PCを閉じた状態でも動画の書き出しができる無料アプリ『InsomniaX』

PCを閉じた状態でも動画の書き出しができる無料アプリ『InsomniaX』

Useful Information 7

PCを閉じた状態でも動画の書き出しができる無料アプリ『InsomniaX』

今回はPCを閉じたままでも書き出しを継続することができる無料アプリ『InsomniaX』のダウンロード・インストール方法と使用方法、トラブル時の対処方法について解説していきたいと思います。

*『InsomniaX』はMac専用アプリとなります。Windowsはアプリケーションを使えわなくても、標準設定でスリープ 状態でも書き出しすることができます。


『InsomniaX』のダウンロード方法

『InsomniaX』のダウンロード方法について順を追って解説していきます。

『InsomniaX』配布サイト(filehorse)へ入ります。


緑のダウンロードボタンをクリックします。

InsomniaX ダウンロードサイト


緑のダウンロード開始ボタンをクリックします。

緑のダウンロード開始ボタンをクリック


『InsomniaX-2-1-8.tgz』ファイルがダウンロードされるので、展開して『InsomniaX』のアイコンを表示さます。これで『InsomniaX』のダウンロード完了です。



『InsomniaX』のインストール方法

『InsomniaX』のインストール方法について順を追って解説していきます。

『InsomniaX-2-1-8.tgz』ファイル展開して表示された『InsomniaX』のアイコンをダブルクリックします。

『InsomniaX』のアイコンを表示させダブルクリック


we have just installed a new insomia kext,we now need to finish the installation.(新しいinsomia kextをインストールしました。インストールを完了する必要があります。)と表示されるのでOKをクリックします。

OKを押してインストール完了させる


『Agree』を選択します。

Agreeを選択してInsomniaXインストール完了


デスクトップ上部に『InsomniaX』のアイコンが追加されます。これで『InsomniaX』のインストール完了です。

InsomniaX アイコン



『InsomniaX』の使用方法

『InsomniaX』の使用方法(主要な機能)について解説していきます。


デスクトップ上部に表示された『InsomniaX』アイコンをクリックするとメニューが表示されます。

『InsomniaX』アイコンをクリックしてメニューを表示させる



『Disable Lid Sleep』 or 『Disable Idle Sleep』

《チェック中はスリープしない》

Disable Lid Sleep ➡︎ ディスプレイを閉じた状態でのスリープを無効にする
Disable Idle Sleep ➡︎ 一定時間操作しなかった状態でのスリープを無効にする

Mac Bookを閉じたときのみにスリープ状態を無効にしてデータを書き出したいと場合には『Disable Lid Sleep』に設定します。

チェック中はスリープしない Disable Lid Sleep



『Disable Lid Sleep For…』 or 『Disable Idle Sleep for…』


《チェック中は設定した時間だけスリープしない》

Disable Lid Sleep For… ➡︎ ディスプレイを閉じた状態でのスリープを無効にする
Disable Idle Sleep for… ➡︎ 一定時間操作しなかった状態でのスリープを無効にす
            る

選択するとスリープ状態を無効にする時間を設定することができます。

Disable Lid Sleep For...
スリープ状態を無効にする時間を設定



Preferences ➡︎ 『Disable Lid Sleep when on AC』 or 『Disable Idle Sleep when on AC』

Preferences ➡︎ Disable Lid Sleep when on AC or Disable Idle Sleep when on ACを選択すると電源を繋いでいるときのみ有効になります。

Disable Lid Sleep when on AC
電源を繋いでいる時のみ、ディスプレイを閉じた状態でのスリープを無効にする

Disable Idle Sleep when on AC
電源を繋いでいる時のみ、一定時間操作しなかった状態でのスリープを無効にする

Disable Lid Sleep when on AC or Disable Idle Sleep when on ACは電源を繋いでいるときのみ有効



Preferences ➡︎ 『CPU Safety』

Preferences ➡︎ CPU Safetyを設定すると、CPUが異常な高温状態になってしまった際に、自動でスリープ状態にしてくれる機能になります。

MacBook Airの冷却装置は、キーボードの隙間から吸気した空気でプロセッサを冷却する仕組みになっています。ノートパソコンを閉じた状態で書き出し処理をするということは、キーボードの隙間からの吸気効率が落ちて高温状態になりやすいので、CPU Safetyを設定しておくことをおすすめします。

Preferences→CPU Safetyを設定



『InsomniaX』のトラブルについて

macOSをCatalinaやMojaveにアップグレードしたら『InsomniaX』が使えなくなってしまうことがあります。例えば『Disable Lid Sleep』を設定してもチェックが表示されずに設定が適用されないことがあります。
その場合には、とりあえず以下の2つの対処をしてみてください。

アクセシビティに『InsomniaX』を登録する

システム環境設定➡︎セキュリティーとプライバシー➡︎アクセシビティーの『InsomniaX』にチェックを入れ登録してください。

セキュリティーとプライバシー設定



『SIP』をOFFにする

『SIP』はアプリケーションがMacOSに最適化されているかチェックする機能になります。この『SIP』をOFFにすることで『InsomniaX』を問題なく使うことができるようになります。

パソコンをシャットダウンして、起動する際に『 commandR』を押したまま待ちます。
するとmacOSユーティリティが立ち上がります。

macOSユーティリティを起動


上部メニューのユーティリティからターミナルを選択します。

ターミナルを起動


ターミナルに『csrutil disable』と入力し enterを押します。もう一度再起動すると『SIP』がOFFになり、『InsomniaX』が問題なく使えるかと思います。
『SIP』を再度ONにする場合には、もう一度同じ手順でターミナルに『csrutil enable』と入力して再起動してください。

ターミナルにcsrutil disableと入力




以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です