【Photoshop】テクスチャー素材(.pat)のインストール方法

テクスチャー(.pat)ファイルのインストール方法

Adobe Photoshop 68

テクスチャー素材(.pat)のインストール方法

今回はAdobe Photoshopのパターン機能で使用するテクスチャー素材(.pat)をインストールする方法について解説をしていきます。


*Adobe Photoshop パターン機能の使い方について解説した動画はこちら⬇︎⬇︎



パターン機能とは!?

Adobe Photoshopのパターン機能とは、ネット上に無料または有料で配布されているテクスチャー素材をPhotoshopへインストールし、テキストやシェイプへ適用することで、簡単にプロ並みのアレンジを加えることができてしまう機能です。

フォトショップ パターン テクスチャ

パターンテクスチャと言ったり、パターンとテクスチャーを混同したり別のものだと勘違いされていることがよくありますが

パターンはAdobe Photoshopの『パターン機能』

テクスチャーは『パターン機能で使用する素材


になります。


テクスチャー素材のインストール方法

ネット上に無料または有料で配布されているテクスチャー素材のインストール方法について解説していきます。
インストールする方法にはパターンパネルからテクスチャーをインストール方法とパターンが使用できる各ツールからインストールする方法があります。

パターンパネルからテクスチャーをインストールする方法

テクスチャー素材(.pat)をダウンロードし準備します。

フォトショップ .pat ファイル テクスチャー


Photoshopを起動し、上部メニューのウィンドウからパターンを選択します。

フォトショップ ウィンドウからパターンを選択


パターンパネルが開き、デフォルトで用意されているテクスチャーが表示されます。

パターンパネルを開く


パターンパネルの右上にあるメニューボタンをクリックし、表示されたメニューから『パターンを読み込み…』を選択します。

パターンを読み込みを選択


ダウンロードして準備していた.patファイルを選択し、開くをクリックします。

.patファイルを選択して開くをクリック


パターンパネル内に選択した.patファイルのテクスチャが表示されます。これでインストール完了です。

フォトショップ テクスチャーをインストール



塗りつぶしツールからテクスチャーをインストールする方法

テクスチャー素材(.pat)をダウンロードし準備します。

フォトショップ .pat ファイル テクスチャー


塗りつぶしツールを選択します。

塗りつぶしツール選択


ツールメニューの描写色をパターンへ変更します。

描写色からパターンへ変更


テクスチャーが表示されているプルダウンをクリックして、右上に表示されたメニューボタンを選択します。表示されたメニューから『パターンを読み込み…』を選択します。

パターンを読み込みを選択


ダウンロードしていたpatファイルを選択し、開くをクリックします。

ダウンロードしていたpatファイルを選択する


選択した.patファイルのテクスチャー素材が表示されます。これでインストール完了です。

フォトショップ テクスチャー インストール



カスタムシェイプツールからインストールする方法

テクスチャー素材(.pat)をダウンロードし準備します。

フォトショップ .pat ファイル テクスチャー


カスタムシェイプツールを選択を選択します。

カスタムシェイプツールを選択


ツールメニューから塗りor線を選択して、表示されたパネルの中からパターンボタンを選択します。

ツールメニューから塗りか線を選択し、パターンを選択


メニューボタンをクリックし、表示されたメニューから『パターンを読み込み…』を選択します。

パターンメニューからパターンを読み込みを選択


ダウンロードして準備していた.patファイルを選択し、開くをクリックします。

.patファイルを選択


パターンパネル内に選択した.patファイルのテクスチャが表示されます。これでインストール完了です。

テクスチャーをインストール



*初心者向けにパターン機能の使い方を解説した記事はこちら⬇︎⬇︎

フォトショップ パターン テクスチャ 使い方 【Photoshop】テクスチャー(.pat)を使いこなす!!パターン機能の使い方(初心者向け)




以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です