【iMac】入力キーをデスクトップに自動表示するShowKeys

入力キーをデスクトップに自動表示するShowKeys

Apple(iMac.Mac book.iPad.iPhone)Useful information 04

入力キーをデスクトップに表示するShowKeys

キーボードで入力したキーをデスクトップにそまま表示してくれるソフト『ShowKeys』。
パソコン教室や教育系YouTuberなどが、キーボード入力を視覚的に表示して、視聴者にわかりやすくするための無料ソフトになります。
動画編集の講義や動画配信には欠かせない便利なソフトになりますので、ぜひ導入して使ってみてください。
今回は『ShowKeys』の導入・設定方法について解説をしていきます。

『ShowKeys』ダウンロード方法

『ShowKeys』のダウンロード方法について簡単に解説していきます。


『Showkeys』のダウンロードページに入って、『3releases』をクリックします。

ShowKeysダウンロードページ


▼Assetsを開き、『ShowKeys-0.3.zip』をクリックしてダウンロードします。

ShowKeysのzipファイルをダウンロード


ダウンロードし、zipファイルを開くとShowKeysのアイコンが表示されるので、ダブルクリックします。

ShowKeysのzipファイル解凍


アクセシビリティアクセスという画面が表示されるので、”システム環境設定”を開くをクリックします。

アクセシビリティアクセスのシステム環境設定を開く


セキリティとプライバシー設定画面が開くので、左下のカギをクリックしてパスワードを入れ、ロックを解除して下さい。

セキュリティとプライバシーロック解除


ShowKeysにチェックを入れて制御を許可します。ここまででダウンロード処理は完了です。

アクセシビリティの設定




『ShowKeys』設定方法

『ShowKeys』の設定方法を簡単に解説していきます。

デスクトップ上のメニューバーからShowKeys ➡︎ Preferenceを開きます。

ShowKeys からPreferenceを開く


ShowKeys Preferences 設定パネルが表示されるので、順を追って設定方法を解説していきます。
一番上にある『Window Opacity』は、パネル右側に表示されている四角いボックスウィドウ(濃い灰色)の透明度を調整することができます。このウィンドウカラーは変更することができません。

ShowKeysウィンドウボックスの透明度を調整


『Window Opacity』を一番左(0)に設定するとウィンドウボックスは透明になり表示されなくなります。

ShowKeysウィンドウボックスの透明度を0へ調整


2番目の『Tect Color』をクリックし指定の色を選択することで、文字の色を変更することができます。今回はホワイト➡︎レッドにしてみました。

テキストカラーをレッドへ変更


3番目の『Text Fade Out』は、キー入力でテキストが表示されてから、テキストがうっすらと消えて表示されなくなるまでの時間を調整できます。
設定は一番左までカーソルをもっていくと表示される『Never』=ずっと表示され続ける設定と、0.25s(秒)〜 5.00s(秒)まで設定できます。

ShowKeys Text Fade Out設定


4番目の『Font Size』は、文字の大きさを調整することができます。

ShowKeys Font Sizeの設定


5番目の『Maximum Display Length』は、キー入力した文字を表示できる数になります。82と設定すれば横に82文字まで連続で表示することができます。

ShowKeys Maximum Display Length 82へ設定


『Maximum Display Length』の設定値を3にすると3文字までしか表示できないので、設定値は多めに設定しておいた方がいいかと思います。

ShowKeys Maximum Display Length 3へ設定


文字の表示位置の調整は、直接文字をクリックして掴んで動かすことで、位置を変更することができます。

ShowKeys文字の表示位置の変更

*パスワード入力の場合には表示されない設定になっていますが、たまに表示されることもあるので注意して下さい。


以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です