【After Effects】電撃アニメーションテキストの作り方

電撃アニメーションテキストの作り方

Adobe After Effects CC 05

電撃アニメーションテキストの作り方

誰もが一度は憧れる電撃アニメーション。今回はこの電撃アニメーションテキストの作り方を解説した動画を紹介していきます。
私が実際に動画を見ながら作成したAfter Effectsデータも無料ダウンロードできますので、ぜひダウンロードして遊んで見てください。


テキストに電撃アニメーションをつける

電撃アニメーションはかっこいいですよね。この効果をつけるだけで迫力が違います。
After Effectで使用できる電撃テキストの無料素材ダウンロードはこちら⬇︎⬇︎
*配布データに音声ファイルは含まれていません。


追加プラグインを一切使わずに、テキストにビリビリと電撃アニメーションをつける方法が詳しく解説されています。⬇︎⬇︎

名探偵ピカチュウ風!電撃テキストの作り方

タイムライン

(6:25)プリコンポーズ
(6:55)ソーステキストをWindows=Control+alt+C、Mac=command+option
    +Cでコピー→エクスプレッション追加コピー
(7:55)レイヤースタイル→境界線
(8:35)エフェクト→描画→グラデーション
(10:15)エフェクト→スタイライズ→グロー×3
(11:40)エフェクト→カラー補正→トライトーン
(12:50)プリコンポーズ
(13:40)エフェクト→カラー補正→lumetriカラー
(16:45)エフェクト→描画→稲妻(高度)
(18:40)エフェクト→チャンネル→単色合成
(19:55)エフェクト→ディストーション→タービュレントディスプレイス
(22:15)エフェクト→カラー補正→トライトーン
(25:20)エフェクト→ディストーション→タービュレントディスプレイス
(27:15)エフェクト→描画→稲妻(高度)
(29:25)エフェクト→ディストーション→タービュレントディスプレイス
(35:55)エフェクト→ノイズ&グレイン→フラクタルノイズ
(38:40)エフェクト→シミュレーション→CC Pixel Polly
(39:15)エフェクト→スタイライズ→しきい値
(41:55)エフェクト→時間→CC Force Motion Blur
(45:35)エフェクト→ディストーション→タービュレントディスプレイス
(51:15)エクスプレッション→time*1500
(56:40)エフェクト→スタイライズ→モーションタイル
(57:10)エフェクト→ディストーション→トランスフォーム

*より雷のリアルさを表現するには、タービュレントディスプレイスエフェクト
 ははずせないです。
デフォルトで入っているグローエフェクトは、2つ3つ重ね掛けしないといい効
 果は出ませんので、毎回重ねがけしないといけません。今後長く編集作業をし
 ていく方や懐に余裕がある方は、有料のグローエフェクトはそこまで値段も高
 くないので、質の高いものを購入しておいた方がいいかと思います。





以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です