【Illustrator】基本ショートカットキー

初心者必見!!基本ショートカットキー

Adobe Illustrator CC 02

基本ショートカットキー

Adobe Illustrator CC にはデフォルトで便利なショートカットキーが複数設定されています。頻繁に使用する動作は早めにショートカットキーを覚えて、圧倒的に作業を効率化しましょう。
今回はIllustratorで頻回に使用する基本的なショートカットキーを紹介していきます。

コピー&ペースト

普段はIllustratorでなくても command(Ctrl)Cでのコピーと command(Ctrl)Vの貼り付けは頻回に使用しているかと思いますが、Illustratorでも同じショートカットキーで同様の効果が得られます。

コピー&ペースト

単純にコピーしたいオブジェクトを選択した上で
command(Ctrl)Cでコピー
command(Ctrl)V の貼り付けができます。

Illustratorでコピー&ペースト


別のアートボードの同じ位置にペースト

コピーしたオブジェクトを別のアートボードに、コピーした場所と同じ位置へ貼り付けたい場合には
command(Ctrl)Cでコピー
command(Ctrl) Fで同じ位置(最前面)に貼り付けることができます。

Ctrl or  command + Cでコピー
Ctrl or  command + Fで同じ位置(最前面)に貼り付け


ダイレクトコピー

オブジェクトをダイレクトでコピーしたい場合には
option(alt) を押しながらdrag & dropで 複製することができます。

alt or option を押しながらdrag & dropで 複製


連続コピー

これは同じ動作を繰り返しながらコピーをする際に物凄く便利なので、ぜひ覚えて使用してみて下さい。

一度ダイレクトコピー option(alt) を押しながらdrag & dropで 複製します。


そのまま command(Ctrl)D を繰り返し押すことで等間隔に最初のコピペ動作と同じコピーが繰り返されます。
下の写真では、ダイレクトコピーをした後に、command(Ctrl)D×4回入力することで同じオブジェクトが4つ等間隔に複製されました。

Ctrl or  command + Dで連続複製



別名で保存と上書き保存

別名で保存と上書き保存もキーボードショートカットキーを使用した方が効率的です。

別名で保存

作業画面で新しくIllustratorのファイル(.ai)を保存する際に使用しますが、保存設定画面(別名で保存パネル)を command(Ctrl)shiftSで立ち上げることができます。
ファイル名や保存場所を指定して、保存をクリックして下さい。

Ctrl or command + shift + Sで別名で保存パネルを立ち上げる


保存する前にIllustratorオプションパネルが表示されるので、クライアントの指定や使用しているIllustratorのバージョンを選択します。他の設定は触る必要はほとんどありませんので、そのまま『OK』をクリックします。

Illustratorのバージョンを選択


指定した場所にIllustratorファイル(.ai)が保存されます。

Illustratorファイル(.ai)の保存


上書き保存

Illustratorの編集画面では通常アートボードのタブが画面上部に表示されています。

Illustrator編集画面のアートボードタブ


ファイルに何かしらの編集を加えた場合、タブの名前の最後に『※』がつくようになっています。

Illustratorアートボードタブに※の表示


上書き保存は command(Ctrl)Sで上書き保存することができます。
上書き保存するとタブに表示されていた『※』は消えるので、『※』を見れば保存されたかどうかを判断することができます。

Illustrator上書き保存で※が消える



ロックと非表示

使用するレイヤーが増えてくると微調整をする際に、他のレイヤーが邪魔になってしまい編集操作がしずらくなってきます。その問題を解消してくれるのがレイヤーをロックする機能と非表示にする機能です。

レイヤーをロックする

動かしたくない背景やオブジェクトを選択した状態で command(Ctrl)を入力することで、ロックがかかり指定したレイヤーの選択や移動ができなくなります。ロックを解除する場合は、command(Ctrl)option(alt)+で解除することができます。

レイヤーオブジェクトを選択
ロック前
レイヤーオブジェクトをロック
ロック後


レイヤーのロックは、レイヤーパネルでも操作することができますが、レイヤーが増えると操作しずらくなるので 、ショートカットキーとレイヤーパネル操作と両方やり方を覚えておきましょう。
レイヤーパネルでは、鍵マークのあるなしでロックの有無を確認することができます。鍵が表示されるスペースをクリックすることで、ロックをかけたり解除したりすることが可能です。

レイヤーパネルロック解除時
ロック前
レイヤーパネルでレイヤーをロック
ロック後



レイヤーを非表示にする

ロックはロックしたレイヤーが表示された状態で何もできなくなりますが、レイヤーを非表示にすると視覚からも消すことができます。
非表示にしたいときは非表示にしたいレイヤーを選択した状態でcommand(Ctrl)を入力すると非表示にすることができます。元に戻したい場合にはcommand(Ctrl)option(alt)で再表示させることが可能です。
下の写真⬇︎では赤いレッドのレイヤーを対象に表示・非表示を切り替えています。

複数のレイヤーオブジェクト
表示
レイヤーを非表示
非表示


ロックと同じくレイヤーパネルでも同様の操作が可能ですが、レイヤーが増えると操作しずらくなるので 、ショートカットキーとレイヤーパネル操作と両方やり方を覚えておきましょう。
レイヤーパネルでは、目マークのあるなしで表示の有無を確認することができます。目が表示されるスペースをクリックすることで、表示や非表示に切り替えることが可能です。

レイヤーパネル
表示
レイヤーパネルでレイヤーの非表示
非表示



取り消しと取り消しを戻す

間違った操作をしてしまった時にcommand(Ctrl)Z で1つ前の状態に戻すことができ、何度も繰り返すことで入力した分だけ前に戻すことができます。
この動作を連打したしまった時に、戻し過ぎてしまうことがあります。
3つ前まで戻したかったけれど、4つ前までcommand(Ctrl)+Z ×4で戻してしまった…そんな時にcommand(Ctrl)shiftZで取り消しを戻すことができるので、1度入力すると3つ前の状態まで取り消しを戻すことができます。


レイヤー層の前後移動

選択したレイヤーの前面・背面の移動をできるショートカットキーで、特に複数に重なりあったレイヤーを調整する際に重宝します。

選択したレイヤーを背面へ移動

最前面に赤四角のレイヤーがあります。

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーパネル


赤い四角を選択した状態でcommand(Ctrl)[ を入力すると、1つ背面にレイヤーを移動することができます。

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーを1つ背面に移動


選択したレイヤーを最背面へ移動

選択したレイヤーを最背面に移動させる場合にはcommand(Ctrl)shift[
を入力することで移動させることができます。

赤四角のレイヤーを選択します。

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーパネル


command(Ctrl)shift[ を入力することで赤四角のレイヤーを最背面へ移動させることができます

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーを最背面へ移動


選択したレイヤーを前面へ移動

最背面に白四角のレイヤーがあります。白四角のレイヤーを選択します。

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーパネル


白四角を選択した状態でcommand(Ctrl)]を入力すると、1つ前面に移動させることができます。

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーを1つ前面へ移動


選択したレイヤーを最前面へ移動

選択したレイヤーを最背面に移動させる場合にはcommand(Ctrl)shift]
を入力することで移動させることができます。

白四角のレイヤーを選択します。

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーパネル


command(Ctrl)shift] を入力することで白四角のレイヤーを最前面へ移動させることができます

複数の重なり合うレイヤー
レイヤーを最前面へ移動


全て選択

command(Ctrl)A表示レイヤーを全て選択することができます。

複数の四角いオブジェクト
レイヤーを全て選択
command(Ctrl)+ Aで全て選択


パスを連結する

連結させたい部分の2つのアンカーポイントを選択し、command(Ctrl)J を入力することで、双方のパスを連結することができます。

 C型のパス
パスの連結



アウトライン表示

複数の重なりあったレイヤーを調整する際には command(alt)Yで、アウトライン表示にするととても便利です。

重なり合う複数のレイヤー
レイヤーオブジェクトのアウトライン化



アートボードサイズに合わせ全体表示する

拡大や縮小しながら作業している際に、一度でアードボード全体のサイズに合わせ画面表示を切り替えるには command(Ctrl)0と入力します。

Illustrator拡大画面
拡大
ショートカットで全体表示
ショートカットで全体表示


文字詰め

文字詰めは文字パネルのカーニング機能で調整することもできますが、ショートカットキーで文字間隔を調整することができます。

NEXTistテキスト
カーニング設定0


文字間隔を調整したい箇所へカーソルを合わせ、option(alt)◀︎ ▶︎で調整することが可能です。

NEXTistテキスト
カーニング設定40



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です