【動画編集に役立つ健康情報】9割以上の人が目薬の差し方を間違えている!?

動画編集 目薬の差し方

動画編集に役立つ健康情報 03

9割以上の人が目薬の差し方を間違えている!?

長時間のパソコン作業で疲れてしまった目に、目薬を差すことでケアをする方も多いと思いますが、実は9割以上の人が目薬の差し方を間違えているといわれています。せっかく目薬を差しても正しい方法で目薬を差さないと効果がなかったり感染を起こす原因となってしまいます。

今回は目のメカニズムの解説も含め、目薬の正しい差し方を説明していきたいと思います。


目のメカニズム

目は粘膜が露出した部分になるので、傷つきやすく感染しやすいデリケートな部分になります。そのため、反射的にまぶたを閉じたり涙を出すことで異物から目を守る仕組みになっています。

涙は涙腺より分泌され、日頃から目の表面を乾燥しないように潤しています。そして、その涙が目に適量留まって巡回したり、油成分で涙の表面を覆うことで涙が蒸発しないようにしています。

目の解剖図


涙は分泌と排出を繰り返しながら一定の状態(眼圧)を保っています。
涙の分泌は『涙腺』から、涙の排泄は『涙点』という入口から『涙道』という道を通って鼻腔に排出されます。涙腺が蛇口、涙点が排水口と同じです。

目に異物が入ると涙腺から多量の涙が分泌され、異物を洗い流そうとします。そして余分な涙は涙点を通って鼻腔に流れるか、目から外にこぼれ落ちます。


目薬の効果と注意点

目薬は涙を多く分泌させることで乾燥を防いだり、涙と同じ成分を足すことで粘膜を潤わせたりします。目が目薬を1回に吸収できる量は少なく、効果がないからといって何度も差してしまうのでは逆効果です

ほとんどの目薬には『防腐剤』が入っています。この『防腐剤』によって目薬が成分が壊れたり菌に犯されずに長もちするのですが、それでも開封後は1ヶ月ほどしか使用できません防腐剤の入っていないものもありますが1週間ほどで菌が生えてしまいます

目薬の成分には『防腐剤』を含め色々な成分が含まれているので、病院以外で目薬を選択する場合は薬局で薬剤師に相談し購入しましょう。


正しい目薬の差し方

正しい目薬の差し方とその理由について順を追って解説していきます。

手順①『手を洗う』

目はとてもデリケートな部分です。手にはいろんな雑菌が付着していますので、手の雑菌が目薬の中や手や目薬を介して目の中へ入ってしまいます。

目薬に菌が繁殖してしまうと目に細菌を投入しているのと変わりありません
後ほど説明しますが、目薬投入後に目頭を指で抑えないといけないため、そのためにも手は清潔である必要があります。まずは目薬を触る前に手を石鹸で洗い、目薬も出来るだけ清潔な場所に保管しておきましょう。

手順②『下まぶたを下に引っ張り目を開く』

目はまぶたに守られていますが、まぶたは薄く目は粘膜がむき出し状態のため、まぶたの上から目を触ることも目の粘膜を傷つけてしまします
そのため、爪のある指で強引にまぶたを引っ張りあげたり、こじ開けることはとても危険な行為です。ですから下のまぶたを下向きに引っ張って目を開き、1滴のみ確実に点眼しましょう。

手順③『適切な目薬の量』

目薬の1滴の量は「0.05ml~0.1ml」程といわれていますが、目の表面に維持できる薬液量はわずか「0.01~0.03ml」程といわれています。
目薬は1適量で十分ということになりますので確実に1滴差しましょう。そして、溢れた目薬はあくまで薬です。目薬の中には皮膚に影響のある成分が含まれている場合がありますので、肌についた目薬は拭き取ったり洗い流すようにしましょう

手順④『目薬の容器の先が他に触れないように注意する』

目薬の薬液が出る先の部分に、まぶたやまつげ、手などが触れると雑菌がついて、薬液を伝って目薬の容器の中で菌が繁殖してしまいます。こうなってしまうと目薬が菌をわざわざ粘膜に差している状況になってしまいます。

目薬を感染させないためには、目から目薬容器の先を2〜3㎝は離した方がいいとされていますので十分に注意しましょう。 目薬は感染を避けるため共有したり、長期間保管したものは使用しないことが原則です。

手順⑤『目薬を差した後は目をパチパチさせない』

目をパチパチすると目薬が目の表面全体にいき渡るような気がしますが、これは大きな間違いです。

目は表面に溜めきれないものや異物が入ってくるとパチパチしてしまうことで涙液の分泌を加速させ薬液が薄まったり流され、涙の排水口である涙点や目の外に目薬を追い出そうとします
早いうちに涙点に目薬が排泄されてしまうと、鼻腔へ流れた目薬が鼻腔粘膜に吸収されてしまい副作用が出てしまいますので、適量を点眼し差した後は目をゆっくりと3分間ほどは閉じておくようにしましょう。そのためには目薬を差した後にしばらく目を開かなくていいように用事を済ませておきましょう。

手順⑥『目頭を押さえる』

目薬を差した後は目を閉じ目頭=涙点を最低でも1分間は押さえるようにしてください。これは目薬が涙点から鼻腔に流れてしまわないようにし『眼内に薬液が留まる時間を長くするため』と、『濃度の高い薬液が涙点より鼻腔内に流れて吸収され副作用が出ないようにするため』です。

目頭は指で押さえると目の粘膜を傷つけたり菌が入ってしまうので、ティッシュを丸めて押さえるなど、できる限り清潔なものを使って圧迫するようにしましょう。


補助具の使用

人は目に異物が近ずくと反射的にまぶたを閉じてしまうようになっているため、目薬を差すことが苦手な人は多いかと思います。若い人はどうにか工夫して差せるかと思いますが、高齢者は反射にプラスして手の震えや感覚が衰えてしまい上手くさせない方が多いです。
そこで目薬の容器に『補助具』を使って目薬を差す方法があります。もし、両親や祖父母が目薬をよく差すのであれば、プレゼントしたら喜ばれるかもしれません。色々なタイプのものが出ているので気になる方はぜひチェックしてみてください。



最後に

身体のためにやっている行為が逆に身体に悪影響を及ぼしている例は少なくはありません。目薬を差した後の目のパチパチもその例の1つかと思います。
薬を使用する場合はいかなる薬であっても正しい方法で使用するように心掛けましょう。



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です