【After Effects】静止画を書き出す方法

Adobe After Effects で静止画を書き出す方法

Adobe After Effects CC 45

プレビュー画面の静止画を書き出す方法

Adobe After Effects のプレビュー画面をそのまま静止画として書き出す方法を解説していきます。
サムネイルや絵コンテ作成の際に重宝しますので、知らない方はぜひ参考にしてください。

*簡単にエフェクト検索や静止画書き出しが可能な無料プラグイン『FX
 console』の記事はこちら⬇︎⬇︎

FX consoleの使い方 機能 使用方法 【After Effects】FX consoleの使い方


静止画を書き出す方法

静止画を書き出す方法を順を追って解説していきます。

まずプレビュー画面を見ながら書き出したいフレームに動画を合わせます。

プレビュー画面を見ながら書き出したいフレームに動画を合わせる


WindowsならCtrlaltS、Macなら commandoptionSで現在のプレビューの静止画がレンダーキューに追加されます。

プレビューの静止画をレンダーキューに追加


ショートカットキーを使用せずに上部メニューのコンポジション➡︎フレーム保存➡︎ファイルを選択すると同様にプレビューの静止画がレンダーキューに追加されます。

コンポジション➡︎フレーム保存➡︎ファイルを選択する


出力モジュールが『Photoshop』と表示されているので『Photoshop』をクリックします。

出力モジュールの『Photoshop』をクリック


出力モジュール設定パネルが表示されます。一番上の『形式』がデフォルトでPhotoshop形式に設定されているので、希望の形式を選択します。
そのまま書き出したいのであればJPEGシーケンスを選択します。

そのまま書き出したいのであればJPEGシーケンスを選択


何もない背景部分を透明(アルファ)に書き出したいのであればPNGシーケンスを選択し

何もない背景部分を透明に書き出したいのであればPNGシーケンスを選択


チャンネルがRGB+アルファであることを確認しOKをクリックします。

チャンネルがRGB+アルファであることを確認しOKをクリック


出力モジュールが変更されたことを確認し、右側のレンダリングをクリックして書き出しを開始します。

レンダリングをクリックして書き出しを開始


これで静止画の書き出しは完了です。

静止画の書き出し完了



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です