【After Effects】エクスプレッション『loop』

Adobe After Effects エクスプレッション loop

Adobe After Effects 10

エクスプレッション『 loop』

loop(ループ)系のエクスプレッションをうまく適応することで、反復させる編集を簡単に自動制御できるようになります。


エクスプレッションの適応方法(初心者向け)についての記事はこちら⬇︎⬇︎

Adobe After Effects 初心者におすすめのエクスプレッション機能についての記事のアイキャッチ画像 【After Effects】初心者におすすめのエスクプレッション機能



loop(ループ)系エクスプレッションの適応方法

動きを表現するにはキーフレームを2つ打つ必要があります。

After Effects エクスプレッション loop
キーフレームを作成


エクスプレッションが使えないかった時代は、この2つのキーフレームで指定した動きを反復させるために、その2つのキーフレームを等間隔にコピペして繰り返していました。

2つのキーフレームを等間隔にコピペ
キーフレームをコピペ


しかし、エクスプレッショを使用すれば、同じ動きを繰り返させるためにコピペを繰り返し行っていく必要はありません。
2つのキーフレームで動きをつけたプロパティに、エクスプレッションのloop系を適応することで、自動で簡単に同じ動きを繰り返してくれます。
エクスプレッションの適応画面を開いたら、▶️→property→loop系(loopOut)を選択することで簡単に繰り返し動作を適応することができます。

エクスプレッションのloop系を適応することで、自動で簡単に同じ動きを繰り返す
エクスプレッションloopOutの適応



loop(ループ)系のエクスプレッションの種類

loop(ループ)系のエクスプレッションは数種類あります。その主な使用例を紹介していきます。

loopIn

繰り返したい動作の前にループさせるときに適応します。
numKeyframes=◯の数値を入れ替えることで、どのフレーム位置からループするのか指定することができます。
例えば0フレームからループする場合は

loopIn(type = "cycle", numKeyframes = 0)


50フレームからループしたい場合は

loopIn(type = “cycle”, numKeyframes = 50)


と数値を変えることで開始フレームを指定できます。


loopOut

繰り返したい動作の後にループさせるときに適応します。
numKeyframes=◯の数値を入れ替えることで、どのフレーム位置からループするのか指定することができます。
例えば10フレームからループする場合は

loopOut(type = "cycle", numKeyframes = 10)


100フレームからループしたい場合は

loopIn(type = “cycle”, numKeyframes = 100)


と数値を変えることで開始フレームを指定できます。


loopInDuration

繰り返したい動作の前に◯秒毎にループさせるときに適応します。
duration=◯の数値を入れ替えることで、秒数を指定することができます。

loopInDuration(type = "cycle", duration = 0)



loopOutDuration

繰り返したい動作の後に◯秒毎にループさせるときに適応します。
duration=◯の数値を入れ替えることで、秒数を指定することができます。

loopOutDuration(type = "cycle", duration = 0)







以上、随時情報を追加していきますので、また遊びにきてくださいね٩( ‘ω’ )و






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です