【After Effects】ネオンサインの作り方

ネオンサインの作り方

Adobe After Effects CC 23

ネオンサインの作り方

毎度ダストマンさんが出される動画は興味深いものばかりです。今回はネオンサインの作り方を解説した動画の紹介です。データファイルはダストマンさん解説と素材を元に、私が作ったものをあげてます。ダストマンさんほどクオリティーは高くないですが、よかったら使ってみてください。

タイムライン

(9:10)エフェクト➡︎カラー補正➡︎トーンカーブ
(11:00)エフェクト➡︎ディストーション➡︎トランスフォーム
(11:15)エクスプレッション➡︎wiggle(30,100)
(12:50)ショートカット EE➡︎エクスプレッション➡︎wiggle(20,50)
(13:45)エフェクト➡︎遠近➡︎ドロップシャドウ
(18:20)エフェクト➡︎ブラー&シャープ➡︎ブラー(合成)
(20:00)エフェクト➡︎ブラー&シャープ➡︎アンシャープマスク
(20:55)エフェクト➡︎ブラー&シャープ➡︎ブラー(合成)
(26:40)エフェクト➡︎描画➡︎塗り
(27:40)エフェクト➡︎ディストーション➡︎CC Blobbylize
(32:20)エフェクト➡︎カラー補正➡︎色かぶり補正
(34:55)エフェクト➡︎ノイズ&グレイン➡︎フラクタルノイズ
(36:00)エクスプレッション➡︎time*150
(37:55)エフェクト➡︎スタイライズ➡︎CC Vignette
(39:20)エフェクト➡︎アニメーションプリセット➡︎Presets➡︎Image-Utilities➡︎明
     度からのアルファ(Unmult)
(40:41)エフェクト➡︎カラー補正➡︎Lumetriカラー
(42:00)エフェクト➡︎ノイズ&グレイン➡︎ノイズ
(43:55)エフェクト➡︎描画➡︎稲妻(高度)
(45:15)エクスプレッション➡︎time*15
(48:40)エフェクト➡︎カラー補正➡︎露光量
(49:00)エクスプレッション➡︎wiggle(10,3)
(50:40)エフェクト➡︎シミュレーション➡︎CC Particle World
(54:05)エフェクト➡︎カラー補正➡︎色かぶり補正
(54:55)エフェクト➡︎チャンネル➡︎単色合成
(55:15)エフェクト➡︎スタイライズ➡︎グロー
(1:12:15)エフェクト➡︎カラー補正➡︎トーンカーブ



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です