【Photoshop】鉛筆で描いたようなスケッチ画を簡単に作る方法

フォトショップアクションで鉛筆で描いたようなスケッチ画像を簡単に作る方法

Adobe Photoshop CC 22

鉛筆で描いたようなスケッチ画を簡単に作る方法

今回は無料配布されているアクション素材『4 Free Artistic Paint, Sketch & Ink Photo Effects』を使って、鉛筆で描いたようなスケッチ画像を簡単に作る方法を解説していきます。

『アクション素材(4 Free Artistic Paint, Sketch & Ink Photo Effects)』を使うことで、簡単にこのような感じ⬇︎⬇︎のスケッチ画像に編集ができます。

フォトショップアクション Artistic Effects 編集前
Before
フォトショップアクション Artistic Effects 編集後
After

Adobe Photoshopで作られた『アクション素材』を読み込んで『アクション』するだけで、簡単にプロ並みの編集加工を加えることができます。もの凄く簡単で便利な機能ですので、ぜひ一度使ってみてください。

*『アクション機能』『アクション素材』について解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

時短最強機能 Photoshop アクション 【Photoshop】時短最強機能!!『アクション』


*アクション素材『4 Free Artistic Paint,Sketch & Ink Photo Effects』のダウンロ
 ード・インストール方法と使用方法を解説した動画作りました⬇︎⬇︎



アクション素材『4 Free Artistic Paint,Sketch & Ink Photo Effects』を使った画像編集方法

アクション素材『4 Free Artistic Paint,Sketch & Ink Photo Effects』のダウンロードから使用方法まで順を追って解説していきます。

注意
開始する前にアクション素材を使用したアクションはPhotoshopの英語版を使用しないとエラーを起こしてしまう可能性が高いので、アクション素材を使うときだけでも一度英語版に切り替えておきましょう。英語版への切り替えは簡単にできます。


*Photoshopを英語版へ切り替える方法はこちら⬇︎⬇︎

Photoshopを日本語以外に言語設定がない場合に英語表示へ切り替える方法 【Photoshop】日本語以外設定がない場合に英語表示へ切り替える方法


『4 Free Artistic Paint,Sketch & Ink Photo Effects』ダウンロード方法

アクション素材『4 Free Artistic Paint,Sketch & Ink Photo Effects』の無料配布サイトへ入ります。

アクション素材『4 Free Artistic Paint,Sketch & Ink Photo Effects』の無料配布サイト


下にスクロールしていくと『DOWNLOAD THE FREE ARTISTIC PHOTO EFFECT ACTION』とあるのでクリックします。

『DOWNLOAD THE FREE ARTISTIC PHOTO EFFECT ACTION』とあるのでクリック


『Artistic-Photo-Effect-Actions.zip』がダウンロードされるので、展開して『Artistic Photo Effect Actions』フォルダを表示させておきます。



4 Free Artistic Paint,Sketch & Ink Photo Effects』インストール・使用方法

Photoshopを開き、アクションを適用した素材を読み込みます。


読み込んだ素材のレイヤー名が『Background』の背景レイヤーで鍵マークが表示されていることを確認してください。もしレイヤー名(Background)が一字でも違っていたり、背景レイヤーとして鍵マークがついていなければ、アクションを実行する際にエラーを起こしてしまいます。


もしレイヤー名が『Background』ではなかったり、背景レイヤーとして鍵マークが表示されていない場合には、レイヤーを選択した状態で上部メニューからLayer➡︎New➡︎Background from Layerを選択して背景レイヤーに変更しておいてください。

鍵マークがついてない場合はLayer➡︎Layer from Backgroundを選択


上部メニューのWindow➡︎Actionを選択してアクション操作パネルを表示させます。

Window➡︎Actionを選択してアクション操作パネルを表示させる


アクション操作パネルの右上のメニューボタンをクリックします。

Action設定パネルの右上のメニューを開く


表示されたメニューから『Load Actions』を選択します。

表示されたメニューから『Load Actions』を選択


ダウンロードしておいた『Artistic Photo Effect Actions』フォルダ内にある『Artistic-Photo-Effects.atn』を選択し、開くをクリックします。

『Artistic-Photo-Effects.atn』を選択し、開くをクリック


アクションに『Artistic Effects』が追加され、そのフォルダ内に4種類のエフェクトアクションが収納されています。

アクションに『Artistic Effects』が追加される


鉛筆で描いたようなスケッチ画像に加工するには『Skeched Effect』を選択し、下の▶️ボタンをクリックします。

『Skeched Effect』を選択し、下の▶️ボタンをクリック


『Skeched Effect』アクションが適用され、鉛筆で描いたようなスケッチ画像へ加工されました。

『Skeched Effect』アクションが適用


*今回の方法でもしスケッチ画像の編集が上手くいかない時はこの記事⬇︎⬇︎方法
 を試してみてください。

イラスト風に編集する方法 【Photoshop】イラスト風に編集する方法


よりスケッチ感を出す方法

よりスケッチ感を出すために『Background』レイヤーを選択した状態で上部メニューからFilter➡︎Filter Galleryを選択します。

『Background』レイヤーを選択した状態で上部メニューからFilter➡︎Filter Galleryを選択


Filter Galleryに用意されている様々なプリセットを適用することで、より手書きに近い加工にすることができます。おすすめは『Texturizer』『Film Grain』です。

フィルターギャラリーテクスチャーライザー
Texturizer
フィルターギャラリーフィルムグレイン
Film Grain
フォトショップアクション Artistis Effect
Nomal
フィルターギャラリーコントクレヨン
Conte Crayon
フィルターギャラリーグラフィック
Graphic Pen
フィルターギャラリーノートペーパー
Note Paper



『Skeched Effect』以外の3種類のアクションとは!?

今回は『Skeched Effect』を使用しましたが、他3種類のアクション素材がどのようなものであるか簡単に解説しておきます。


『Painted Effect』はより実写に近い質感をイラスト調で表現することができるアクションです。

『Painted Effect』はより実写に近い質感をイラスト調で表現することができるアクション


『Watercolor Effect』は絵の具を使って描いた水彩画のような質感を表現することができるアクションです。

『Watercolor Effect』は絵の具を使って描いた水彩画のような質感を表現することができるアクション


『Inked Effect』はインクで印刷されたような加工をつけることができるアクションです。

『Inked Effect』はインクで印刷されたような加工をつけることができるアクション


*Photoshopを使って別の方法でイラスト風に編集する方法を解説した記事です
 ⬇︎⬇︎

イラスト風に編集する方法 【Photoshop】イラスト風に編集する方法




以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です