【After Effects】無料プラグイン VC REFLECTの使い方

VC REFLECTの使い方

Adobe After Effects CC 40

無料プラグイン VC REFLECTの使い方

大人気無料プラグイン『Saber』でお馴染みのVideo Copilot社が公開している無料プラグイン『VC REFLECT』の使い方について解説をしていきます。
VC REFLECT』は簡単に高品質な影・鏡面反射を作れるプラグインになります。3Dやカメラにも対応していますし、フッテージを置き換えることで設定も引き継ぐことができるのでとても便利です。ぜひ使用してみてください。

*『VC REFLECT』のダウンロード方法については以下の記事をご参照下さい
  ⬇︎⬇︎

Video Copilot社の無料プラグイン VC REFLECT 【After Effects】無料プラグイン VC REFLECT


*『VC REFLECT』のダウンロード・インストール・使用方法について解説した
 動画を作りました。ぜひ参考にしてください。



VC REFLECT』の使い方

VC REFLECT』を順を追って解説していきます。

VC REFLECT』をダウンロードするとエフェクト➡︎Video Copilot➡︎VC REFLECTが表示されます。

エフェクトのVC REFLECTを選択

VC REFLECT』はテキストやシェイプ、その他フッテージの全てに適応して影や鏡面反射を作ることができます。

VC REFLECTをテキストに適応
テキストに適用
VC REFLECTをシェイプに適応
シェイプに適用



VC REFLECT』エフェクトコントロールパネル解説

エフェクトコントロールパネルの項目を1つずつ解説していきます。

『Floor Position』


テキストに『VC REFLECT』を適用すると、まずはプレビュー上に反射が表示されていない状態で適用されます。

VC REFLECTエフェクトコントロールパネル

VC REFLECTをテキストに適用


『Floor Position』で反射の位置を調整することができます。
位置を調整する方法は3つあります。1つ目はプレビュー画面の下に表示されているポイントをドラッグすると反射したテキストの位置を動かすことができます。

プレビュー画面の移動ポイント


2つ目はコントロールパネルのターゲットボタンをクリックすると、十字の位置調整カーソルが表示されるので、動かしたい場所へ調整しクリックすることで反射の位置を移動することができます。

移動カーソル表示
位置調整カーソル表示
VC REFLECT 位置調整・移動
位置調整後


3つ目はコントロールパネルのX軸とY軸の値を調整することで、反射の位置を移動することができます。

Floor PositionのX軸Y軸で位置調整



『Reflection Angle』

VC REFLECT REFLECTION ANGLE


『Reflection Angle』は反射した影を回転させ位置を調整することができます。

VC REFLECT REFLECTION ANGLE 350°
Reflection Angle 350°

Reflection Angle 350°
Reflection Angle 350°



『Reflection Distance』

Reflection Distance


『Reflection Distance』は和訳の通り反射距離を調整することができます。

Reflection Distance 100%に設定
Reflection Distance 100%

Reflection Distance 100%プレビュー
Reflection Distance 100%
Reflection Distance 50%に設定
Reflection Distance 50%

Reflection Distance 50%プレビュー
Reflection Distance 50%



Reflection Falloff』

Reflection Falloff


『Reflection Falloff』は影の反射距離を縮めたり伸ばしたりなど外に広げるように影を調整することができます。『Reflection Distance』に似ていますが、『Reflection Distance』は表示されている影をそのまま調整しますが、『Reflection Falloff』は影そのものを遠方に広げながら光を調整していくような感じなので、影が本体(テキスト)の遠くになると薄く、近くなると濃くなるように不透明度も同時に調整することになります。
『Reflection Distance』で影の幅を調整し、『Reflection Falloff』で影の遠近感を調整することができます。
デフォルトでは0.50となっています。

Reflection Falloff0.50
Reflection Falloff 0.50

Reflection Falloff 0.50
Reflection Falloff 0.50
Reflection Falloff 0.20
Reflection Falloff 0.20

Reflection Falloff 0.80
Reflection Falloff 0.80



『Skew』

VC REFLECT-Skew

『Skew』は和訳で斜めという意味ですので、Skewの値を調整すると影を斜め方向に動かすことができます。
デフォルトは0.0で設定されていますが、マイナス数値で左斜め方向、プラス数値で右斜め方向に動かすことができます。

VC REFLECT Skew -40.0
Skew -40.0
VC REFLECT Skew 40.0
Skew 40.0



『Tint』

VC REFLECT Tint


『Tint』は和訳で色合いという意味ですので、影の色を変更することができます。デフォルトではホワイトに設定されています。

VC REFLECT Tint Red
Tint Red
VC REFLECT Tint Blue
Tint Blue



『Opacity』

VC REFLECT Opacity


『Opacity』で反射した影の不透明度を調整することができます。デフォルトで100.0%に設定されています。

VC REFLECT Opacity 80.0%
Opacity 80.0%
VC REFLECT Opacity 20.0%
Opacity 20.0%



『Blur Type』

VC REFLECT Blur Type


『Blur Type』は3つのブラー設定(Blur Amount、Blur Offset、Blur Falloff)の値を調整した際に、ブラーのタイプを『Drectional』か『Falloff』から選択することができます。『Drectional』は普段使っているブラーと同じようにブラーを適用することができるタイプで、『Falloff』は全体的にブラーが縮まったような形で適用することができます。
プレビューをみながらお好みで選択しましょう。

VC REFLECT Blur Type
VC REFLECT Blur Type Directiobal
Blur Type Directiobal
VC REFLECT Blur Type Falloff
Blur Type Falloff



『Blur Amount』

VC REFLECT Blur Amount


『Blur Amount』はぼかしの量を調整することができます。この『Blur Amount』の数値をあげていないと『Blur Offset』『Blur Falloff』の設定はできません。

VC REFLECT Blur Amount 2.5  Directional
Blur Amount 2.5 Directional
VC REFLECT Blur Amount 10.0 Directional
Blur Amount 10.0 Directional
VC REFLECT Blur Amount 2.5 falloff
Blur Amount 2.5 falloff
VC REFLECT Blur Amount 10.0 falloff
Blur Amount 10.0 falloff



『Blur Offset』

VC REFLECT Blur Offset


『Blur Offset』はテキスト本体を基準としてブラーのかかり具合を広げることができます。

VC REFLECT Blur Offset 20.0  Directional
Blur Offset 20.0 Directional
VC REFLECT Blur Offset 80.0  Directional
Blur Offset 80.0 Directional
VC REFLECT Blur Offset 20.0 Falloff
Blur Offset 20.0 Falloff
VC REFLECT Blur Offset 80.0 Falloff
Blur Offset 80.0 Falloff



『Blur Falloff』

VC REFLECT Blur Falloff


『Blur Falloff』はデフォルトは0.50で設定されており、数値を下げることで外側に引っ張られるようなブラーの拡大にすることができます。

VC REFLECT Blur Falloff 0.20 Drectional
Blur Falloff 0.20 Drectional
VC REFLECT Blur Falloff 0.80 Drectional
Blur Falloff 0.80 Drectional
VC REFLECT Blur Falloff 0.20 Falloff
Blur Falloff 0.20 Falloff
VC REFLECT Blur Falloff 0.80 Falloff
Blur Falloff 0.80 Falloff



『Blend Style』

VC REFLECT Blend Style


『Blend Style』は本体(テキスト)と影の位置関係を調整することができます。『Composite』『Behind Original』『Reflection Only』の3つから選択することができます。


『Blend Style』を『Composite』に設定すると位置関係は本体(テキスト)も影も同一で表示されます。

『Blend Style』を『Composite』に設定
Blend Style Composite


『Blend Style』を『Behind Original』に設定すると、位置関係は本体(テキスト)の方が影よりも前面の位置に表示されます。
この『Behind Original』が影を表現をするには最も適しています。

『Blend Style』を『Behind Original』に設定
Blend Style Behind Original


『Blend Style』を『Reflection Only』に設定すると、オリジナル(テキスト)は非表示となり、作成した反射のみが表示されます。

『Blend Style』を『Reflection Only』に設定
Blend Style Reflection Only





以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です