【After Effects】リキッドアニメーションの作成方法

リキッドアニメーションの作り方

Adobe After Effects CC 03

リキッドアニメーションの作成方法

色鮮やかなリキッドアニメーションは、見るものに心地よい感覚を与えてくれます。特にオブジェクト同士が吸着する美しい映像は目を奪われます。

リキッドグラデーションの画像





色鮮やかなリキッドアニメーションの作り方を解説した動画⬇︎⬇︎を紹介します。

リキッドグラデーションの作り方

タイムライン

(3:05)エフェクト→描画→4色グラデーション
(7:20)エフェクト→カラー補正→色かぶり補正
(7:50)エフェクト→ブラー&シャープ→ブラー(方向)
(9:00)エフェクト→ディストーション→回転
(9:40)🔶プリコンポーズ→エフェクトを移行する
(15:25)エフェクト→描画→4色グラデーション
(16:25)エフェクト→ディストーション→波形ワープ
(17:55)エフェクト→遠近→ドロップシャドウ
(21:15)プリコンポーズ
(21:40)🔶エフェクト→ブラー(ガウス)、レベル補正=吸着を表現できる
(23:15)エフェクト→遠近→ドロップシャドウ

🔶21:40のブラー(ガウス)とレベル補正を組み合わせ、オブジェクト同士が吸
 着するアニメーションを表現できるところがポイントです。





以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です