Adobeユーザー必見!!超便利な無料フォントサービス『Adobe Fonts』徹底解説!!

Adobe Fonts アドビ フォンツ フォント フリー 無料

Free Fonts

Adobeユーザー必見!!超便利な無料フォントサービス『Adobe Fonts』徹底解説!!

今回はAdobeユーザーなら無料で使用できるフォントサービス『Adobe Fonts』の使い方を徹底解説していきたいと思います。

Adobeユーザーで『Adobe Fonts』を利用されていない方、または利用していても超絶便利機能である『フォントパック』や『画像検索機能』を使ったことがない方はぜひ最後まで読んでいただければと思います^^

*初心者向けに簡単な箇所も順を追って細かく解説していくので、適宜飛ばしながら読んで下さいねd( ̄  ̄)

*『Adobe Fonts』について解説した動画です⬇︎⬇︎




*Mac(Macintosh)へフォントを追加する方法⬇︎⬇︎

Free Fonts Mac Free Font Install マック 無料 フォント 追加 インストール 【Mac】フォントをインストールする方法


*Windowsへフォントを追加する方法⬇︎⬇︎

Free Fonts Windows Free Font Install ウィンドウズ 無料 フォント 追加 インストール 【Windows】フォントをインストールする方法





『Adobe Fonts』とは!?

『Adobe Fonts』は、Adobeが提供しているサブスクリプションサービス『Creative Cloud』に加入していれば15,000種類を超える高品質なフォントを、追加料金なしで全て利用することができるサービスになります。

Creative Cloudの各プラン、例えばAdobeが提供する全てソフトを使用することができるコンプリートプランから、各編集ソフトを単体で使用できる単体プラン、PhotoshopとLightroomが使えるフォトプランなど、各サブスクリプション契約でCreative Cloudに加入してさえいれば『Adobe Fonts』を使用することが可能です^^

使用できるフォントの中には日本のフォントメーカーが提供する100以上のフォントファミリーが用意されていて、その中には高価でなかなか手が出せず誰もが憧れたあの『モリサワフォント』も使用することができます( ´∀`)

モリサワフォント morisawa font 価格


15000種類以上のフォントを自由に使うことができる上に、最近ではデザインのテーマや特定のインスピレーションによって区分された『フォントパック』というカテゴリーが用意されていて、効率的に自分の好みにあったフォントを探すことができるようになりました( ´∀`)

季節に沿って正月やクリスマスなどのイベントで使えるフォントもまとめて『フォントパック』で紹介されるので、このサービスだけでも非常に重宝します^^

Adobe Fonts Pack アドビ フォント パック


しかも全てが商用利用可能です∑(゚Д゚)!!これは美味しすぎます^^

Adobe Fonts Free License フリー 無料 ライセンス





Adobe Fonts』の使い方

『Adobe Fonts』の実際の使い方について順を追って解説をしていきます。使い方は簡単でとても便利でわかりやすい仕様になっていますので、この機会に『Adobe Fonts』を最大限に有効活用しましょう( ´∀`)



『Adobe Fonts』へログインする

『Adobe Fonts』へログインする方法は以下の3つあります。



Creative Cloudから『Adobe Fonts』へログインする方法

Creative Cloudのデスクトップアプリをダウンロードしている方は、上部ウィンドウメニューにあるCreative Cloudのアイコンをクリックします(Mac)。

Adobe Creative Cloud Icon クリエイティブ クラウド アイコン メニュー クリック


Creative Cloud管理画面の左上にある『アプリ』➡︎『フォントを管理』を選択します。
*ログインしていない場合はログインして下さい。

Adobe Creative Cloud フォント


Adobe Fontsで使えるようにしたフォント(アクティブなフォント)を管理するページに移動するので、右上にある別のフォントを参照をクリックするか、初めての方は下のフォントを参照をクリックします。

Adobe Creative Cloud フォント 管理


Adobe Fontsでフォントを検索することができるページへ移動します。ここで15000種類以上のフォントを検索して、使用できるように設定することができます。

Adobe Fonts フォント 検索


Creative Cloudのアプリケーションから直接ログインできない場合、もしくはCreative Cloudのデスクトップアプリをダウンロードしていない方は、Creative Cloudのログインページから入りログインして下さい。

参考 Creative Cloud ログインページAdobe Creative Cloud
Adobe Creative Cloud log in アドビ クリエイティブ クラウド ログイン


*Creative Cloudのデスクトップアプリケーションをダウンロードしていない場合は、アプリやフォントを管理する際に必須アプリなのでぜひダウンロードしておきましょう^^

Adobe Creative Cloud ログインページ ダウンロード


Creative Cloudサイトからログインすると⬇︎⬇の画面になるので、左上のアプリタブを選択します。

Adobe Creative Cloud ログイン アプリ


そして、左側にあるメニュー(リソースリンク)の中から『フォント』を選択します。

Adobe Creative Cloud リソースリンク フォント


Adobe Fontsでフォントを検索することができるページへ移動します。ここで15000種類以上のフォントを検索して、使用できるように設定することができます。

Adobe Fonts フォント 検索



Adobe Fontsサイトからログイン方法

ブラウザでAdobe Fontsを検索して、直接Adobe Fontsのページへ入る方法です。

参考 Adobe FontsAdobe Fonts


Adobe Fontsのサイトへ入ると左上にあるフォント一覧、もしくは下にある開始ボタンをクリックすると

Adobe Fonts Site アドビ フォンツ サイト


Adobe Fontsでフォントを検索することができるページへ移動します。ここで15000種類以上のフォントを検索して、使用できるように設定することができます。

Adobe Fonts フォント 検索




各Adobeソフトのテキストツールプロパティから『Adobe Fonts』へ移動

各Adobeソフト(Photoshop、Illustrator、Premiere Proなど…)のテキストツールプロパティから『Adobe Fontsから追加』の右側にあるAdobeアイコンをクリックすると

MY Adobe Fonts Adobe icon


Adobe Fontsでフォントを検索することができるページへ移動します。ここで15000種類以上のフォントを検索して、使用できるように設定することができます。

Adobe Fonts フォント 検索





『Adobe Fonts』のUI(ユーザーインターフェイス)

Adobe FontsのUI(ユーザーインターフェイス)の項目を見ながら具体的な使い方について順を追って解説をしていきます。


検索バー

フォント名やフォントを制作しているデザイナー名などを入力することで検索をかけることができます。
*検索バー右側にあるカメラアイコン(画像スキャン検索)については次に解説しますd( ̄  ̄)

Adobe Fonts  フォント 検索 検索バー



画像スキャン検索機能

「このフォントかっこいいな…でもフォントの名前がわからない…」

「似てるフォントを探すのに一々検索していると時間がかかってしまう…」

そんな悩みを一発で解消してくれるとても便利な機能があります。それが画像検索機能ですd( ̄  ̄)

『Adobe Fonts』のUI上部には検索バーがありますが、その右端にあるカメラのマークをクリックすると画像を選択することができます。この機能を使うと読み込んだ画像と同じ、または近いフォントを絞り込んで検索をかけることができます。この検索機能は超絶便利です(=´∀`)人(´∀`=)

Adobe Fonts  画像 検索


例えば、画像⬇︎⬇︎使われているフォントを使用したい、検索したいけどフォントの名前がわからない場合に

Adobe Fonts  フォント 画像 検索


検索バーのカメラアイコンをクリックして、検索をかけたいフォントの入った画像ファイル⬆︎⬆︎を選択し、開くをクリックします。

Adobe Fonts  画像 検索


すると画像ファイルのスキャンが始まるのでしばらく待ちます。

Adobe Fonts  画像 検索 スキャン


画像に青い枠が表示されるので、検索をかけたいテキストの部分を青い枠で囲んで右側にある『次のステップ』を選択します。

Adobe Fonts  画像 検索 スキャン テキスト 選択


『テキストをチェックして、必要に応じて更新してください』の下にある四角内に検索をかけたフォントで表示させたいテキストを入力します。

Adobe Fonts  画像 検索 スキャン テキスト 選択


スキャンした画像ファイルのフォントに類似したフォントが表示されます。これは便利^^

Adobe Fonts  画像 検索 スキャン 候補





フォントの絞り込みフィルター

左側にある各メニューから検索条件を絞り込むことで、自分の好みにあったフォントを見つけることができます。

Adobe Fonts User interface アドビ フォンツ 使い方 検索 ユーザーインターフェイス


『LANGUAGES AND WRITING SYSTEMS』はデフォルトで『すべて』になっていますが、検索範囲を絞りたい時はプルダウンをクリックして絞り込みたい言語を選択して下さい。
*複数は選択できないので、日本語と英語対応のフォントを表示させたい場合には『すべて』を選択して下さい。

Adobe Fonts Langages 検索 言語 選択


日本語を選択した場合には、おすすめの検索メニューが表示されます^^本文と見出しをそれぞれ選択する事で、それぞれに適したおすすめの日本語フォントを表示させることができます。

Adobe Fonts Langages 検索 言語 日本語 おすすめ


ただ1つわかりにくいのが、同時選択をすることはできず、本文と見出しの両方に適した日本語フォントを表示したい場合には何も選択しないことですべて表示されるようになっています。

Adobe Fonts Langages 検索 言語 日本語 おすすめ 見出し 本文


分類は各6種類から選択することで絞り込むことができます。
*同時選択はできません。何も選択しない状態ですべての条件にあったフォントが表示されます。

Adobe Fonts Langages 検索 分類


書体の属性は太さや幅など6つの属性からそれぞれ条件を絞り込むことができます。
*各項目ずつ選択することができます。複数条件選択したい場合は、何も選択しないことですべての属性が表示されます。また言語によっては選択できる属性の項目が減ることもあります。

Adobe Fonts  attribute 検索  書体の属性


『ファミリー内のフォントの数』はデフォルトではすべてになっています。

Adobe Fonts  attribute 検索  書体の属性  ファミリー内のフォントの数


フォントファミリーは各フォントと共通する属性を持ったフォントのことで、その名の通り家族のように似ているフォントということになります。
画像⬇︎⬇︎の『Boucherie Block』というフォントには4個のフォント➡︎フォントファミリーが存在します。後ほど解説しますが、フォントファミリーはすべて同時にまとめて使用できるように設定が可能です。

Adobe Fonts  attribute 検索  書体の属性  ファミリー内のフォントの数 絞り込む


そこで書体の属性にある『ファミリー内のフォントの数』は、その数をノズルで調整する事で

Adobe Fonts  attribute 検索  書体の属性  ファミリー内のフォントの数 絞り込む


フォントが持っているフォントファミリーの数を絞り込むことができます。
値を1-10個の範囲で絞り込むと、画像⬇︎⬇︎のようにフォントファミリーの数が10個以下のフォントを表示させることができます。

Adobe Fonts  attribute 検索  書体の属性  ファミリー内のフォントの数 絞り込む フォントファミリー




上部フィルター

上部にあるフィルターを調整することで効率的にフォントを探すことができます。各項目を調整することで主に検索をかけたフォントの表示方法を変更することができます。

Adobe Fonts アドビ フォンツ フィルター


表示の『リスト』と『グリッド』を切り替えることで、フォントの表示形式を切り替えることができます。お好みで調整して下さい。

Adobe Fonts アドビ フォンツ フィルター   表示 リスト
Adobe Fonts アドビ フォンツ フィルター   表示 グリッド


サンプルテキストに文字を入力することで、入力した文字を検索をかけたフォントリストへ表示させることができます。

Adobe Fonts アドビ フォンツ フィルター   サンプルテキスト


テキストサイズのノズルを左右に動かすことで、検索をかけたフォントの表示サイズを調整することができます。

Adobe Fonts アドビ フォンツ フィルター   テキストサイズ


『並べ替え』はそれぞれ以下の3つの条件で検索フォントを並べ替えることができます。

『お勧め』:Adobe Fonts内でアクティベート数の多いおすすめのフォントを上位表示

『名前』:フォント名をアルファベット順(A〜Z)へ並べ替え

『最新』:Adobe Fontsへ追加された最新のフォントを上位表示

Adobe Fonts アドビ フォンツ フィルター   並べ替え






フォントを使えるように登録『アクティベート』する方法

『Adobe Fonts』で使いたいフォントを使えるように登録『アクティベート』する方法について順を追って解説をしていきます。

使用したいフォントの検索フィルターをかけて、表示されたフォントの中で使用したいフォントの『フォントファミリーを表示』をクリックします。

Adobe Fonts アドビ フォンツ フォントファミリー表示


同じような属性をもった12種類のフォント(フォントファミリー)が表示されるので、使用したいフォントの右側にあるアクティベートをONにします。これでインストールしている全てのAdobeソフトでアクティベートしたフォントを使用することができますd( ̄  ̄)

Adobe Fonts アドビ フォンツ フォントアクティベート


同じような属性をもったフォント(フォントファミリー)の全てを一度に登録したい場合には、右上にある『すべてのアクティベート』をONにします。

Adobe Fonts アドビ フォンツ フォントファミリーアクティベート


アクティベートにしたフォントを管理するには、『Adobe Fonts』ホーム画面の右上にある『My Adobe Fonts』をクリックすると

MY Adobe Fonts アドビ フォンツ


アクティベートにしたすべてのフォントが表示されます。登録を解除したい場合にはアクティベートをOFF(ディアクティベート)にすると一覧から削除されます。

MY Adobe Fonts アドビ フォンツ


フォントを閲覧する際に『お気に入り』をONにしておくと

MY Adobe Fonts お気に入り


My Adobe Fontsの画面で『お気に入り』タブを開くことでまとめて表示することができます。私は追加(アクティベート)を迷っていたり、比較したいフォントを一旦お気に入り登録することで活用していますd( ̄  ̄)

MY Adobe Fonts お気に入り






アクティベートしたフォントを使う

実際にアクティベートしたフォントが使えるのか確認していきます。



Adobe FontsでアクティベートONにしたフォント『Embury Text』が実際にAdobeソフトのフォントへ追加されているのか確認していきます。

MY Adobe Fonts Embury Text


Adobe Photoshopを開き、テキストツールで使用できるフォント一覧を確認すると、Adobe FontsでアクティベートONにした『Embury Text』が使用できるようになっています。
画像⬇︎⬇︎はPhotoshopですが、他のAdobeソフトでも共通して使用することができます^^

MY Adobe Fonts Embury Text 追加  Photoshop


ちなみに、AdobeアイコンをクリックするとAdobe Fontsでアクティベートにしたフォントだけを表示させることができますd( ̄  ̄)

MY Adobe Fonts Adobe icon





超絶便利な『フォントパック』

『フォントパック』を利用することでデザインイメージに合った複数のフォントを一度にアクティベートすることが可能です。その時期によってイベントで利用できる様々なフォントがまとめて紹介されるので、『フォントパック』を上手く利用することでフォントを探す時間を大幅に短縮することができますd( ̄  ̄)

フォントパックを利用するには、まず『Adobe Fonts』のホーム画面の上部にあるフォントパックをクリックします。

Adobe Fonts フォントパック


提供されているフォントパックが表示されるので、デザインイメージにあったフォントパックを探して選択します。

Adobe Fonts フォントパック ギャラリー


テーマに沿った複数のフォントがまとめて表示されるので、各『フォントパック』のすべてのフォントを利用したい場合には、右上にある180日間アクティベートをONにすることですべて利用できます。

Adobe Fonts フォントパック すべて アクティベート


『フォントパック』の中から特定のフォントだけを利用したい場合には、そのフォントの『ファミリーを表示』を選択して

Adobe Fonts フォントパック ファミリーを表示


各フォントをアクティベートすることで『フォントパック』内のフォントを個別に使用することができます。

Adobe Fonts フォントパック ファミリーを表示 アクティベート





以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です