【Photoshop】油絵のようなペイント画像を簡単に作る方法

油絵のようなペイント画像を簡単に作る方法

Adobe Photoshop CC 17

油絵のようなペイント画像を簡単に作る方法

今回は無料配布されているアクション素材『Painterly』を使って油絵のようなペイント画像を簡単に作る方法を解説していきます。

Adobe Photoshopで作られた『アクション素材』を読み込んで『アクション』するだけで、簡単にプロ並みの編集加工を加えることができます。もの凄く簡単で便利な機能ですので、ぜひ一度使ってみてください。

*『アクション機能』『アクション素材』について解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

時短最強機能 Photoshop アクション 【Photoshop】時短最強機能!!『アクション』


『アクション素材(Painterly)』を使って、このような感じ⬇︎⬇︎のスタイルに簡単に編集する方法を解説していきます。

Photoshop action Paintely  適用前
Before
Photoshop action Paintely  適用後
After

*アクション素材『Painterly』のダウンロード・インストール方法と使用
 方法を解説した動画作りました⬇︎⬇︎



アクション素材を使った画像編集方法

Photoshopアクション素材Painterly

アクション素材(Painterly)を使って画像編集する方法を順を追って解説していきます。

注意
開始する前にアクション素材を使用したアクションはPhotoshopの英語版を使用しないとエラーを起こしてしまう可能性が高いので、アクション素材を使うときだけでも一度英語版に切り替えておきましょう。英語版への切り替えは簡単にできます。

*Photoshopを英語版へ切り替える方法はこちら⬇︎⬇︎

Photoshopを日本語以外に言語設定がない場合に英語表示へ切り替える方法 【Photoshop】日本語以外設定がない場合に英語表示へ切り替える方法


まずアクション素材『Painterly』のダウンロードサイトへ入ります。


Photoshop Action Paintelyダウンロードサイト


下へスクロールしていくと『Downlad the painterly Photoshop Action』があるのでクリックします。

『Downlad the painterly Photoshop Action』があるのでクリック


右上にダウンロードとあるのでクリックし、『直接ダウンロード』を選択します。


『painterly-photoshop-action-create-download.zip』がダウンロードされるので展開して『painterly-photoshop-action-create-download』フォルダを表示させます。

『painterly-photoshop-action-create-download.zip』がダウンロードされる


『painterly-photoshop-action-create-download』フォルダ内に入っているファイルをPhotoshopに読み込んでいきます。


Photoshopを開いて、上部メニューのWindows➡︎Patternsを選択します。

Windows➡︎Patternsを選択


表示されたPatatterns設定パネルの右上にあるメニューをクリックします。

Patatterns設定パネルの右上にあるメニューをクリック


メニューの中から『Import Patterns』を選択します。

メニューの中から『Import Patterns』を選択


ダウンロードしておいた『painterly-Patterns.pat』を選択して、開くをクリックします。

『painterly-Patterns.pat』を選択して開くをクリック


Patternsに『Painterly – Patterns』が追加されました。

Patternsに『Painterly - Patterns』が追加


次はブラシを読み込んでいきます。
上部メニューのWindow➡︎Brushesを選択します。

Window➡︎Brushesを選択


表示されたBrushes設定パネルの右上のメニューボタンをクリックします。

Brushes設定パネルの右上のメニューボタンをクリック


表示されたメニューからImport Brushesを選択します。

メニューからImport Brushesを選択


ダウンロードしておいた『Painterly – Brushes.abr』を選択して開くをクリックします。

ダウンロードしておいた『Painterly - Brushes.abr』を選択して開くをクリック


Brushes設定パネルに『Painterly – Brushes』が読み込まれました。

Brushes設定パネルに『Painterly - Brushes』が読み込まれる


次にアクション素材を読み込んでいきます。
上部メニューのWindow➡︎Actionを選択します。

アクション操作パネルを表示


Actions設定パネルが表示されるので右上のメニューボタンをクリックします。

アクション操作パネルの右上のメニューをクリック


表示されたメニューからLoad Actionsを選択します。

表示されたメニューの中から『Load Actions』を選択


ダウンロードしておいた『Painterly – Action.atn』を選択して開くをクリックします。

『Painterly - Action.atn』を選択して開くをクリック


Action操作パネルに『Painterly Photoshop Action』が読み込まれました。これで今回のアクションに必要なファイルは全て読み込み完了です。

Action操作パネルに『Painterly Photoshop Action』が読み込まれる


アクションを適用したい素材を読み込みます。

アクションを適用したい素材を読み込む


読み込んだ素材のレイヤー名が『Background』の背景レイヤーで鍵マークが表示されていることを確認してください。もしレイヤー名(Background)が一字でも違っていたり、背景レイヤーとして鍵マークがついていなければ、アクションを実行する際にエラーを起こしてしまいます。

読み込んだ素材のレイヤーが背景レイヤーに設定され『鍵マーク』がついていることと、名前が『Background』になっているか確認


もしレイヤー名が『Background』ではなかったり、背景レイヤーとして鍵マークが表示されていない場合には、レイヤーを選択した状態で上部メニューからLayer➡︎New➡︎Background from Layerを選択して背景レイヤーに変更しておいてください。

鍵マークがついてない場合はLayer➡︎Layer from Backgroundを選択


Action操作パネルを開いて、読み込んでおいた『Paoterly – Photoshop Action』グループ内にある『PAINTERLY』を選択した状態で下にある▶️アイコンをクリックします。

『PAINTERLY』を選択した状態で下にある▶️アイコンをクリック


しばらく待つと『Painterly』のアクションが適用され、素材が自動で加工されます。

『Painterly』のアクションが適用され、素材が自動で加工される


アクションで追加されたレイヤーグループ『Painterly – OUTPUT』内の様々なレイヤーを調整することで、加工された画像をさらにアレンジすることができます。たくさんの調整レイヤーが準備されているので、ぜひ色々と試してみてください。

レイヤーグループ『Painterly - OUTPUT』内の様々なレイヤーを調整することで、加工された画像をさらにアレンジすることができる


準備された加工レイヤーは、表示非表示を切り替えるだけでいろんな編集を加えることができます。

Painterlyサンプル画像1
Painterlyサンプル画像3
Painterlyサンプル画像2
Painterlyサンプル画像4


加工がきつすぎると感じる部分は、表示して適用したレイヤーを選択した状態でブラシツールを選択し、描写色・背景色を入れ替えながらなぞれば、部分的に消したり戻したり加工を調整することができます。


お好みで調整し完成です。



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です