【新着】After Effects 『プロキシ』の機能や使い方を徹底解説した動画を公開しましたd(^ ^)

【After Effects】低スペックパソコンでも『プロキシ』を使って4K動画をサクサク快適に編集する方法を解説!!

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 使い方

Adobe After Effects

低スペックパソコンでも『プロキシ』を使って4K動画をサクサク快適に編集する方法を解説!!

ふにゃ太郎
ふにゃ太郎

4K撮影した映像を使って編集しようとしたらパソコンが全く動きませんでした(ー ー;)

安いパソコンだから…買い換えるお金ないし…何かいい方法はないでしょうか…ヽ(´o`;

NEXTist
NEXTist

プロキシを使った方法は知ってる!?『Premiere Pro』とかでもできるやつd( ̄  ̄)

ふにゃ太郎
ふにゃ太郎

なんですかそのプロピシって(゚∀゚;)

ぜひ教えてください(´∀`=)

NEXTist
NEXTist

プロキシね( ̄∇ ̄;)上手く使いこなせれば4Kでもサクサク作業できるよ^ ^

それじゃあプロキシについて解説してみるね〜٩( ‘ω’ )و


*『プロキシ』の機能や使い方を解説した動画はこちら⬇︎⬇︎



『プロキシ』とは!?

4K動画を使って編集すると

プレビューがほとんど動かない….(ー ー;)

低スペックなパソコン使ってるとプレビューの解像度を下げても

メモリ不足で画面がフリーズしてしまうこともありますd( ̄  ̄;)

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プレビュー 解像度


『After Effects』でも『Premiere Pro』でも

Adobeの編集ソフトではタイムライン上にある下層のレイヤーから順にフレームとソースイメージの一部を一時的にキャッシュとして保存することで

プレイバック用の動画ファイルをレンダリングする仕組みになっていますd( ̄  ̄)

このプレイバック用のレンダリングが終わって

タイムラインの上部に表示されているカラーバーが緑色になると2回目以降の再生はスムーズにプレビューされるようになりますよね??

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 ディスクキャッシュ レンダリング



4Kのような高画質大容量のフッテージをレンダリングするとなると

大容量のフッテージを直接プレビューすることで起こるパフォーマンスの低下やメモリの消費量が増えることで

タイムラインが全く動かなくなってしまいます…

要はフッテージのデータ容量が大きすぎて

キャッシュの一時保存、つまりレンダリングに時間がかかっている状態になります。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 レンダリング フリーズ 動かない



高画質大容量のフッテージを扱う場合でも

ハイスペックなパソコンであればスピーディーに処理してサクサク作業できるのですが

ロースペックなパソコンになればなるほど動作は重たくなって作業効率は落ちてしまいます。



そこで便利な機能が『プロキシ』になりますd( ̄  ̄)

『プロキシ(Proxy)』は代理という意味で

その名の通り高画質大容量のフッテージに代わる低画質低容量の代替フッテージを作って

その代替フッテージを編集に使用するという設定になります。

プレビュー速度(レンダリング速度)を上げたい場合には、プロキシを使用するとかなり効率的です。

最終フッテージを準備するまでの間に、代わりとしてプロキシファイルを利用することもありますが

代替フッテージに適用したマスクやエフェクト、属性、キーフレームやエクスプレッションなどは

プロキシを最終フッテージに置き換えた後もそのまま維持されるので安心です^ ^


プロキシをまだ使ったことがない方は、ぜひ積極的に有効活用して作業効率化を図りましょう٩( ‘ω’ )و


『プロキシ』の設定と使い方

プロキシの設定方法と使い方を順を追って解説していきますd( ̄  ̄)


プロキシファイルの作成方法


プロキシファイルの作成

プロキシ設定を可能にするためにはまず代替ファイル=プロキシファイルを作成する必要があります。

プロキシファイルを作成する方法は

プロキシファイルを作成したいフッテージ、またはコンポジションを選択した状態で右クリックメニューを開いて

プロキシ作成 ➡︎ 静止画 or ムービーを選択します。今回はコンポジションなのでムービーを選択します。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成



レンダキューが立ち上がるので、レンダリング設定をクリックして

レンダリング設定パネルを表示させます。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成 レンダリング設定



プロキシファイルのレンダリング設定

あくまで編集時のみ一時的に使用するファイルになるので

画質の設定は『現在の設定』もしくは『ドラフト』設定でいいかと思いますd( ̄  ̄)

最高 ▶︎ 主に最終出力のレンダリングに使用します。

ドラフト▶︎ モーションの確認やテストに適しています。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成 レンダリング設定 画質 ドラフト



解像度は1/2 もしくは1/3くらいがいいかと思います。

解像度を落としすぎるとカラーやエフェクトなど映像の良し悪しの判断がつかなくなってしまうので注意してくださいd( ̄  ̄)

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成 レンダリング設定 解像度



『プロキシを使用』の設定ではレンダリングに現在設定しているプロキシファイルを使用するかしないかを設定することができます。

例えば

今回プロキシファイルを作成しようとしているコンポジション内に1/2の解像度で作成したプロキシファイルを使ってるとしたら

その解像度1/2のプロキシファイルを使って、再度解像度1/2のプロキシファイルを作成することになるので

実質的に最終フッテージの1/4の解像度のプロキシファイルができてしまいます。

なのでここでは『プロキシを使用しない』

もしくは他にプロキシファイルを使っていなければ『現在の設定』で問題ありません。

もし充分な解像度のプロキシを使用している場合には

『すべてのプロキシを使用』もしくは『コンポジションプロキシのみを使用』を使った方が

書き出し時間は短くて済みますd( ̄  ̄)

他の設定はそのままで問題ないので、右下の『OK』をクリックして閉じてください。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成 レンダリング設定 プロキシを使用



出力モージュール設定

レンダーキューから『出力モジュール』をクリックして

出力モジュールパネルを表示させます。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成 出力モジュール設定




最初に『プロキシを作成』を選択してレンダーキューを立ち上げた時点で

『レンダリング後の処理』は『プロキシ設定』になっています。

普通にレンダキューから書き出しをする場合には

この『レンダリング後の処理』は『なし』に設定されているので

『レンダリング後の処理』の設定を『プロキシ設定』に変更して書き出せば

書き出したファイルをプロキシとして設定することができます。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成 出力モジュール設定 レンダリング後の処理



ちなみに書き出したフッテージをプロキシファイルとして設定したい場合には

プロキシを設定したいフッテージ、もしくはコンポジションを選択した状態で

右クリックメニューから『プロキシ設定』➡︎ 『ファイル』➡︎ プロキシとして使用したいフッテージを選択すると

指定したフッテージをプロキシとして利用することができます。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ設定 ファイル



プロキシファイルの保存場所

プロキシファイルの保存場所は

オリジナルのフッテージとプロキシ用として作成したプロキシファイルが混同しないように

別フォルダ(プロキシ専用フォルダ【proxy】)を作って保存することをオススメしますd( ̄  ̄)

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 出力設定 新規フォルダ



プロキシファイルを別フォルダへ保存する場合には

レンダキューから『出力先』をクリックして

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 出力設定



別フォルダとして新規作成したフォルダ(プロキシ専用フォルダ【proxy】)を保存先に選択して設定を保存します。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 出力先 新規フォルダ 指定



レンダリングをクリックして書き出します。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 レンダリング



書き出したプロキシ用のフッテージがプロキシ専用フォルダ【proxy】へ保存されます。

これでプロキシファイルの作成が完了しました。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシファイル 保存




プロキシファイルの使い方


プロキシファイルの設定と解除

プロキシファイルを作成する際に、レンダリング後の処理を『プロキシ設定』にしているので

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ 作成 出力モジュール設定 レンダリング後の処理



レンダリング後は自動でプロキシファイルが適用されます。

プロキシファイルを作成したコンポジションを選択すると

通常のファイルデータとは別に右側にプロキシファイルのデータが表示されるようになります。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシファイル  適用



プロキシファイルを作成したフッテージの左側には

実際のフッテージとプロキシのどちらが使用されているかを示すチェックボックスが付きます。

塗りつぶされたボックスはプロキシファイルを使用中

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシファイル  ボックス



塗りつぶされていないボックスはオリジナルのフッテージを使用中ということになります。

ワンクリックでオリジナルのフッテージとプロキシファイルを切り替えることができるのでとても便利ですd(^ ^)

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシファイル  解除


あと、プロキシを使用しているときはプレビュー画面の下に『プロキシ使用中』と表示されます。

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシ使用中



プリレンダリングとの使い分け

『プリレンダリング』とは

エフェクトをたくさん使ったような重いレイヤーが多く含まれるコンポジションを一度書き出して

その書き出したフッテージを読み込んで代替使用することをいいますd( ̄  ̄)

重たいシーンや繰り返し使うシーンをその都度レンダリングすると毎回時間がかかってしまうので

コンポジションを小まめに『プリレンダリング』することで余計なレンダリング時間を大幅に減らすことができます。


ん?『プリレンダリング』と『プロキシ』は何が違うの(゚∀゚;)!?



と疑問を抱く方も多いかと思います(ー ー;)



双方の違いを大まかに説明すると

『プロキシ』はプロキシファイルとして作成した代替ファイルを

オリジナルのコンポジションやフッテージとリンクさせて低解像度で表示させることで

レンダリングスピードが上がりますd( ̄  ̄)

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プロキシ プリレンダリング 違い


一方、『プリレンダリング』はコンポジションを一度フッテージとして書き出し

その書き出したフッテージとオリジナルのコンポジションを差し替えることで

レンダリング速度を上げる方法になります。

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プロキシ プリレンダリング 違い



『プロキシ』はフッテージにもコンポジションにも代替ファイル(プロキシファイル)を作成して

ワンボタンで簡単に切り替えながら作業することができますが

Adobe CC After Effects プロキシ 設定 方法 解説 プロキシファイル  ボックス


『プリレンダリング』はコンポジションにのみ適用可能で

一度レンダリングしたフッテージをコンポジションと差し替えて使用するので

追加や変更があるときにはオリジナルのコンポジションを再度差し替えて編集する必要があります。

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プロキシ プリレンダリング 違い


使い分けとしては

『プリレンダリング』してコンポジションを一度フッテージ化して使った方がレンダリングは早いので

まだまだ編集する可能性がある重たいコンポジションは『プロキシ』

もう編集する可能性が少ない重たいコンポジションは『プリレンダリング』

をするといいかと思いますd( ̄  ̄)



『プリレンダリング』する方法

『プリレンダリング』でフッテージ化したいコンポジションの中に入ってから

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 コンポジション



上部メニューのコンポジション ➡︎ プリレンダリングを選択します。

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリレンダリング



レンダーキューが立ち上がって、出力モジュール設定を開くと

普段はデフォルトで『なし』になっているレンダリン後の処理が『読み込み&使用の置き換え』になっています。

これで書き出した後は自動で選択したコンポジションが書き出したフッテージと入れ替わりますd( ̄  ̄)

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリプリレンダリング 出力モジュール設定



プリレンダリングとして書き出したフッテージは他の素材と混同するとわからなくなってしまうので

できれば専用のフォルダ(Pre-rendering)を作成して

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリプリレンダリング 新規フォルダ作成



レンダーキューの『出力先』から新規作成したフォルダ(Pre-rendering)を指定して設定を保存します。

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリプリレンダリング 新規フォルダ作成 保存先



右端の『レンダリング』をクリックしてレンダリングを開始します。

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリプリレンダリング 書き出し



書き出しが終了したら、指定した保存先(Pre-renderingフォルダ)へフッテージが保存されます。

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリレンダリング 書き出し フッテージ



プロジェクトを確認すると選択したコンポジションと書き出したフッテージが自動で置き換わっています。

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリレンダリング 書き出し フッテージ 置き換え



『プリレンダリング』したフッテージのラベルカラーは変更しておくとわかりやすいですd( ̄  ̄)

Adobe CC After Effects 容量 軽く サクサク 動く 方法 プリレンダリング 書き出し フッテージ 置き換え ラベルカラー 変更


『プロキシ』と違いワンボタンでオリジナルと切り替えることはできないので

フッテージ化したコンポジションの内容を変更したくなったら

再度オリジナルのコンポジションと差し替えて、編集する必要があります。



最後に

プロキシを上手く活用することで

コンポジションの設定を変えることなく快適に作業してから

書き出し時には高画質な4K映像など最終フッテージへ変換して書き出すことができますd( ̄  ̄)


各シーケンスのコンポジションも個別にプロキシ変換ができるので

レンダリングが遅くなってきたシーケンスはプリコンポーズして、そのままプロキシへ変換しましょう(´∀`*)




以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です