【Premiere Pro】テキストに映像を映し出す方法『トラックマットキー』

Adobe Premiere Proでテキスト上に映像を映し出す方法「トラックマットキー」

Adobe Premiere Pro CC 09

テキストに映像を映し出す方法『トラックマットキー』

Adobe Premiere Proでテキスト上のみに映像素材を映し出す方法について解説していきます。

今回はテキスト素材(左)と映像素材(右)を使用して

テキスト素材
テキスト素材

映像素材
映像素材

下の動画⬇︎⬇︎のようにテキスト上に映像を表示させます。



テキスト上に映像を映し出す方法解説

テキスト上に映像を映し出す方法を順を追って解説していきます。

Premiere Proを起動し、素材を読み込みます。読み込んだ素材をタイムラインへドラッグ&ドロップします。

読み込んだ素材をタイムラインへドラッグ&ドロップ


テキストツールでお好みのテキストを作成してください。

テキストツールでお好みのテキストを作成


テキストの編集は『エッセンシャルグラフィックスパネル』の『編集』から調整することができます。
エッセンシャルグラフィックスパネルを表示させるには、上部メニューのウィンドウ➡︎エッセンシャルグラフィックスを選択するか

エッセンシャルグラフィックスは上部メニューのウィンドウ➡︎エッシェンシャルグラフィックスを選択


上部パネルメニューから編集を選択し、右側に表示されたパネルのエッセンシャルグラフィックス➡︎編集を選択し、テキストの項目をお好みで調整してください。

エッセンシャルグラフィックスパネルでテキストを編集


テキストと映像のデュレーションを調整してください。素材の位置関係は必ず映像の上にテキストがくるように配置してください。

デュレーションを調整

*Adobe Premiere Proでクリップを速度調整する方法について書いた記事⬇︎⬇︎

Adobe Premiere Proで速度調整・逆再生する方法 【Premiere Pro】速度調整・逆再生する方法


上部パネルメニューからエフェクトを選択し、右側に表示されたエフェクトパネルからトラックマットキーを選択して映像素材にドラッグ&ドロップします。


トラックマットキーエフェクトを適用したら、映像素材を選択した状態で左上のパネルタブからエフェクトコントロールパネルを選択します。すると適用されたトラックマットキーの設定項目が表示されます。

適用されたトラックマットキーの設定項目を表示


トラックマットキー設定のマット設定を『なし』からテキスト素材を配置している『ビデオ2(V2)』へ変更します。


テキストの範囲で映像素材にトラックマットがかかり、映像素材がテキスト上にのみ反映されるようになりました。

テキストの範囲で映像素材にトラックマットがかかり、映像素材がテキスト上にのみ反映される


これで完成です。



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です