【After Effects】作成したアニメーションをGIF形式で書き出す方法

Adobe After Effects で作成したアニメーションをGIF形式で書き出す方法

Adobe After Effects 53

作成したアニメーションをGIF形式で書き出す方法

今回は『Adobe After Effects 』で作成したテキストアニメーションをGIF形式で書き出す方法を解説していきます。

Adobe After Effects では有料プラグインを導入しないと直接GIF形式で書き出すことはできないので、After Effects➡︎Premiere Pro or After Effects➡︎Photoshopで書き出す方法があります。

テキストアニメーション GIF形式




After Effects➡︎Premiere ProでGIF形式を書き出す方法

After Effects➡︎Premiere ProでGIF形式を書き出す方法について順を追って解説をしていきます。

まずAfter Effectsを起動し、アニメーションを作成します。
今回はテキストアニメーションを作りました。

After Effectsでテキストアニメーションを作成


作成後プロジェクトファイル(.aep)を保存します。

After Effectsプロジェクトファイル .aep


Premiere Proを起動し、新規プロジェクトを立ち上げます。

Adobe Premiere Proで新規プロジェクト作成


上部メニューのファイルからAdobe Dynamic Link➡︎ After Effects コンポジションを読み込みを選択します。

After Effects コンポジションを読み込みを選択


保存しておいたAfter Effectsプロジェクトファイル(.aep)を選択して、テキストアニメーションのコンポジションを選択し、OKをクリックします。

After Effectsプロジェクトファイル(.aep)を選択


選択したコンポジションが読み込まれるので、シーケンスパネル(タイムライン)にドラッグ&ドロップで追加します。

素材をシーケンスパネル(タイムライン)にへドラッグ&ドロップで追加


上部メニューからファイル➡︎書き出し➡︎メディア…を選択します。

書き出しからメディアを選択


書き出し設定パネルが表示されるので、形式➡︎アニメーションGIFを選択します。

形式のアニメーションGIFを選択


形式が『アニメーションGIF』になっていることを確認して、書き出しをクリックします。

アニメーションGIFを書き出し


作成したテキストアニメーションがGIF形式で書き出されました。

.gif


これで完了です。

テキストアニメーション GIF形式



After Effectsから直接GIFを描き出せるプラグイン

After Effectsから直接GIFを描き出せるプラグインを紹介しておきます。

GIFGUN

GIFGUN

AEからGIFをワンクリックで書き出すことができるプラグインです。






以上、最後まで読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)ノ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です