【After Effects】初心者必須のショートカットキー

Adobe After Effects キーボードショートカットキー

Adobe After Effects CC 15

初心者必須のショートカットキー

After Effectsには複数のショートカットキーが用意されています。これらを上手く使いこなすことができれば、大幅に作業効率が上がります。最初は焦ったく感じるかと思いますが、今回紹介する基本的なショートカットキーは必須ですので、ぜひ使いこなせるようになっておきましょう。

初心者必須の基本的なショートカットキー一覧

最低限知っておいた方がいいAfter Effectsのショートカットキーを紹介していきます。

ツール関連のショートカットキー

V選択ツール
Hハンドツール
Zズームツール
W回転
Cカメラツール、統合、軌道、XY 軸、 Z 軸カメラへ切り替え
Yアンカーポイント
Qマスク・シェイプツール、長方形、角丸、楕円、多角形、スターへ切り替え
Gペンツール
Ctrlor CmdTテキストツール、縦書きへ切り替え
Ctrlor CmdBブラシ、コピースタンプ、消しゴムツールへ切り替え
altor optionWロトブラシツール、エッジを調整ツールへ切り替え
Ctrlor CmdPパペット、スターチ、ベンド、詳細、重なりツールへ切り替え



プロパティー関連のショートカットキー

レイヤーのプロパティーを単体で表示するショートカット

P位置(position)
Sサイズ(scale)
R回転(rotation)
T不透明度(transparency)
Aアンカーポイント(anchor point)
Lオーディオ(audio)
E適応しているエフェクトだけを表示する
M作成しているマスクを表示する

*別のプロパティーを同じようにショートカットで追加しようとしても新しく入力した項目のみ追加されてしまいます。

P(position) 入力

ショートカットキーでプロパティ表示
参考画像①

追加で T(transparency)を入力しても、先に出しておいた位置プロパティは消えてしまいます。

ショートカット キーでプロパティ表示
参考画像②


レイヤーのプロパティーを追加で表示するショートカット

上記で解説したプロパティ表示のショートカットキーに、+shiftで項目を追加していくことができます。

P(position) 入力

ショートカットキーでプロパティ表示
参考画像③

T(不透明度)+ shift 入力

ショートカットキーでプロパティーを追加表示
参考画像④



キーフレーム関連のショートカットキー

altor option+プロパティショートカットキーでセットしている時間インジケーターにキーフレームを打つことができる

altor optionR

キーフレームショートカットキー
altor optionR回転にキーフレームが打てる
Uキーフレームが設定されているプロパティーが表示される
F9選択したプロパティのキーフレームにイージーイーズをかける
F9shift選択したプロパティのキーフレームにイージーイーズインをかける
F9shiftCtrlor Cmd選択したプロパティのキーフレームにイージーイーズインをかける
Ctrlor Cmd⬆︎(選択ツール)でキーフレームをクリック一度イージーイーズに設定したキーフレームをリニアまたは自動ペジェに設定する
altor option⬆︎(選択ツール)でキーフレームをドラッグ全てのキーフレームを選択した状態でドラッグするとキーフレームの間隔を調整できる



レイヤーフレーム関連のショートカットキー

Ctrlor Cmd⬅︎ or ➡︎1フレームずつ移動できる


Ctrlor CmdshiftD=選択したレイヤーを分割できる

レイヤーの分割ショートカットキー
参考画像⑤

altor option[で時間インジケーターの前部分をカットできます。

インポイントカットショートカットキー
参考画像⑥

altor option]で時間インジケーターの前部分をカットできます。

アウトポイントカットショートカットキー
参考画像⑦

タイムラインパネルないで I で時間インジケーターを選択しているレイヤーのinポイントに移動できる

インポイントへ移動できるショートカットキー
参考画像⑧

タイムラインパネル内で Oで時間インジケーターを選択しているレイヤーのoutポイントに移動できる

アウトポイントへ移動できるショートカットキー
参考画像⑨




ビュー関連のショートカットキー

Ctrlor CmdR定規の表示/非表示が切り替えられる


⬆︎(選択ツール)で 定規の位置からビューへドラックすることでガイドを挿入できる

ガイド挿入
参考画像⑩


知っておくと便利なショートカットキー

レイヤーを選択してEnterでリネームができます。他にも選択したコンポジション、フォルダー、エフェクト、グループまたはマスクの名前の変更することができます。

リネームするショートカットキー
参考画像11

普段コピペはCtrlor CmdCでコピーして、Ctrlor CmdCで貼り付けますが、After Effectsで素早くコピペする場合は、コピペしたいレイヤー、マスク、エフェクト、コンポジションなどを選択した状態でCtrlor CmdDで複製することができます。

Ctrlor Cmd⬆︎(選択ツール)でクリックすることで、時間表示とフレーム数表示を切り替えることができます。

時間表示とフレーム数表示の切り替え
参考画像12
時間表示とフレーム数表示の切り替え
参考画像13

*After Effects ショートカットキー一覧の記事はこちら⬇︎⬇︎

Adobe After Effects ショートカットキー一覧 【After Effects】ショートカットキー一覧



以上、随時情報を追加していきますので、ぜひまたみに来てください٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です