【Premiere Pro】ピクチャーインピクチャー映像を作る方法

ピクチャーインピクチャー映像の作り方

Adobe Premiere Pro 19

ピクチャーインピクチャー映像を作る方法

今回はAdobe Premiere Proで動画上にもう1つ別動画や画像を表示させるピクチャーインピクチャー映像を作る方法を解説していきます。

ピクチャーインピクチャー 四角
ピクチャーインピクチャー




ピクチャーインピクチャー映像を作る手順

Adobe Premiere Proでピクチャーインピクチャー映像を作る手順を解説していきます。

Adobe Premiere Proを立ち上げて、素材を2つ読み込みます。

Adobe Premiere Proを立ち上げて、素材を2つ読み込む


2つの素材のうち小さく表示させる方の素材を上位(V2)においてください。

2つの素材のうち小さく表示させる方の素材を上位(V2)に配置


小さく表示させる動画を選択した状態で、エフェクトコントロールパネルの『スケール』の値をお好みのサイズへ調整します。

エフェクトコントロールパネルの『スケール』の値をお好みのサイズへ調整する


サイズを調整後、『位置』の値を調整し表示させたい場所へ移動させます。

素材の位置を調整


またはプレビューモニター上で素材をダブルクリックすることで、素材に調整ボックスが表示されるので、ボックスを角をドラッグすることでスケール調整、角以外をドラックすることで位置を調整することができます。

素材をダブルクリックしてスケールや位置を調整



小さく表示させる素材を丸く表示する方法

ピクチャーインピクチャー映像の小さく表示させる画像を丸く表示させる方法を順を追って解説していきます。


通常ピクチャーインピクチャー映像を編集すると素材は四角で表示されますが、クロップエフェクトを使用し形を丸く表示させることができます。

ピクチャーインピクチャー クロップ


素材を2つ配置して小さく表示させる方の素材を上位(V2)においてください。

2つの素材のうち小さく表示させる方の素材を上位(V2)に配置


小さく表示させる方の素材を選択した状態で、上部パネルメニューからエフェクトを選択して、エフェクトパネルを表示させます。

上部パネルメニューからエフェクトを選択して、エフェクトパネルを表示させる


ビデオエフェクト➡︎トランスフォーム➡︎クロップを素材へドラッグ&ドロップし適用します。

エフェクト クロップ適用


エフェクトコントロールパネルでクロップの◯をクリックし、マスクを追加します。

エフェクト クロップのマスクを適用


プレビューモニターに円が表示されるので、表示させたい範囲をドラッグして調整し、マスクの範囲を指定してください。

マスク範囲の調整


範囲を指定したら、クロップの左、上、右、下、どれでもいいので100%にして、反転にチェックを入れてください。するとマスクとして指定した部分が反転して表示されます。

マスクを反転し、素材全てにクロップをかける


マスク範囲をそのまま画面右下へシフトすると、表示させている基素材は動かず、素材の右下の部分が表示されてしまいます。

マスク部分がずれる


素材の真ん中部分をそのまま右下へ表示させたい場合には、エフェクトコントロールパネルのモーション➡︎位置を調整することで、表示させた部分をそのまま移動することができます。
表示される中身の映像サイズを変更したい場合は、エフェクトコントロールパネルのモーション➡︎スケールを調整してください。

表示位置をそのまま移動できる


マスクをかけるとデフォルトで『マスクの境界のぼかし』が10.0となっているので、マスクの境界をはっきりと表示させたい場合は0へ調整します。

マスクの境界をはっきりと表示させたい場合は0へ調整
マスクの境界のぼかし 10.0
マスクの境界のぼかし 10.0
マスクの境界のぼかし 0.0
マスクの境界のぼかし 0.0


これで完成です。

ピクチャーインピクチャー クロップ




以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です