools Elastic Null ヌル


このヌルのエフェクト『Elastic Controller』の数値を動かして、全てのプロパティの弾性表現を一括でコントロールした方が操作がしやすいので、複数のプロパティに適用する場合はこちらの方法でのコントロールをお勧めします。

After Effects Motion Tools Elastic Null ヌル エフェクト




アプライバウンス機能『Apply bounce』

アプライバウンス機能は指定したフッテージに簡単に跳ね返り(バウンド)効果をつけることができる機能になります。


アニメーションをつけたレイヤーのプロパティまたはキーフレームを選択した状態で『BOUNCE』ボタンを押すだけで跳ね返り効果をつけるインプレッションが適用されます。

After Effects Motion Tools BOUNCE


選択した全てのプロパティに同時に適用することもできます。

After Effects Motion Tools BOUNCE プロパティ


『BOUNCE』ボタンを適用すると『Bounce Controller』エフェクトも適用されます。このエフェクトは

Amplitude(振幅):跳ねるときの振れ幅

Gravity(重力):重力をコントロール

Max Jumps(最大ジャンプ):最大幅?ほとんど影響なし

Jump In/Out:オンにすると跳ね返り地点が反転するような動きへ変わる

を調整することができます。

After Effects Motion Tools BOUNCE controller effect エフェクト


複数のプロパティへ『BOUNCE』を適用する場合には、適用したいプロパティやキーフレームを選択した状態で altor optionを押しながら『BOUNCE』ボタンを押すと、ヌルレイヤーが作成されるので

After Effects Motion Tools BOUNCE controller effect エフェクト Null ヌル


ヌルのエフェクト『Bounce Controller』の数値を動かすことで、全てのプロパティの跳ね返り効果を一括でコントロールできるので非常に便利です。

After Effects Motion Tools BOUNCE controller effect エフェクト Null ヌル




キーフレームデュプリケーター機能『Keyframes duplicator』

キーフレームデュプリケーター機能は、キーフレームを複製できる機能になります。

After Effects Motion Tools Keyframe descriptor キーフレーム コピー


複製したいキーフレームを選択した状態で『CLONE』ボタンを押すと、時間インジケーターの位置へキーフレームが複製されます。

After Effects Motion Tools Keyframe duplicator キーフレーム 複製


一度『CLONE』ボタンで複製し、その後、続けて『CLONE』ボタンを追加で押すと押した数だけ等間隔にキーフレームが複製されていきます。

After Effects Motion Tools Keyframe duplicator キーフレーム 複製


複製したいキーフレームを選択した状態で shiftを押しながら『CLONE』ボタンを押すと

After Effects Motion Tools Keyframe duplicator キーフレーム 複製  反転


時間インジケーターの位置に選択したキーフレームが反転した状態で複製されます。

After Effects Motion Tools Keyframe duplicator キーフレーム 複製  反転



レイヤーズ/キーシーケンス機能『Layers/Keys sequence』

レイヤーズ/キーズシーケンス機能について順を追って解説していきます。

レイヤーズ/キーズシーケンス機能は、After Effectsにデフォルトで使用できるレイヤーシーケンスのような機能で、3つの項目を設定をするだけで様々な形にレイヤーを再配置をすることが可能です。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 再配置



シーケンス機能

シーケンス機能は『offset』と『step』を入力して、『SEQUENCE』ボタンを押すことで選択したレイヤーを再配置することが可能です。

After Effects Motion Tools SEQUENCE


『offset』の数値は選択したレイヤーのフレーム数、つまり横軸である時間軸のズレ幅を指定することができます。

After Effects Motion Tools SEQUENCE offset


例えば、再配置したいレイヤーを選択した状態で『offset』を5と入力し『SEQUENCE』ボタンを押した場合

After Effects Motion Tools SEQUENCE offset


選択したレイヤーは5フレームずつ時間軸【横軸】にズレた状態で再配置されます。

After Effects Motion Tools SEQUENCE offset


この場合、選択したレイヤーの中でも一番上層レイヤーの位置を基準に再配置されます。この設定は後ほど説明します。
連続して『SEQUENCE』ボタンを押すと『offset』を5で設定している場合は2回押すと10フレーム、3回押すと15フレームと、押す回数分だけ『offset』が追加されていきます。

After Effects Motion Tools SEQUENCE offset


『step』の数値は選択したレイヤーの何層【縦軸】毎に再配置するかを指定します。

After Effects Motion Tools SEQUENCE step


例えば再配置したいレイヤーを選択した状態で『offset』は先ほど同じく5『step』の数値を2で『SEQUENCE』ボタンを押した場合には

After Effects Motion Tools SEQUENCE step


選択したレイヤーは5フレームずつ時間軸【横軸】にズレた状態で、2層【縦軸】ずつ再配置されます。この場合、2層ずつのレイヤーが同列で配置されます。

After Effects Motion Tools SEQUENCE step


一方、同設定で altor option 又は shiftを押しながら『SEQUENCE』ボタンを押した場合には、各レイヤー5フレームずつ時間軸【横軸】にズレた状態で、上層レイヤーを基準に開始点は全て揃った状態で再配置されます。
説明が下手くそですみません…( ̄▽ ̄;)

After Effects Motion Tools SEQUENCE


もし『offset』を5、『step』を3へ変更して altor option 又は shiftを押しながら『SEQUENCE』ボタンを押した場合には、5フレームずつ時間軸【横軸】にズレた状態を3層ずつ再配置され、こちらは3層毎に5フレームずつ時間軸【横軸】にズレた状態で、上層レイヤー基準に開始点は揃って配置されます。

After Effects Motion Tools SEQUENCE



整列ボタン


次に左から2番目の整列ボタンですが

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 整列


例えばバラバラに配置されているレイヤーを

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 不規則


全て選択した状態で左から整列ボタンをクリックすると、時間インジケーターの位置へ揃えて再配置することができます。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 時間インジケーター 整列


Windowsの方は alt、Macの方は optionを押しながらクリックすることで、選択したレイヤーを0フレームへ揃えて再配置することができます。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー  整列


shiftを押しながらクリックすることで、選択したレイヤーの中で一番上層レイヤーのインポイントを基準にして、全てのレイヤーを揃えて再配置することができます。この基準にするレイヤーの設定は後ほど説明します。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 整列 インポイント




配列基準設定ボタン


左から3番目の配列基準を設定できるボタンを解説していきます。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 配列 基準


この配列基準ボタンは、『SEQUENCE』ボタンでレイヤー再配置をする際に配列とその基準となるレイヤーをどこに設定するのかを指定することができます。

配列基準ボタンは

・上層のレイヤーを基準にする。

・下層のレイヤーを基準にする。

・ランダム

の3種類をボタンをクリックすることで切り替えて選択することができます。

例えば選択したレイヤーの中で一番上層に配置しているレイヤーを基準に再配置したい場合には、上から階段上になっているアイコンに設定して『SEQUENCE』ボタンを押します。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 配列 基準


選択したレイヤーの中で一番下層に配置しているレイヤーを基準に再配置したい場合には、下から階段上になっているアイコンに設定して『SEQUENCE』ボタンを押します。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 配列 基準 下 階段

選択したレイヤーをランダムに再配置したい場合には、バラバラになっているアイコン?に設定して『SEQUENCE』ボタンを押します。

After Effects Motion Tools Layers/keys sequence レイヤー 配列 基準 ランダム




マージ機能とエクストラクト機能『MERGE & EXTRACT』

マージ機能とエクストラクト機能について解説していきます。

マージ機能

マージ機能とはシェイプレイヤーを一つのレイヤーにまとめることができる機能になります。

After Effects Motion Tools MERGE


まとめたいシェイプレイヤーを全て選択した状態で『MERGE』ボタンをクリックすると

After Effects Motion Tools MERGE 適用


選択していた複数のレイヤーを1つのレイヤーにまとめることができます。

After Effects Motion Tools MERGE


コンテンツを開くとキーフレームを含めた全てのプロパティ情報が1つのレイヤーにまとめられているのが確認できます。

After Effects Motion Tools MERGE シェイプレイヤー


まとめたいレイヤーを選択して altor option を押しながら『MERGE』ボタンをクリックすると、選択したレイヤーが複製された状態で1つにまとめられたレイヤーが作成されます。

After Effects Motion Tools MERGE alt



エクストラクト機能

エクストラクト機能はマージ機能で1つにまとめたレイヤーを再度複数のレイヤーに戻すことができる機能です。

After Effects Motion Tools EXTRACT


『MERGE』で1つにまとめられたレイヤーを選択した状態で、『EXTRACT』ボタンを押すと

After Effects Motion Tools EXTRACT


まとめられたレイヤーを分離することができます。

After Effects Motion Tools EXTRACT


一度『MERGE』機能でまとめられたレイヤーのコンテンツから分離したいレイヤーを個別で選択した状態で『EXTRACT』ボタンを押すと

After Effects Motion Tools EXTRACT レイヤー 分離 分解


選択したレイヤーのみまとめられたレイヤーから分離することができます。

After Effects Motion Tools EXTRACT レイヤー 分離 分解


『MERGE』でまとめられたレイヤーを選択した状態で alt or option を押しながら『EXTRACT』ボタンをクリックすると

After Effects Motion Tools EXTRACT レイヤー 分離 分解


『MERGE』でまとめられたレイヤーが複製された状態で、まとめられたレイヤーが分解されたレイヤーも作成されます。

After Effects Motion Tools EXTRACT レイヤー 分離 分解 複製




アドヌル機能『ADD NULL』

アドヌル機能について解説していきます。

アドヌル機能は選択した全てのレイヤーを制御できるヌルレイヤーをワンボタンで作成することができる機能です。

After Effects Motion Tools ADD NULL


一括制御したいレイヤーを選択した状態で『ADD NULL』ボタンを押すと

After Effects Motion Tools ADD NULL レイヤー 制御


全てを一括制御できるヌルレイヤーが作成されます。

After Effects Motion Tools Add Null with Parenting


このアドヌル機能は新規作成する場合のヌルレイヤーと違って、選択していたレイヤー全てがアドヌル機能で作成したヌルに関連付けられた状態で作成されるので、1つずつヌルにピックウィップで紐付ける必要がありません。これは便利です。

After Effects Motion Tools Add Null with Parenting ヌル



コンバートトゥーシェイプ機能『CONVERT TO SHAPE』

コンバートトゥシェイプ機能は、IllustratorからAfter Effectsへ読み込んだデータをシェイプレイヤーへ変換することができる機能です。

通常1つのレイヤーに組み込まれたIllustratorのデータは、After Effectsへ読み込んだ場合

After Effects Motion Tools CONVERT TO SHAPE


1つ1つのフッテージ情報は全て統合された状態で読み込まれてしまいます。

After Effects Motion Tools CONVERT TO SHAPE データ インポート


そこで、読み込んだIllustratorのフッテージを選択した状態で『CONVERT TO SHAPE』ボタンをクリックすると

After Effects Motion Tools CONVERT TO SHAPE イラストレーター


Illustratorデータに含まれた各フッテージのデータをシェイプレイヤーへ変換することができます。
*IllustratorのデータはAfter Effectsへ読み込んだ際にエラー?で邪魔なバウンディングボックスが表示されることもあるみたいなので、それも取り払うことができるみたいですd( ̄  ̄;)

After Effects Motion Tools CONVERT TO SHAPE イラストレーター シェイプ 変換


ただし、単純に『CONVERT TO SHAPE』ボタンを押すだけだと、元のIllustratorフッテージも残したまま(非表示)、新たにシェイプ化されたレイヤーが作成されます。

After Effects Motion Tools CONVERT TO SHAPE イラストレーター シェイプ 変換


シェイプ化されたレイヤーへそのまま入れ替えて変換したい場合には alt or optionを押しながら『CONVERT TO SHAPE』ボタンをクリックすることで、元レイヤーは削除された状態でシェイプ化されたレイヤーが作成されます。

After Effects Motion Tools CONVERT TO SHAPE イラストレーター シェイプ 変換


この『CONVERT TO SHAPE』でIllustratorのデータを変換する場合、jpg、pngなどのリンクデータへ適用すると灰色に塗り潰されてしまうため、Illustratorで保存する前にシェイプ化しておきましょう。

After Effects Motion Tools CONVERT TO SHAPE イラストレーター シェイプ 変換 jpg png リンクデータ エラー



リムーブアートボード機能『REMOVE ARTBOARD』

Illustratorにあまり詳しくないので、この機能の使い道はよくわかりませんでしたが。。。

After Effects Motion Tools REMOVE ARTBOARD


いろいろ試してみた結果、適用することでアートボードサイズのようなバウンディングボックスが表示されることがあるので、その名の通りアートボード情報を呼び起こす機能なのかと…
ご存知の方がいたらぜひ教えてくださいd( ̄  ̄;)

After Effects Motion Tools REMOVE ARTBOARD




最後に

他にもAfter Effectsで使える便利な無料プラグインは複数ありますd( ̄  ̄)

*無料で大量のプリセット(7つのプラグイン)を使用できる『AE Juice』のダ
 ウンロード・インストール方法を解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

Adobe After Effects AE Juice Free Plugin 無料 ダウンロード インストール 【After Effects】『AE Juice』の無料プラグインをダウンロード・インストールする方法


*After Effectsで800種類のプリセットが無料で使用できる『Motion Bro』のダウ
 ンロード・インストール方法について解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

Adobe After Effects Motion Bro Free Plugin Download Preset Install 無料 フリー プラグイン プリセット インストール ダウンロード 【After Effects】1200種類のプリセットが無料で使える!!『Motion Bro』のダウンロード・インストール方法


*After Effects 初心者が絶対に導入すべきおすすめの無料プラグインを紹介⬇︎⬇︎

Adobe After Effects Free Plugin Script 無料 フリー プラグイン スクリプト 【After Effects】初心者が絶対に導入すべきおすすめの無料プラグイン+スクリプト






以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و


1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です