【Premiere Pro】フリーズフレームエフェクトをかける方法

Adobe Premiere Pro Freeze Frame Effect フリーズ フレーム エフェクト

Adobe Premiere Pro 28

フリーズフレームエフェクトをかける方法

今回はAdobe Premiere Proでフレーズフレームエフェクトをかける方法を解説していきます。

Adobe Premiere Pro Freeze Frame Effect


使う機会は少ないかもしれませんが、今回紹介するPremiere ProとPhotoshopを連携して編集を行うやり方は覚えておいて損はないかと思いますので、ぜひアレンジして編集に生かしていただければ幸いです。

*フリーズフレームエフェクトのやり方を解説した動画はこちら⬇︎⬇︎






フリーズフレームエフェクトとは!?

フリーズフレームエフェクトとはその名の通り被写体の動きに合わせて作成した各フレームの複製を使うことで、不思議な表現ができる編集方法になりますd( ̄  ̄)

近年Photoshopでの被写体の切り抜き操作が超絶簡単にできるようになりましたので、Premiere ProとPhotoshopを連携することで簡単にフリーズフレームエフェクトが使えるようになりました^^

ただし、編集素材はカメラアングルが固定された状態で撮影されていることが条件ですd( ̄  ̄)




フリーズフレームエフェクトのやり方

フリーズフレームエフェクトのやり方を順を追って解説していきます。



ストーリーの中心となる被写体に動きがあるフッテージを準備します⬇︎⬇︎この素材にフリーズフレームエフェクトをかけて解説をしていきます^^


Premiere Proへフッテージをインポートして、タイムラインへドラッグ&ドロップで追加します。

Adobe Premiere Pro フッテージ インポート 素材 読み込み


被写体の複製を作りたいフレームへ時間インジケーターを合わせて、カメラボタン(スナップショット)を押します。

Adobe Premiere Pro フッテージ インポート 複製 クローン


『フレームを書き出し』設定パネルが表示されるので、形式をPNGにしてプロジェクトを読み込むにチェックを入れてください。スナップショットした画像ファイルの保存場所を変更したい場合には『参照』を選択して保存場所を指定してください。設定し終わったらOKをクリックします。

Adobe Premiere Pro フリーズフレーム エフェクト スナップショット


スナップショットが素材がとしてインポートされるのでドラッグ&ドロップでタイムラインへ追加します。

Adobe Premiere Pro フリーズフレーム エフェクト スナップショット インポート


スナップショットを撮った位置がわかるように目印でマーカーをつけておきます。

Adobe Premiere Pro フリーズフレーム エフェクト スナップショット マーカー


タイムライン上のスクリーンショットしたフッテージを選択した状態で、上部ウィンドウメニューから編集➡︎ Adobe Photoshopで編集を選択します。

Adobe Premiere Pro フリーズフレーム エフェクト  Adobe Photoshopで編集


Photoshopが起動するので、プロパティから背景を削除を選択してください。

Adobe Premiere Pro Photoshop フォトショップ 編集


Photoshopのワークスペースにプロパティが表示されていない方は上部ウィンドウメニューからウィンドウ➡︎プロパティを選択してください。

Adobe Premiere Pro Photoshop フォトショップ プロパティ 表示


背景が削除されたらこのままではPremiere Proに反映されないので、controlor commandSで保存することでPremiere Proへ反映されます。

Adobe Premiere Pro Photoshop フォトショップ 背景を削除


Premiere Proへ戻り、背景を切り抜いたフッテージが反映されているか確認します。
Photoshopで背景を切り抜いた状態が反映されています⬇︎⬇︎

Adobe Premiere Pro フリーズフレーム エフェクト  Adobe Photoshopで編集 背景を削除


あとはスクリーンショットした位置(マーカーの位置)より前にフッテージを配置した場合と後に配置した場合で画面上にあった被写体のクローンが取り込まれていくのか、クローンができていくのかの違いが表現できますd( ̄  ̄)

Adobe Premiere Pro フリーズフレーム エフェクト
マーカーより前にフッテージを配置
Adobe Premiere Pro フリーズフレーム エフェクト
マーカーより後にフッテージを配置


マーカーより前にフッテージを配置した場合は複製された被写体が吸収されたような表現になります⬇︎⬇︎


 マーカーより後にフッテージを配置した場合にはクローンを残すような表現となります⬇︎⬇︎


フリーズフレームエフェクトはよくフィギアスケートやスケボーなどで見かけますねd( ̄  ̄)
今回のようにPremiere ProとPhotoshopを連携することで編集の幅もぐっと広がりますので、ぜひアレンジして使ってみてください^^








以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です