【iPhone】便利で簡単な広告ブロックアプリ

広告ブロックアプリAdFilter

Apple(iMac.Mac Book.iPad.iPhone)Useful information 01

超便利で簡単な広告ブロックアプリ

iPhoneでWebサイトを見ていると広告が当たり前のように表示されますが、最近では動画広告も多くなってきて、サイトを見ているうちに勝手に無駄なデータ通信量を消費してしまいます。
今回は、その広告を簡単にブロックする超便利アプリ『AdFilter』を紹介と導入・設定手順について解説をしていきます。

超便利アプリAdFilter

『AdFilter』はこのアプリを導入して初期設定をするだけで、Safari上で主要な広告が表示されなくなります。広告が表示されなくなることでデータ通信量は減って、Webページの表示も高速になるので一石二鳥の超便利アプリになります。
また、広告を表示させたいページは広告ブロックの適用を除外することもできます。

『AdFilter』を使用するメリット
  • Webページの表示速度が速くなる
  • 無駄な情報がなく快適に読める
  • パケットデータを節約できる
  • SNSボタンの無効化も可能
  • アクセス解析も向こうにできる


アプリ導入方法と初期設定

『AdFilter』の導入方法と初期設定の方法について簡単に解説しています。

『AdFilter』をアプリストアからダウンロードします。

アプリストアでAdFilterをダウンロード


アプリを開き、設定を確認します。デフォルトでメジャーなアフェリエイトサイトの広告は全てブロック設定されています。

AdFilterの広告ブロック設定


このままでは『AdFilter』は有効になっていないので、『AdFilter』をONに設定する必要があります。ONにする方法は右下にある使い方をクリックすればその方法が表示されます。有効化する方法は簡単です。

AdFilterの使い方メニュー


iPhoneの設定メニューを開き、Safariを選択します。

設定メニューからSafariを選択


Safariの中からコンテンツブロッカーを選択します。

Safariメニューからコンテンツブロッカーを選択


AdFilterのスイッチをONにします。これで設定完了です。

AdFilterをONに設定



以上、最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です