// アナリティクス
2023年11月15日現在の年末セール情報を急ぎでまとめました ▶︎

【Photoshop(フォトショップ)】パターン機能を使ってテキストや選択範囲、シェイプへパターンプリセット(.pat)を適用する方法を解説!!

Adobe Photoshop フォトショップ パターン 登録 使い方 方法 テクスチャー プリセット 登録

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Adobe Photoshop 69

今回は『Adobe Photoshop(フォトショップ)』でパターン機能を使ってテキストや選択範囲、シェイプへパターンプリセット(.pat)を適用する方法を解説していきます٩( ‘ω’ )و

*『Adobe Photoshop(フォトショップ)』パターン機能の使い方について徹底解説した動画はこちら⬇︎⬇︎


パターン機能を使ってテキストや選択範囲、シェイプへパターンプリセット(.pat)を適用する方法

パターン機能を使ってテキストや選択範囲、シェイプへパターンプリセット(.pat)を適用する方法をぞれぞれ順を追って解説していきますd( ̄  ̄)

テキストへパターンプリセット(.pat)を適用する方法

テキストへパターン機能を使ってパターンプリセット(.pat)を適用する方法には2つあります⬇︎⬇︎

  • パターンパネルからパターンプリセット(.pat)を適用する方法
  • レイヤースタイルからパターンプリセット(.pat)適用する方法 ▶︎ おすすめ

パターンパネルからパターンプリセット(.pat)適用する方法

まずパターンパネルからテクスチャーを適用する方法を解説していきますd( ̄  ̄)

テキストツールでお好みのテキストを作成します。

テキストツールでテキストを作成

上部メニューからウィンドウ➡︎パターンを選択します。

上部メニューのウィンドウからパターンを選択

表示されたパターンパネルからお好みのパターンプリセット(テクスチャー)を選択すると、テキストへテクスチャーが適用されます。

テキストへテクスチャーを適用


レイヤースタイルからパターンプリセット(.pat)を適用する方法

次にレイヤースタイルからテキストにパターンプリセット(.pat)を適用する方法を解説しますd( ̄  ̄)

まずテキストを作成し、レイヤースタイルパネルを開きます。レイヤースタイルパネルの開く方法は3通りあります。
上部メニューからレイヤー➡︎レイヤースタイル➡︎レイヤー効果でレイヤースタイルパネルを表示させる、もしくは

上部メニューからレイヤー効果を選択

レイヤーを選択した状態で右クリックをし、表示されたメニューからレイヤー効果を選択、もしくは

レイヤーを選択した状態で右クリックメニュー→レイヤー効果を選択

レイヤーパネルの右側のスペースをダブルクリックすることで、レイヤースタイルパネルを表示させることができます。

レイヤーの右スペースをダブルクリックしレイヤースタイルパネルを表示

レイヤースタイルパネルのパターンオーバーレイにチェックを入れて選択し、真ん中に表示されたパターンオーバーレイメニューからパターンをクリックして、お好みのテクスチャーを選択します。

これでテキストに選択したテクスチャーが反映されます。

他のパターンオーバーレイメニューの数値を変更することで、適用されたパターンの不透明度、パターンの種類、角度、比率(拡大・縮小)をお好みで調整することができます。

パターンオーバーレイの調整


選択範囲へパターンプリセット(.pat)を適用する方法

次は選択範囲へパターンプリセット(.pat)を適用する方法する方法を解説していきますd( ̄  ̄)

まず長方形ツールなどを使ってテクスチャーを適用したい選択範囲を指定します。

選択範囲を指定

上部メニューからウィンドウ➡︎パターンを選択します。

上部メニューのウィンドウからパターンを選択する

表示されたパターンパネルからお好みのテクスチャーを選択すると、選択範囲に指定したテクスチャーが適用されます。

選択範囲にパターンを適用

パターン内のテクスチャーの角度や拡大・縮小をしたい場合には、上部メニューからレイヤー➡︎レイヤースタイル➡︎レイヤー効果でレイヤースタイルパネルを表示させる、もしくは

レイヤースタイルの表示方法

レイヤーを選択した状態で右クリックをし、表示されたメニューからレイヤー効果を選択、もしくは

レイヤーを右クリックでレイヤー効果を選択

レイヤーパネルの右側のスペースをダブルクリックすることで、レイヤースタイルパネルを表示させることができます。

レイヤーパネルレイヤーのの右スペースをダブルクリックする

レイヤースタイルパネルの『パターンオーバーレイ』にチェックして選択し、表示されたメニューでパターンの不透明度、パターンの種類、角度、比率(拡大・縮小)を調整することができます。

パターンオーバーレイの適用と調整

*選択範囲にパターンパネルでテクスチャーを適用する前に、最初からレイヤースタイルでパターンを適用しようとすると、選択範囲だけではなくレイヤー範囲全てにテクスチャーが反映されてしまいます。

レイヤーにパターンオーバーレイを適用

ですので、①パターンパネルでパターンを適用した後、②新しく作成されたパターンレイヤーを選択した状態でレイヤースタイルパネルを表示させ、パターンオーバーレイを適用して各項目を調整してください。

選択範囲にパターンオーバーレイ適用


シェイプへパターンプリセット(.pat)を適用する方法

次はシェイプへパターンプリセット(.pat)を適用する方法を解説していきますd( ̄  ̄)

まずはカスタムシェイプツールなどを使ってシェイプを作成します。

カスタムシェイプツールでシェイプを作成

ツールメニューから塗りを選択して、表示されたパネルのパターンボタンをクリックします。

パターンプリセット(テクスチャー)が表示されるので好みのテクスチャーを選択することでシェイプの塗りに指定したテクスチャーが適用されます。

シェイプの塗りにテクチャーを適用

塗りだけでなく線にも同様の手順でお好みのテクスチャーを適用することができます。

線にテクスチャーを適用

塗りも線もパネル下にある『拡大・縮小』『角度』の数値を調整することで、テクスチャーをお好みの描写へ調整することができます。

パターンの拡大・縮小、角度を調整


最後に

実はネット上に使いやすいようにまとめられたパターンプリセット(.pat)が無料でたくさん転がっています(゚∀゚)

その無料パターンプリセット(.pat)を各ジャンル別にまとめて紹介した記事を書いてますd( ̄  ̄)

パターン素材(.pat)を使いこなせばかなりの作業効率化とデザインのクオリティーアップに繋がりますので、ぜひダウンロードして使ってみてください⬇︎⬇︎

パターン素材(.pat)のジャンル別まとめ記事一覧


*『Adobe Photoshop(フォトショップ)』のパターン機能で使用するパターンプリセット(.pat)のインストール方法を解説した記事はこちら⬇︎⬇︎





以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ