// アナリティクス
【最大50%OFF!!】『Motion Design School』のサマーセール開催中!!

【After Effects】スクリプトファイル(.jsx、.jsxbin)を利用する方法と注意点

Adobe After Effects free script install スクリプト 無料 インストール 方法 使い方

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Adobe After Effects CC 43

今回はネット上に無料配布されているスクリプトや販売されているスクリプト(.jsx、.jsxbin)を

『Adobe After Effects 』で利用する方法と注意点について解説をしていきますd(゚∀゚)


スクリプトは基本的に海外で作られていることが多いので『After Effects』日本語版を使用されている方は正しく動作しないことがあります。

*『After Effects』を英語版で使用する方法を解説した記事はこちら⬇︎⬇



*スクリプトファイル(.jsx、.jsxbin)を利用する方法と注意点について解説した動画はこちら⬇︎⬇︎




After Effects でスクリプト(.jsx、.jsxbin)を使用する方法と注意点

『After Effects』で使用できるスクリプトファイルの拡張子は『jsx』や『jsxbin』で

このスクリプトファイルを『After Effects』で開く、もしくはインストールすることで便利な機能を使用することができるようになりますd(゚∀゚)

『Adobe After Effects』でスクリプトを使用する方法は以下の2つがあります⬇︎⬇︎

直接スクリプトファイルを起動して使用する方法の注意点


直接スクリプトファイルを起動して使用する方法は、一時的にスクリプトファイルを読み込んで利用するだけなので、毎回スクリプトファイルを読み込んで起動する必要があります。

ですので、お試しにスクリプトの機能を使ってみたいときにこの方法で利用したりします。

スクリプトファイルは海外で作られたものが多いので、日本語版のAfter Effectsでは正しく機能しないことが多々あります。

ネット上に無料配布されているものには、日本語版ではバグが発生してしまったり上手く動作しないものもあるので

試験的に利用するためにはこの一時的にスクリプトファイルを読み込んで利用する方法で

一度試してみることをお勧めしますd( ̄  ̄)

直接スクリプトファイル(.jsx、.jsxbin)を起動して使用する方法

この方法はダウンロードしたスクリプトファイルをとりあえずお試しに使ってみたい時に有効な方法です。

After Effects を開き、上部メニューのファイル➡︎スクリプト➡︎スクリプトファイルを実行を選択します。

スクリプトファイルを実行を選択 


手に入れたスクリプトの拡張子が『.jsx』の場合には、下にある使用可能から『Adobe JavaScriptファイル』を選択し開くことで、一時的にスクリプトを実行することができます。

『Adobe JavaScriptファイル』を選択し開く


手に入れたスクリプトの拡張子が『.jsxbin』の場合には、下にある使用可能から『Adobe ExtendScript バイナリファイル』を選択し開くことで、一時的にスクリプトを実行することができます。

『Adobe ExtendScript バイナリファイル』を選択し開く


スクリプトファイルを『After Effects』にインストールして使用する方法の注意点

こちらの方法は『After Effects』へスクリプトファイルを保存して利用するので

上記で解説した一時的な方法⬆︎⬆︎と違い、保存したスクリプトを『After Effects』で継続して利用することできます。

安心して使用できることが確認できているので、継続して利用したいスクリプトはこちらの方法がおすすめですd(゚∀゚)

ただし、スクリプトの安全性が保証されていなかったり、どこで作られたかわからない怪しいスクリプトなどはインストールしてバグを起こしてしまうと

『After Effects』を一度アンインストールしないといけない事態になってしまうこともあるので

心配な場合は一時的に開く方法で安全性と機能性を確認しましょうd( ̄  ̄;)

スクリプトファイルをAfter Effects にインストールして使用する方法

この方法はAfter Effects にスクリプトファイルを保存して使用するので、お気に入りのスクリプトをすぐに呼び出して使用したい場合におすすめの方法です。


アプリケーション一覧からご利用中のAfter Effectsファイル を開きます。

アプリケーション一覧でAfter Effects のファイルを開く


Scriptsのフォルダを開きます。

Scriptsのフォルダを開く


ScriptUl Panelsを開きます。

ScriptUl Panelsを開く


ScriptUl Panelsフォルダの中に、使用したいスクリプトファイル(.jsx、.jsxbin)を追加します。

ScriptUl Panelsに使用したいスクリプトファイル(.jsx、.jsxbin)をドラッグ&ドロップ


After Effects を立ち上げる(立ち上げている場合は再起動する)と、上部ウィンドウメニューのウィンドウ内にScriptUl Panels内へ保存したスクリプトが表示されるようになり、使用することができます^^

ScriptUl Panels内へ保存したスクリプトが表示される



最後

『After Effects』で使える便利な無料スクリプトや有料スクリプトはたくさんあります٩( ᐛ )و

【Adobe After Effects】おすすめの無料スクリプト+プラグイン

『AEJuice』 (無料版)

*約700種類のプリセットや複数のプラグインを無料で使用できる『AE Juice』のダウンロード・インストール方法を解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Animation Composer 3』 (無料版)

*約100種類以上のアニメーションプリセットや複数のプラグインを無料で使用できる『Animation Composer 3』の機能や使い方を徹底解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Motion Bro』 (無料版)

*1200種類のプリセットが無料で使える『Motion Bro』のダウンロード・インストール方法を解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Motion Tools Pro』(無料)

*超便利な万能プラグイン『Motion Tools Pro』の機能と使い方を解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Utility BOX』(無料)

*無料で手に入る超便利な万能スクリプト『Utility BOX』を徹底解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『AEVIEWER 2』(無料)

*【Premiere Pro+After Effects】無料なのに超便利な素材管理プラグイン『AEVIEWER 2』の機能や使い方を徹底解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


【After Effects】無料プラグインまとめ記事

*『After Effects』初心者が絶対に導入すべきおすすめの無料プラグインを紹介した記事はこちら⬇︎⬇︎



【Adobe After Effects】おすすめの有料スクリプト+プラグイン

『AEJuice ALL BUNDLE Lifetime』(有料買い切り)

*『AEJuice』が提供する64種類すべてのプラグイン(プリセット数9,000種類以上)が手に入る最強効率化バンドル『AEJuice ALL BUNDLE Lifetime』を徹底解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Motion4』(有料買い切り)

*最強ユーティリティーツール『Motion4』とは!? 概要や価格比較、アクティベート方法などを徹底解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『KBar3』(有料)

*導入必須のランチャースクリプト『KBar3』を解説した記事をまとめた記事はこちら⬇︎⬇︎


『Toko Graphics 4.0』(有料)

*2250種類の高品質なグラフィックプリセットが使える『Toko Graphics 4.0』の購入からインストールまでの手順を徹底解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Flow』(有料)

*『After Effects』必須のイージングプラグイン『Flow』の機能と使い方を解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Auto Crop 3』(有料)

*『Auto Crop 3』の機能や使い方、購入方法からインストール方法まで徹底解説した記事はこちら⬇︎⬇︎


『Adobe CC』の契約期限切れ間近ではありませんか!?

『Adobe CC コンプリートプラン』が Adobe正規価格の半額【 39,980 円 / 年(税込)】で購入できる方法や

価格、各種サービス内容など徹底的に比較解説した記事を書いてます^^

*『Adobe CC』の契約更新が近い方はぜひ参考にして下さい⬇︎⬇︎


以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و