【Photoshop】自作したテクスチャー素材や画像をパターンへ登録する方法

自作したテクスチャーや画像をパターンへ登録する方法

Adobe Photoshop 70

自作したテクスチャー素材や画像をパターンへ登録する方法

今回はAdobe Photoshopで自作したテクスチャーや画像をパターン機能へ登録する方法を解説していきます。登録したテクスチャーはパターン機能で繰り返し使用することができるようになります。

*配布されているテクスチャー素材が.patファイルではなく.pngや.epsファイル
 の場合は、今回解説する方法でパターン機能へ登録してください。

*Adobe Photoshopへテクスチャー素材(.pat)をインストールする方法につい
 てはこちら⬇︎⬇︎の記事をご参照ください。

テクスチャー(.pat)ファイルのインストール方法 【Photoshop】テクスチャー素材(.pat)のインストール方法


*Adobe Photoshopのパターン機能の使い方(初心者向け)について解説した記
 事はこちら⬇︎⬇︎

フォトショップ パターン テクスチャ 使い方 【Photoshop】テクスチャー(.pat)を使いこなす!!パターン機能の使い方(初心者向け)


*Adobe Photoshop パターン機能の使い方について解説した動画はこちら⬇︎⬇︎




自作したテクスチャー素材や画像をパターン機能へ登録する方法

自作したテクスチャーや画像をパターン機能へ登録する方法を順を追って解説していきます。

パターンとして登録したいテクスチャー素材を作る、もしくは画像を準備します。今回はヒョウ柄の画像(.png)を用意しました。

テクスチャーとして登録したい画像を準備


上部メニューから編集➡︎パターンを定義を選択します。

パターンを定義するを選択


パターン名を入力し、OKをクリックします。

パターン名を入力し、OKをクリック


上部メニューのウィンドウからパターンを選択します。

ウィンドウからパターンを選択


表示されたパターンパネル内に登録したヒョウ柄のテクスチャーが登録されました。これでパターン機能として繰り返し使用することができます。

テクスチャーの登録完了


テキストやシェイプなど自作した全てのレイヤーはパターンを定義することで、そのまま登録し繰り返し使用することができます。

テキストのパターンを定義
シェイプのパターンを定義






以上、最後まで読んでいただきありがとうござました♪( ´θ`)ノ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です