【Photoshop】グリッチ画像の作り方

グリッチ画像の作り方

Adobe Photoshop CC

グリッチ画像の作り方

デジタル映像の不具合で画面がチラついたような表現を『グリッチ』と呼びます。今回はAdobe Photoshopを使って、画像をグリッチ加工する簡単な方法を解説していきたいと思います。

グリッチ加工した画像


グリッチ画像作成の手順

グリッチ画像を作成する手順を順を追って解説していきます。

Photoshopを開いて加工したい素材を読み込みます。

Photoshopを開いて加工したい素材を読み込む


素材を複製( Ctrl or commandJ)します。

素材を複製


複製したレイヤーに上部メニューのイメージ➡︎色調補正➡︎白黒…を適用します。

色調補正の白黒を適用


白黒パネルが表示されますが、何も触らずOKをクリックします。

そのまま白黒の適用


白黒を適用した複製レイヤーをもう一度複製します。

白黒を適用した複製レイヤーをもう一度複製


新しく複製したレイヤーを選択した状態で右クリック➡︎レイヤー効果を選択し、レイヤースタイルパネルを開きます。

レイヤー効果を選択


レイヤーの右のスペースをダブルクリックしてもレイヤースタイルパネルは開くことができます。

レイヤースタイルパネルを開く


レイヤースタイルパネルのレイヤー効果➡︎高度な合成にあるチャンネルRのチェックを外してください。

レイヤー効果の高度な合成にあるチャンネルRのチェックを外す


選択ツールを使って一番上層のレイヤーを斜めに動かします。するとチャンネルが調整された画像がずれて、デジタル画面がチラついたようなグリッチが表現できます。

選択ツールを使って一番上層のレイヤーを斜めに動かす


複製したレイヤー2つを選択( Ctrl or commandクリック)した状態で右クリック➡︎レイヤーからグループ…をクリックします。

レイヤーからグループ...を選択


設定パネルが表示されますが、名前はお好みで入力し、そのままOKを選択してください。

レイヤーから新規グループ設定パネル


複数のレイヤーを選択した状態で Ctrl or commandGを入力すると複数のレイヤーをグループ化することができます。

複数のレイヤーをグループ化する


グループ化したレイヤーを複製( Ctrl or commandJ)します。

グループ化したレイヤーを複製


複製したグループを選択した状態で右クリック➡︎グループを結合を選択、または選択した状態で Ctrl or commandE を入力すると選択したレイヤーを一枚のレイヤーに結合(統合)することができます。

グループを結合
レイヤーの統合


結合したレイヤーを選択した状態で、選択ツールを使いチラつきを入れたい箇所に選択範囲を指定します。

択ツールを使いチラつきを入れたい箇所に選択範囲を指定
択ツールを使いチラつきを入れたい箇所に選択範囲を指定


選択範囲を Ctrl or command を押しながらドラッグ&ドロップして選択範囲の画像をずらし、チラついた感じを表現していきます。

選択範囲をカットしてずらす


選択範囲は Ctrl or commandDで消すことができます。この作業を繰り返して、いい感じにチラつきを入れていけば、グリッチ画像の完成です。

選択範囲をリセット



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です