【Photoshop】古い地図のような背景を簡単に作る方法

Adobe Photoshopで古い地図のような背景を簡単に作る方法

Adobe Photoshop CC 33

古い地図のような背景を簡単に作る方法

Adobe Photoshopで古い地図のような背景を簡単に作る方法について解説をしていきます。

今回はこのような感じの背景画像を作成することができます⬇︎⬇︎

古い地図の背景



古い地図のような背景の作り方

古い地図のような背景を作る方法を順を追って解説していきます。


Photoshopを起動し、新規ドキュメントで作成したいサイズを選択します。カンバスのカラーは透明に設定しておいてください。

カンバスのカラーは透明に設定


描写色をクリックして、作成する地図の色にしたいカラーを選択しておきます。

作成する地図の色にしたいカラーを選択


正方形ツールを使って、地図の大きさを指定します。

正方形ツールを使って、地図の大きさを指定


alt or optiondeleteで描写色を指定した選択範囲に配色します。

alt or  option + deleteで描写色を指定した選択範囲に配色


そのまま Qを押して、透明の部分を赤く表示させます。

Qを押して、透明の部分を赤く表示


上部メニューのフィルター➡︎フィルターギャラリーを選択します。

フィルター→フィルターギャラリーを選択


ブラジオストローク➡︎はねを選択し、スプレー半径と滑らかさを調整します。今回はスプレー範囲を20、滑らかさを10に設定しました。

ブラジオストローク➡︎はねを選択し、スプレー半径と滑らかさを調整


フィルターのはねを適用すると下の写真⬇︎⬇︎ のように縁がギザギザになります。

フィルターのはねを適用


もう1度 Qを押して、透明部分の選択範囲(赤)を解除します。


次は上部メニューから選択範囲➡︎選択範囲を指定➡︎縮小を選択します。 


選択範囲を縮小パネルが開くので、縮小量を3pixelに設定しOKをクリックします。

選択範囲を縮小パネルが開くので、縮小量を3pixelに設定


選択範囲が3pixel縮小されます。

選択範囲が3pixel縮小される


Ctrl or commandshift Iで選択範囲を反転します。

選択範囲を反転


deleteで選択範囲(3pixel)を削除します。

deleteで選択範囲(3pixel)を削除


Ctrl or commandDで選択範囲を解除します。

選択範囲を解除


レイヤーの右スペースをダブルクリックする、もしくは右クリックして『レイヤー効果』を選択します。

レイヤーの右スペースをダブルクリック
右クリックメニューから『レイヤー効果』を選択


レイヤースタイルパネルが開くので、シャドウ内側を適用して、プレビューを見ながらカラーやその他数値を調整していきます。

レイヤースタイルパネルからシャドウ内側を適用し、プレビューを見ながらカラーやその他数値を調整


シャドウ(内側)を適用すると下の写真⬇︎⬇︎ようになります。

シャドウ(内側)を適用


古ぼけて破けたり、穴が開いている感じをペンツールなどで選択範囲をして削除しながらお好みで調整してください。

古ぼけて破けたり、穴が開いている感じをペンツールなどで選択範囲をして削除しながらお好みで調整
古ぼけて破けたり、穴が開いている感じをペンツールなどで選択範囲をして削除しながらお好みで調整


最後に上部メニューのフィルター➡︎フィルターギャラリーを選択して

フィルター→フィルターギャラリーを選択


アーティスティック➡︎粗いパステル画を選択し、プレビューを見ながら値を調整して適用します。

フィルターの粗いパステル画を適用


これで完成です。

粗いパステル画適用前
フィルター(粗いパステル画)適用前
粗いパステル画適用後
フィルター(粗いパステル画)適用後


一度画像を書き出して再度読み込み、新たにフィルターを重ねがけしたりなど調節するとよりリアルに表現することができるので色々試してみてください。

新たにフィルターを重ねがけしたりなど調節するとよりリアルに表現することができる


以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です