【Photoshop】オブジェクトにリアルな3D効果を簡単に加える方法

Photoshop アクションでリアルな3D効果を簡単に加える方法

Adobe Photoshop CC 23

オブジェクトにリアルな3D効果を簡単に加える方法

今回は無料配布されているアクション素材『Magic 3D』を使って、オブジェクトにリアルな3D効果を簡単に加える方法を解説していきます。

『アクション素材(Magic 3D)』を使うことで、簡単にこのような感じ⬇︎⬇︎の3D効果を簡単に加えることができます。

Photoshop アクション Magic 3D 適用前
Before
Photoshop アクション Magic 3D 適用後
After
フォトショップ アクション Magic 3Dで テキストを3D化
After


*アクション素材『Magic 3D』のダウンロード・インストール方法と使用方法を
 解説した動画作りました⬇︎⬇︎



アクション素材『Magic 3D』を使った画像編集方法

フォトショップ アクション Magic 3D

アクション素材『Magic 3D』のダウンロードから使用方法まで順を追って解説していきます。

注意
開始する前にアクション素材を使用したアクションはPhotoshopの英語版を使用しないとエラーを起こしてしまう可能性が高いので、アクション素材を使うときだけでも一度英語版に切り替えておきましょう。英語版への切り替えは簡単にできます。


*Photoshopを英語版へ切り替える方法はこちら⬇︎⬇︎

Photoshopを日本語以外に言語設定がない場合に英語表示へ切り替える方法 【Photoshop】日本語以外設定がない場合に英語表示へ切り替える方法



Magic 3D』ダウンロード方法

アクション素材『Magic 3D』の無料配布サイトへ入ります。


アクション素材『Magic 3D』の無料配布サイト


下の方へスクロールしていくと『Download the action and associated files』とダウンロードリンクがあるので、そこをクリックします。

『Download the action and associated files』ダウンロードリンクをクリック


『3d-action.zip』がダウンロードされるので、展開して『3d-action』フォルダを表示させておきます。

『3d-action.zip』がダウンロードされる



Magic 3D』インストール・使用方法

Photoshopを開き、3D化したい素材(.png)を読み込みます。


3D化がわかりやすいように背景としてレイヤー(白)を追加しておきます。
*この手順は特に実施する必要ありません。

背景に白のレイヤーを追加


上部メニューのWindow➡︎Actionを選択してアクション操作パネルを表示させます。

Window➡︎Actionを選択してアクション操作パネルを表示させる


アクション操作パネルの右上のメニューボタンをクリックします。

Action設定パネルの右上のメニューを開く


表示されたメニューから『Load Actions』を選択します。

表示されたメニューから『Load Actions』を選択


ダウンロードしておいた『3d-action』フォルダ内にある『Magic 3d.atn』を選択し、開くをクリックします。

ダウンロードしておいた『3d-action』フォルダ内にある『Magic 3d.atn』を選択し、開くをクリック


これでPhotoshop アクション内にアクション素材『Magic 3D』がインストールされました。
『Magic 3D』のアクションフォルダ内には『For shape』『For text』『For layers』があります。3D化したシェイプ、テキスト、レイヤーに合わせて選択し適用してください。

Photoshop アクション内にアクション素材『Magic 3D』がインストールされる


今回は『For shape』を適用します。選択して下の▶️ボタンをクリックします。

『For shape』を適用


自動で選択パネルが開くので、最初にダウンロードしておいた『3d-action』フォルダ内にある『Glow.png』を選択し、開くをクリックします。


サイズや角度を調整できるのでお好みで調整し enterを押します。

サイズや角度を調整


レイヤーが3D化され、『Top glow』というレイヤーが生成されます。
グローの位置やサイズを調整するボックスが上部に表示されるので、位置を調整します。

レイヤーが3D化され、『Top glow』というレイヤーが生成される


調整する際に右クリックで『Wrap』を選択すると

調整する際に右クリックで『Wrap』を選択


ペンツールと同じように範囲をコントロールできるようになります。範囲を調整したら enterを押します。『Top glow』は必要なければ、あとで非常時に切り替えることで消すことができます。

範囲を調整したら enter


『Top Glow』と同時に『Glow1』と『Glow2』という光のレイヤーが2つ作成されます。
これも『Top Glow』と同じで、使用しなければ非表示で消してください。

『Top Glow』と同時に『Glow1』と『Glow2』という光のレイヤーが2つ作成される


今回は『Glow』を1つ位置を調整して使用し、もう一つを非表示にしました。

『Glow』を1つ位置を調整して使用し、もう一つを非表示にした


アクションで適用されたレイヤー『3D Shape』フォルダ内に、『Top glow』『COLOR』『Levels』が入っているので、それぞれを選択し値を調整することが可能です。

『3D Shape』フォルダ内に、『Top glow』『COLOR』『Levels』が入っているので、それぞれを選択し値を調整することが可能
『3D Shape』フォルダ内に、『Top glow』『COLOR』『Levels』が入っているので、それぞれを選択し値を調整することが可能


お好みで調整し完成です。

Photoshop アクション Magic 3D 適用後


テキストの場合も手順は全く同じです。テキストレイヤーを作成し、アクション『For text』を選択し▶️ボタンを押します。

テキストの場合も手順は全く同じ


あとは『For shape』アクションの場合と全く同手順で簡単にテキストを3D化することができます。



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です