【Photoshop】レトロなハーフトーン画像を簡単に作る方法

Photoshop アクションでレトロなハーフトーン画像を簡単に作る方法

Adobe Photoshop CC 22

レトロなハーフトーン画像を簡単に作る方法

今回は無料配布されているアクション素材『Halftone Automator』を使って、レトロなハーフトーン画像を簡単に作る方法を解説していきます。

ハーフトーンとは画像内の異なるグレーの濃度を、さまざまなサイズのドットで表現した単色画像になります。



『アクション素材(Halftone Automator)』を使うことで、簡単にこのような感じ⬇︎⬇︎のハーフトーン画像に編集することができます。

Photoshop Action Halftone Automator 適用前
Before
Photoshop Action Halftone Automator  適用後
After
Photoshop Action Halftone Automator 適用後
After(拡大)
Halftone_AutomatorとDuotone
+Duotone


Adobe Photoshopで作られた『アクション素材』を読み込んで『アクション』するだけで、簡単にプロ並みの編集加工を加えることができます。もの凄く簡単で便利な機能ですので、ぜひ一度使ってみてください。

*『アクション機能』『アクション素材』について解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

時短最強機能 Photoshop アクション 【Photoshop】時短最強機能!!『アクション』



アクション素材『Halftone Automator』を使った画像編集方法

Photoshop Action Halftone Automator

アクション素材『Halftone Automator』のダウンロードから使用方法まで順を追って解説していきます。

注意
開始する前にアクション素材を使用したアクションはPhotoshopの英語版を使用しないとエラーを起こしてしまう可能性が高いので、アクション素材を使うときだけでも一度英語版に切り替えておきましょう。英語版への切り替えは簡単にできます。


*Photoshopを英語版へ切り替える方法はこちら⬇︎⬇︎

Photoshopを日本語以外に言語設定がない場合に英語表示へ切り替える方法 【Photoshop】日本語以外設定がない場合に英語表示へ切り替える方法



Halftone Automator』ダウンロード方法

まずアクション素材『Halftone Automator』の無料配布サイトへ入ります。

*『Halftone Automator』のダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。予めご了承ください。

アクション素材『Halftone Automator』の無料配布サイト


下にスクロールしていくと『Enter your email address』とあるので、メールアドレスを入力し、下のプライバシーポリシー同意にチェックを入れてから『DOWNLOAD FILES』をクリックします。

メールアドレスを入力し、下のプライバシーポリシー同意にチェックを入れてから『DOWNLOAD FILES』をクリック


登録したメールアドレスにダウンロードリンクが送信されたと表示されます。

登録したメールアドレスにダウンロードリンクが送信


メールを確認し『Halftone_Automator.zip』というリンクがあるのでクリックします。

メールを確認し『Halftone_Automator.zip』というリンクをクリック


『Halftone_Automator.zip』がダウンロードされるので、展開して『Halftone_Automator』フォルダを表示させておきます。

『Halftone_Automator.zip』がダウンロードされる



『Halftone Automator』インストール・使用方法

Photoshopを開き、アクションを適用した素材を読み込みます。

Photoshopを開き、アクションを適用した素材を読み込む


読み込んだ素材のレイヤー名が『Background』の背景レイヤーで鍵マークが表示されていることを確認してください。もしレイヤー名(Background)が一字でも違っていたり、背景レイヤーとして鍵マークがついていなければ、アクションを実行する際にエラーを起こしてしまいます。

読み込んだ素材のレイヤーが背景レイヤーに設定され『鍵マーク』がついていることと、名前が『Background』になっているか確認


もしレイヤー名が『Background』ではなかったり、背景レイヤーとして鍵マークが表示されていない場合には、レイヤーを選択した状態で上部メニューからLayer➡︎New➡︎Background from Layerを選択して背景レイヤーに変更しておいてください。

鍵マークがついてない場合はLayer➡︎Layer from Backgroundを選択


上部メニューのWindow➡︎Actionを選択してアクション操作パネルを表示させます。

Window➡︎Actionを選択してアクション操作パネルを表示させる


アクション操作パネルの右上のメニューボタンをクリックします。

Action設定パネルの右上のメニューを開く


表示されたメニューから『Load Actions』を選択します。

表示されたメニューから『Load Actions』を選択


ダウンロードしておいた『Halftone_Automator』フォルダ内にある『Halftone_Automator.atn』を選択し、開くをクリックします。

ダウンロードしておいた『Halftone_Automator』フォルダ内にある『Halftone_Automator.atn』を選択し、開くをクリック


『Halftone_Automator』がインストールされ、フォルダを開くと『Dots』『Diagonal Lines』『Horizontal Lines』の3種類があり、それぞれスモールからギガンティックまで生成する画像サイズを選択することができます。

『Halftone_Automator』インストール


今回は『Diagonal Lines – Large』を選択し、下のスタートボタンをクリックします。

『Diagonal Lines - Large』を選択し、下のスタートボタンをクリック


自動で『Brightness/Contrast』『Bitmap』『Halftone Screen』の調整パネルが表示されます。仕上がりをプレビューでみながら調整できないので不便ですが、機会があれば微調整してみてください。『Halftone Screen』のFrequencyはドットやラインの太さや幅を調整できるのでお好みで設定しましょう。
今回はとりあえず全てそのままOKをクリックします。

『Brightness/Contrast』
『Bitmap』
『Halftone Screen』


アクション『Diagonal Lines – Large』が適用されました。今回のアクション素材『Halftone Automator』は他のアクション素材と違い、別のアートボードに自動で作成されます。何種類か作成してアートボードを切り替えることで比較ができるのでとても便利です。

アクション『Diagonal Lines - Large』が適用される


これで完成です。あとはテキストや色をお好みで調整してください。

Photoshop Action Halftone Automator 適用後


下の写真は『Dots』『Diagonal Lines』『Horizontal Lines』のアクションを適用した画像をそれぞれ拡大したものになります。

Dots – Large
Diagonal Lines – Large
Horizontal Lines – Large



よりお洒落に仕上げる方法

アクション素材『Halftone_Automator』は、『デュオトーン』と相性がとてもいいです。『Halftone_Automator』を適用した後にぜひデュオトーン加工してみてください。

Halftone_AutomatorとDuotone

*アクション素材を使ってデュオトーン加工をする方法⬇︎⬇︎

フォトショップ アクションでデュオトーン画像を簡単に作る方法 【Photoshop】スタイリッシュなデュオトーン画像を簡単に作る方法


*グラデーションマップでデュオトーン加工をする方法⬇︎⬇︎

フォトショップグラデーションマップでデュオトーン画像を簡単に作る方法 【Photoshop】グラデーションマップでデュオトーン画像を簡単に作る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です